冒険者の日記・13年2月

戻る


2月14日
*パッケージの再現です*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
指輪回収の続きです。

三つ目の指輪は鏡の沼地にありました。
現れた闇の巫女は、三女のレカレスです。
忍者・闘士系のキャラのようで、連撃〜クリーンヒットまでしっかり決めてきました。
確率はわずかですが首斬りも持っているので、一番怖い相手かもしれません。
ちなみに素手なのは、もうアイテム強奪し終わっているからです。
鮮血のダガーと幻惑の短剣、そして忍者装束でした。
このバトルに関しては、一緒に出現したサマーのほうが厄介で・・・
サマーだけを倒そうとしても隠れられて、流れ弾がレカレスにヒット。
倒すつもりもないのに間違って倒しちゃったからリセット、とかね。

これが最後、四つ目の指輪回収のシーンです。
そうそう、昨日の記述で一点訂正がありました。
いつかのエルフの王様足蹴事件(笑)の際、指輪をひとつ回収していたんですよ。
なので、コンパスで探す指輪は全部で四つ。
4×7で、フェイムは28個で事足りる計算になります。
で、この時に現れたのが、闇の巫女姉妹の母親のヘリオライザです。
これまでの高ビなセリフやグラフィックから、てっきり魔術師だとばかり思っていたんですけどね。
なのにバトル中、特に何もしてこなかったんですよ。
おかしいなと思ってモンスター図鑑で確認したら、使えるスキルがメイドリカバーのみ。
なんとこの人、メイドさんだったようです。
んー、全国のメイドスキーな皆さんに謝って欲しいところです(笑)。
お約束ではありますが、このバトルもゴーストスマッシュが殴り殺して終わりでした。
闇の巫女よりも一般のモンスターのほうが強いんですよねえ・・・

そんなこんなありまして、無事に指輪の回収が終わりました。
逆に言うと、闇の巫女たちは指輪すべてを奪われた形になりますね。
なので全員揃って反省会、まさにパッケージの再現でしょうか。
ロリっ娘がいたりして、ずいぶん雰囲気が違いますけどね。

2月13日
*コレが噂のお姉ちゃん*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
一通りのイベントを回収したかと思いますので、いよいよ指輪集めに取り組みたいと思います。
ぶっちゃけ、これまで回収してきたイベントの数々は、別にどうでもいいオマケみたいなもので(笑)。
ゲームクリアのために必須なものは、数えるほどしかないんじゃないかな。
言ってみれば、壮大な寄り道ってやつです。

エルミシリーズをプレイした人にはお馴染みですかね。
指輪を探すには、コンパスにフェイムを捧げなければなりません。
これまでに集めたフェイムは99個になってました。
ひょっとしたら、途中で打ち止めになっていたかもしれません。
フェイムを捧げる場所が6箇所あるのですが、そのうちのひとつは最初から埋まっていたので5箇所。
各7個ずつフェイムを消費するので、35個あれば十分なんですね。
残りのフェイムを2周目以降に持ち越せれば、話は早いんですけどねえ・・・
で、PS2版ではコンパスの光が黄緑一色だったんですよ。
ですがこのPSP版は、コンパスの光が赤、青、黄緑の三色になってました。
ダンジョンが違えば赤、ダンジョンは合っているけどマップが違うと青ですね。
既にほとんどのマップは埋まっていますから。
コンパスの光を辿ってX軸とY軸を特定すれば、指輪の回収は簡単に終わります。
お約束ではありますが、敵対勢力となる闇の巫女たちが妨害しに来るんですけどね。

指輪を発見した場所は、コートラスト要塞の2階です。
それはさて置き。
このデビリッシュなお姉さん、名前をセフィリーヌと言います。
エルミ3経験者なら、「あー、あの!」と思うかもしれません。
そうですね、鬼のような強さを見せつけてくれた暗滅魔将セフィリージュの昔の姿だったりします。
闇の巫女姉妹の長女なので、私は「お姉ちゃん」と紹介していました。
当たり前ではありますが、このシナリオでのお姉ちゃんはそれ程強くありません。
まずはキャスが一通りアイテムを盗んでしまいます。
本人は槍の使い手を名乗っていましたが、盗んだものは悪のサーベルと悪魔の爪+1。
得意の槍で戦えば良いのに・・・
盗みが終わったら捕獲にも挑戦してみました。
ゴーストスマッシュの連撃で97→77にまで抵抗値をダウン。
が、惜しくもユードナ様が2本揃えられずに捕獲失敗。
次のターン、ゴーストスマッシュがクリーンヒットまでしっかり決めて、あっさり倒しちゃいましたとさ(笑)。
指輪を回収したら王様に報告するのも忘れずに。
闇の巫女たちの反省会の様子が楽しめます。

お次はコチラ、パルテネスの入り口からわずか4歩の地点。
指輪発見と同時に現れたのはロリっ娘・・・
じゃなくて、闇の巫女姉妹の末っ子のモカレでした。
このバトルもアイテム強奪から入ります。
盗んだのは骸の鎌という、グラの通りの大きな鎌ですね。
そして捕獲にも挑戦してみましたが、こちらもゴーストスマッシュが殴り殺して失敗(笑)。
一応反射結界は使えるようですが、たとえ捕獲できたとしても弱すぎて戦力にはならないでしょう。

2月12日
*よっ、名コンビ!*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
ようやくクジラの肉を発見したので、早速鳥に食われたいと思います。
実はエアリーバイダーの肉は鎧扱いで、ちゃんとACも下がります。
装備するのは、適当にマルちゃんで良いでしょう(笑)。

イベント用CGですが、思わずアップしたくなる迫力です。
クジラの肉を装備した状態でワールドマップへ出ると、いきなり巨大な鳥に襲われて食われます。
当然、出口を求めて鳥の体内を彷徨うことになります。
巨大な鳥こと怪鳥ワーグルは、マップ全体が鳥の形をしているユニークなダンジョン(?)です。
そして、口から入ったんだから出るところは決まっていたりするのです。
ここでは具体的に何処とは言いませんが。
さて。
無事に鳥の体内から脱出すると、そこは飛空艇のデッキでした。
以後は、いつでも自由に飛空艇に乗り込むことができるようになります。
飛空艇で発見した研究者の日記を届けると、依頼人も同行することに。

同行した王の使いの人は研究者らしく、錬金呪文を使います。
それは良いのですが、意味も無くトンズラかますのは勘弁して欲しいものです。
このイベントに関しては取り組むタイミングを間違ったようで、出てくる敵が森や沼地クラス。
経験値もアイテムもたいした実入りも無く、一通りマップを埋めてイベントを回収してしまいました。
まあ、ちょっと泣かせるイベントではありましたけどね。

もうひとつ、ハダーリマスの異変が残っています。
シリーズでお馴染みの二人でチャレンジ企画です。
問題が挑戦するメンバーですが、今回は召喚モンスターも人数にカウントされてダメでした。
よって召喚師のユードナ様がダメなのでアイリンが確定。
前衛はHPや攻撃力からマルちゃんになるでしょう。
と言うわけで、マルちゃん&アイリンの石の中コンビ(笑)で出撃です。

これが封印されていた魔物、ドラゴンケンタウロス2世です。
もちろんハンパ無く強い・・・はずだと思いますが、ラッキーなことにこちらの先制攻撃。
ドラゴンキラーを装備したマルちゃんの一発からアイリンのジアカラドで瞬殺でした。
モンスター図鑑を確認したところ、4回行動な上に瘴怪波や連撃。
更にはターン回復684とありますが、ホントかいな?
とにかく厄介なヤツには間違いありませんね。
ですがマルちゃん&アイリンのコンビプレーは、それを上回ったと言えるでしょう。
何だかんだ言っても、この二人は名コンビなんでしょうな。
これにて、今の段階でのイベントは一通り回収できたかと思います。
そろそろ本題の指輪探しに取り組むことにしましょうか。

2月11日
*イベント回収ラッシュ*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
ニカレス火山まで来て、ダンジョン攻略的には大きなヤマを越えたようです。
また連休ということもあり、一気にイベント回収が進みました。
その様子を駆け足でお伝えしたいと思います。

まずはニカレス火山の最奥から、聖なる火種の持ち帰りイベントです。
これはウィズ外伝3にもあった「あの」トリックを使うことになりますね。
そしてフェニックスの羽毛ですが、全部で5枚強奪しています。
メンバーに3枚、イベントに2枚ですね。
それとイノセントシリーズの収集もクリアしています。
相談リストの依頼も何件かクリアになって、ヘーメの書記長(フェアリー)が話を聞いてくれるようになりました。
そして。

何故か武術大会に参加することに(笑)。
相手はイタチ先生でお馴染みのナンビーノ君です。
エルミ1にはいないと思っていましたが、こうして待ってくれていたんですね。
これは簡単に優勝して公爵の装束を貰い、全三種を集めることができました。

これは相談リストのイベントのひとつ、堕落のマントに関するものです。
サキュバス+堕落のマントで黒夢の外套になりました。
このアイテムはイベントクリアになっても無くなりませんでした。
2周目以降は簡単に回収できそうです。
まあ、サキュバスはいなくなっちゃったけどね。
その他のアイテム発掘については、関連するモンスターの捕獲ができていないので後回しです。
ちなみに氷炎の鎖帷子は、氷のほうが未発掘。
天老剣は先日述べた通り保留にしておきます。
あと、最大の懸案事項だった肉ですが・・・

以前女子会を開催したお店に普通に売られてました〜(汗)。
何で気付かない自分。
という訳で、次はこの肉を装備して鳥に食われることになります。
そのお話は、また後日としましょう。

2月10日
*友達の友達はみな友達だ*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
探索の舞台をニカレス火山に移します。
ラスボスがいたりなどの特殊なものを除けば、これがラストのダンジョンです。
火山のふもとには、持ってけジジイなる御仁が居を構えています。
このジジイ、訪れる客にお土産を大量に渡すのですが、数がハンパないのでなかなか持ち切れるものじゃありません。
そこで。

お友達のデフォルトキャラの皆さんに荷物持ちとして同行願いました。
アイリンを含め、全員手ぶらでジイサンに会いに行きます。
あとはボタン連打でジイサンからお土産を受け取りまくります。
先頭から5人目まで、ぎっしりとがらくたを掴まされました(笑)。
それで満足したジイサンは、最後に公爵の指輪を渡してくれました。
この指輪、いつかの廃墟にいた人物が求めていたものかと思います。
あとで届けておこう。
ちなみに受け取ったがらくたの山は、ニャンニャンどぐぁに綺麗さっぱり引き取ってもらいました(笑)。

麓の探索が終わったら、いよいよ火山です。
火山というくらいなので、当然のように炎にまつわる敵が出没してきます。

熱い熱い熱いって!
フェニックスの強烈なブレスが炸裂しています(汗)。
敵が炎を使ってくる以上、こちらもそれなりに対策はしていました。
マサヨンとマルちゃんはグリフィンマント、他のメンバーは氷の魔印など。
それぞれ50〜60%くらいは炎抵抗できるようにしておきました。
にもかかわらず、この大ダメージです。
事前の準備をしていなかったら、命がいくつあっても足りないところでした。
しかし、リスクが高ければ見返りも大きいもので。
このフェニックスが持つ羽毛は、炎抵抗200%の優れもの。
一枚ずつ強奪しては装備することで、ユードナ様とアイリンは炎を吸収するまでになりました。
また、宝箱からイノセントソードも発掘しています。
このソード自体が火水雷の三属性に50%抵抗。
それを錬金で強化して、今は取りあえず炎に完全抵抗できるようにしてあります。
ロングソードなのに盗賊が装備できるのも嬉しいところ、キャスに装備させてます。
グリフィンマントの錬金も見直して、マサヨンとマルちゃんもほぼ大丈夫。
あとはウグイの分を確保すれば、当面炎に対する脅威はなくなるんですけどね。
また、フェニックスの羽毛はイベントにも関係しています。
あと数枚は強奪しまくりたいところです。

オーガとゴブリンを友達にする件ですが、火山に解決法がありました。
画像の真ん中にいるブドウ畑の手入れ人が、高いところのブドウが採れないと困っていました。
そこで火山に住むサイクロプスから、ハイ枝切りバッシャーなるアイテムを購入してきました。
まあ、高枝切りバサミですね。
これでようやくお友達と認定され、ゴブリンのジイサンとオーガの若大将が同行できるようになりました。
この二人を件の聖杯のところへ連れて行き、血を注いでもらえばイベントひとつクリアです。
なお、この聖杯に注いだ血を飲むと、大変なことが起こるようです。
どのくらい大変かと言うと、うっかり飲んで慌ててリセットしたくらいでした。

マナマナ5の9・10話もアップしています。
今回はマナちゃんとは別に、シン視点のエピソードがあります。
シンはシンなりに、色々と思うところがあるようです。

2月8日
*ボウズパラダイス*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
突然ですが、5日の日記の2枚目の画像を見てもらいたいんですよ。
イベントリストの中、ロンデルギウスの試練3の下に「怪鳥ワーグル」というものがありますよね。
そろそろコレが気になってきました。
実はこの怪鳥ワーグル、特殊なダンジョン(?)で、普通の方法では行けません。
空飛ぶクジラことエアリーバイダーの肉をエサにすれば、食いついてくるはずです。
なので、まずはクジラの肉を手に入れようと考えました。
クジラとは何度か遭遇しているのですが、その場所が思い出せません。
でもまあ、クジラは空を飛んでいるので、取りあえず光の庭の最上階へ行ってみました。
そこで適当に戦って、適当に宝箱を開けていたんですよ。
すると。

天老剣出たー!
この天老剣、とあるイベントに関係しているのですが、入手困難として知られています。
出現場所が光の庭の最上階のみで、もちろんレア扱い。
私が以前PS2版をプレイした時には、入手していなかったと思います。
これでいつでも天老剣のイベントを回収できますが・・・
もちろんすぐにイベント回収したりはしませんよね?(笑)
ひょっとしたら3周目あたりで、
「あと天老剣があればイベント全部埋まるのにー」
なんてことがあるかもしれませんから。
イベントクリアの権利だけ確保しておきましょう。
で、肝心のクジラですが、森の中心部で遭遇できました。
もちろん肉を盗もうとしたのですが、何故か盗めませんね?
モンスター図鑑を確認すると、クジラが持っているのは武器の「まるのみ」だけ。
エアリーバイダーの肉は持っていないので、直接は盗めないようです。
んー・・・
肉を入手するには、何か他の手段があるのかなと思います。
なので、この件も保留ですね。

前置きが長くなりましたが、ここからが本題かな。
クジラからはまるのみを盗んだわけですが、これを売却する先がないのが現在の悩みの種です。
昨日お話ししたコッペロの店に期待していたのですが、結局ハズレでしたしね。
そこで思い付いたのが、ニャンニャンどぐぁです。
知恵のアンクを欲しがっていたネコ娘のお店ですね。
このイベントをクリアすればどうにかなるかも・・・
今までに渡した知恵のアンクは5個くらいだと思います。
クリアラインが分からないのですが、5個で足りないならせいぜい10個くらいじゃないでしょうか。
ただ、宝箱から出るのを待っていては、なかなかクリアはできませんよね。
そこでモンスター図鑑を見直してみると、プリーストやプリーステスなどが各種アンクを大量に持ち歩いていることが分かりました。
これですね。
聖職者を狩るために、初期ダンジョンをうろついてみました。
すると、夢のような光景が。

一度のバトルでターゲットのボウズが三人もいる光景(笑)。
ポイントは鏡の沼地の表側、これはもうボウズパラダイスですね。
早速、キャスがアンクを強奪しまくります。
ただ、ボウズが三人いるからと言って、知恵のアンクが3個入手できるとは限りません。
まさかこんな光景に遭遇するとは思っていませんでしたから。
盗賊のアイテムの空きは、アンク一通りの6個分しか用意していませんでした。
それでもボウズ二人から、一気に知恵のアンク2個を強奪することに成功しました。
それをネコ娘に届けてもまだ足りなかったので再出発。
すると、またもボウズパラダイスに遭遇、首尾よく知恵のアンク2個を強奪。
それを届けたら、ようやくネコ娘が満足してイベントクリアになりました。
そして。

モンスターから盗んだ0ゴールドアイテムの売却先がオープンになりました。
ここまで長かったですね。
売却先もできたことですし、ガンガン盗んでポンポン売りましょう。
お金は稼げないけどね。

2月7日
*ドキっ! 女だらけの召喚モンスター*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
オーガをお友達にする件は置いといて、マップ埋めを進めます。
北西部が終わったら北東部へ足を伸ばしますよ。

バトルに緊張感がないとか言って、申し訳ありませんでした〜(汗)。
ケルベロスと森の仲間たちに襲われて、壊滅一歩手前です。
瘴怪波からのブレスは激痛でした。
ただ、ケルベロスを捕獲しても瘴怪波は使ってくれないからなあ・・・
その点はイマイチかと思います。
ところで。
召喚モンスターと言えば、スフィンクスも悪くないんですけどね。
間接補助呪文を使うことが多いのがちょっと困りものです。
長期戦になると威力を発揮するかと思うのですが、雑魚相手ならやっぱりガンガン行きたいところです。
そこで、何か適当なモンスターがいないかと物色してみました。

ホイっ、まずはサキュバスさんを捕獲ですよ。
サキュバス自体は戦力的にどうかと思いますが、堕落のマントに関するイベントに絡んでいたと思います。
捕獲しておいて損はないですね。
注目して欲しいのは抵抗率で、44%にダウンしています。
そうです、ゴーストスマッシュとの連携がようやく決まりました〜。
もっとも、素の状態が55%なんですよ。
成功値が56と87なので、連撃ナシでも捕獲してましたね(笑)。

お次はコチラ、トゥマシオことマオさんです。
ゴシックではお世話になりましたが、今回もキッチリ捕獲できました。
これも連撃ナシで捕獲しています。
ユードナ様、ゴーストスマッシュになど頼らないという強固な意志をお持ちのようです(笑)。
今、モンスター図鑑でトゥマシオのデータを確認しようとしたのですが、未掲載でした。
初見一発で捕獲したのか。
まあ、雷ブレスと打撃がメチャクチャ強いんですけどね。
で、だ。
今現在のユードナ様の召喚モンスターをまとめてみます。
1レベル・ゴーストスマッシュ。
2レベル・サキュバス。
3レベル・トゥマシオ。
4レベル・スキュラ。
5レベル・スフィンクス。
なんと、全て女性型モンスターになってしまいました。
や、特に意識したわけではないんですけどね。
使えそうなモンスターを捕獲していったらこうなってました。

あとは簡単に、イベント回収の話でも。
コッペロという商人から、素材発掘の手伝いを頼まれました。
が、場所がオーガの縄張りだったようで・・・
こっちはオーガとお友達にならなきゃなのにさ。
よりによって、そのオーガとの争いに巻き込まれるのは勘弁して欲しいものです。
その後、コッペロのお店がオープンになりました。
これでモンスターから盗んだアイテムが売れると思ったのですが、ダメでした。
もちろん、売っている商品なんて、もう必要のないものばかり。
使えねー。

2月5日
*ヒントお願いします*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
早速ですが、この画像から。

探索の舞台をハダーリマス渓谷に移します。
まあ、これ自体は何の変哲もない画像ですけどね。
切り立った渓谷が美しい、私のお気に入りダンジョンのひとつだったりします。
ここは、マナマナ2の舞台としてモチーフにしたダンジョンなのですが・・・
作中では「ハーダリマス」と表記しちゃってました(汗)。
実は先日アップしたマナマナ5の7話でも「ハーダリマス」と書いてます。
ここで画像の右上に注目、正しくは「ハダーリマス」ですね。
うん、カタカナ言葉を正確に認識できない私の悪いクセが出てましたね。
まあなんだ、今さら小説のほうを直しても意味ないかと思います。
なのでマナマナでは「ハーダリマス」、このプレイ日記では「ハダーリマス」と表記することにしましょう。
ハッキリ言って開き直りですね。

さて本題。
ここは田の字型の4枚マップ構造。
まずはチャチャっと南側の2枚を埋めてしまいます。
6人固定メンバーということもあって、最近はレベル的にも持て余し気味でしょうか。
バトルでの緊張感のようなものは、ほとんどないですね。
3パーティの3倍手間が懐かしかったりもするところです。
それと、スフィンクスの無駄行動が微妙に邪魔くさい(笑)。
敵が呪文を使わないのに反射結界とか、1列なのに射程延長のユニハコットとか。
何も考えずに殴ってくれれば、バトルが早く終わるのになあ、なんて。
贅沢な悩みですけどね。
で、南側が終わったら次は北西へ。
そこで、如何にもといった感じの聖杯がありました。
これが、ロンデルギウスの試練に関係したものに間違いありません。
取りあえず、メッセージに従ってメンバーの血を聖杯に注いでみました。
が・・・
何も起こりませんね?
んー、何を要求されているのかが分からないのが一番困るんだ。
仕方ない、アレを試してみましょう。

とある街にいる人物からヒントを貰うことにしました。
有料ではありますが、微々たるものです。
で、そのヒントによると、各種族の血を聖杯に注げば良いらしいです。
チームフレンズメンバーの他にデフォルトキャラ、それで足りなければキャラメイクして。
取りあえず各種族の血を注いでいきましたが、まだオーガとゴブリンがいませんね。
んん?
コートラストのイベントは一通り終わったと思うのですが、まだオーガとゴブリンを冒険者に出来ないままでした。
なのでコートラストへ戻り、関係者と思われる人に声を掛けてみたのですが進展はナシ・・・

ひょっとしたら召喚モンスターかと思い、捕獲してみました。
が、コレもダメでしたね。
んんん〜?
ここに来て、オーガとゴブリンを冒険者にする手順が分からないと来たもんだ(爆)。
えーと、wiki見ちゃおうかな。
もうヒントじゃなくてカンニングですね。
・・・
ハイ、分かりました。
どうやら、まだ発生していないイベントがあったようです。
ですが、今の段階ではクリアできないみたいです。
なのでこの件はちょっと後回しにして、取りあえずマップだけ埋めて先へ進めることにしましょう。

2月4日
*知性の神獣に挑む*
1週間程お休みしていましたが、そろそろ再開と行きますか。
と言うわけで、チームフレンズが挑むPSPエルミ1ですよ。
前回は、パルテネス神殿1階のタロットの謎解きのところで話が止まってましたね。
その謎解きですが、適当な資料を参考にして簡単にクリアしています。
続く2階はジョーカー相手のすごろくゲーム。
地雷を踏んだりバトルがあったり、落とし穴にハマったり振り出しに戻されたり・・・
様々なトラップに引っ掛かりましたが、どうにか突破できました。
3階は煌びやかなダンスホールです。
ここでペガサスの謎解きが待っています。
メンバー編成によっては詰みも考えられるところですが、チームフレンズは突破に成功しています。
そして最上階が、スフィンクスの待つ聖域です。
ここでスフィンクスの出題するリドルを3問正解すれば、聖域の奥へ進めます。
以前バアサンから頼まれていた花を捧げてイベントクリアですね。
ここまでの謎解きやイベントの回収に関しては、誰がプレイしてもだいたい同じような感じになるかと思います。
なのでその辺りは軽く流して、と。
さあ、ここからが本題です。
最上階にいたスフィンクスですが、リドルの他にガチでバトルに挑むこともできます。
ここは当然バトるしか!

うーん・・・
バトルの前に、「私は強い」と言っていただけのことはありますね。
反射結界から状態異常呪文、そして殴りと。
攻防共にかなりの強さを見せつけてくれました。
でもまあ、ここはちょいとリセットなどを取り入れつつ、何度か挑戦してみましょう。
なんかさ、召喚モンスター枠にゴーストスマッシュがいるのが気になりますよね?(笑)
そして、3度目のやり直しバトルだったかな。

ユードナ様、やってくれました〜!
連撃による抵抗率ダウン無しの素の状態ではありますが、見事に3回のチェックをクリアして捕獲です。
どうでも良いのですが、今回もゴーストスマッシュとの連携は見られませんでした。
相性悪いんでしょうかねえ・・・

強力な手駒を入手したので、改めてスフィンクスに挑戦です。
こちらのスフィンクスは、バトルスタートと同時に反射結界。
そこに敵スフィンクスがエンクミを唱えてきましたが、当然のように跳ね返します。
人数分だけ跳ね返るので全部で7回ですか。
それを全弾食らったところにキャスの幻獣倍打攻撃であっさりと勝ちになりました。
ちなみにスフィンクスのお顔が見えないのは、手前にザコがいたからですね。
いやー、スフィンクス良いですね。
反射結界があるだけで、バトルがとんでもなく楽になります。
召喚モンスターの反射結界は、データセーブをすると効力がフルの状態に回復されますから。
ぶっちゃけ、常に反射しまくりですな。
ただ、習得している呪文が多すぎるのが逆に困りもので。
毒とか混乱とかよりも、直接殴ってほしいシーンが多々ありましたね。

2月3日
*遅くなってスイマセン*
申し訳ありません。
予定より1日遅くなりましたが、マナマナ5の7・8話をアップしました。
今回は、いよいよデグス・ギラ氷窟での鉱石探しです。
パロさんが持ち出したL字型の針金みたいなの・・・
本当に効果があるんでしょうか、ねえ?(笑)
そして8話のラストでは・・・
待て、次号!
エルミ1のほうもボチボチ再開しています。
そのお話は、また後日。

(c)2011 STARFISH-SD inc.