冒険者の日記・13年2月その2

戻る


2月26日
*1周目はゴール*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
それでは忘れられた地の第3層の大魔公を狩っていきたいと思います。

まずはこの娘、イラです。
バトル前の自己紹介で「さいきょーのまほうつかい」と言ってたので、召喚モンスターはスフィンクスです。
反射結界が絶大な効果を発揮し、イラは呪文が撃てません。
ただ、殴りでスフィンクスが魅了されちゃったんですけどね。
ここは簡単に勝ちを貰っておきます。

お次はこちらの腐った巨人、名前は・・・コンダールというらしいです。
かつては巨人族の王だったらしいのですが、現在は不死の魔物です。
予想通りブレスを吐いてきましたが、そこはサイブレスがピタリとハマりました。
設定資料集のコメントによると「某アニメ映画に出てくる巨人がモチーフ」とのこと。
確かに(笑)。

ゼフカカです。
コレがやってきたことは石化発動の殴りのみ。
正直、今さら? な感じは否めませんでした。
全大魔公の中で、一番楽だったかもしれません。

最後はこちらのタコ・・・じゃなくてゾーズという悪魔です。
エルミ2に出てきたプリンセス・ハーズの父親ですね。
娘が娘なら、オヤジもオヤジだ(笑)。
このタコは即死ブレスを吐いてくるのがちょっと怖い。
殴りにも、もれなく特殊発動が含まれているので侮れません。
運に恵まれた感もありましたが、撃破に成功しています。
とまあそんな感じでして。
こちらの大魔公は、イロモノゲテモノ揃いでしたねえ・・・
PS2版をプレイした時は最初にこちらの4体を倒して、その後にヒルデさんたちのほうと戦ったような気がします。

これにてすべての大魔公を倒し終わりました。
結婚がオープンになったり、ヒズベルトさんのセリフが変わったりして。
1周目クリアの条件は満たしたかと思います。
まだ忘れられた地にはマップが1枚残っているのですが、取りあえず後回しで良いかな、と。
ここらでちょっと一区切り、1周目はゴールということにしたいと思います。
ちょっとだけお休みして、来月頭ぐらいからまた2周目に取り掛かりたいと思います。

2月25日
*齢999の君主*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
忘れられた地第2層の大魔公を一通り倒したので、第3層に進みます。
まずはチャチャっとマップを埋めてしまいます。
その過程で・・・

ハエの王の捕獲に成功しました。
既にゴーストスマッシュはおらず、メンバーにも闘士はいません。
にもかかわらずユードナ様は見事に捕獲を決めてくれました。
このハエの王もアイテム発掘に絡んでいるので、いつかは捕獲しなければならない相手でした。
一応バトルでも試してみましたが、ハエ騎士弾を一発撃つだけなのでまったく使い物になりません(笑)。
まあ、射程が長いのが唯一の売りでしょうか・・・
残しておく理由も無いので、早速アイテムに変えてしまいます。
が、ここで問題発生。
ハエの王が関係したアイテムは王の剣で、公爵の衣装集めのお礼に貰っていたものです。
しかしこの剣が、その名の通り君主専用でした。
メンバーはもちろん、酒場の留守番キャラにも君主はいませんから・・・
これは1からキャラメイクするしか、ある程度は寄付で育てて足りない分はアンクかなって感じでした。
で、訓練所でキャラメイクして何気なく年齢をいじった時に閃きましたよ。

そうなんです。
年齢が高ければ、ボーナスの期待値も高くなるんですよ。
ちなみに999歳でのボーナスの期待値は、37〜64となっていました。
これなら簡単に君主が作れるはずです。
結果は御覧の通り。
ボーナス41で一発君主でした。
訓練所ボーナス一発で君主を作ったのは、私も初めての経験かもしれません。
にしてもさ・・・
999歳でレベル1の君主、転職していないイノセント状態。
一体どんな人生だったんでしょうねえ(笑)。

そんなこんなありまして、王の剣がこのクリムゾンブレードに化けました。
この形状、何処かで見たことがあるような・・・って、ロ○の剣?
それはさて置き。
これでアイテム発掘イベントは残り4つになっています。
氷炎の鎖帷子は、相変わらず氷のほうがありません。
メデューサのものはアイテムのほうが未入手。
不死王はその気になればいつでも行ける状態です。
問題がクルシューナイト関連で、アイテム・モンスター共にまだですね。
ちなみに賢者の石は既に完成させています。
アイテム発掘は一時保留にして、これから大魔公狩りに行ってきます。
逆に狩られないように頑張ります。

2月24日
*さらばゴーストスマッシュ*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
忘れられた地の第2層にて、大魔公たちとの連戦をこなします。

まずはこのお方、ヒルデさんです。
こちらの戦術はお馴染み、召喚モンスターのスフィンクスにヴィッフィ+ロブカンドを入れて盾にします。
それに対してヒルデさんは、カウントダウンやタロットの正義などを使ってきました。
ヒルデさん自身が善の戒律なので、正義のカードは有効と言えばそうなんですけどね。
事実上一手パスみたいな感じになって、その隙に撃破しています。

カーニバルなお姉さんことヴェルキリオスです。
二刀流×4回攻撃、しかも首斬り有り。
こちらとしては、とにかくACを下げまくって対抗するしかありません。
スフィンクスはもちろん、マサヨンとユードナ様も首を斬られてしまいました。
それでも、どうにか逃げ切りで勝ちを拾っています。
このヴェルキリオスに対しては、マルちゃんに錬金で強化した悪の盾×2を装備させる戦法が有効でした。
悪の盾はそれだけでAC-11、それを錬金でAC-15ぐらいにできれば御の字です。
二盾流でマルちゃんのACが−50を超えるので、ロブカンドよりも頑丈な盾になります。
首斬り対策として、イノセントシールドを採用するのもアリでした。
ACはかなり弱くなりますが、首斬り抵抗を30〜40くらいにしておくとずいぶん違いますね。
強化マルちゃんを盾にして、ユードナ様が捕獲を狙ってみたんですけどね。
惜しい時もあったのですが、そもそもレベルが足りなくて4回のチェックが発生しますから。
今回は捕獲できませんでしたが、手応えは感じました。

ダリシアマルテです。
エルミ2ではお世話になった人も多いかもしれません。
このオッチャンも首を飛ばしてくるのですが、上のお姉さんよりはマシでしょうか。
犠牲者を出しながらも撃破しています。
これにて第2層の大魔公は一通り撃破できました。

えー、タイトルからすると、ここからが今日の本題なのかもしれません。
これまでお伝えしてきましたが、捕獲狙いの時にゴーストスマッシュを使っていました。
が・・・
どうにもユードナ様との連携がうまく行きません。
ユードナ様のほうが先走ったり、ゴーストスマッシュがターゲットを殴り殺しちゃったりで。
たまたま不死王をマヒさせる機会があったので捕獲を狙ってみたんですよ。
制御の効かないゴーストスマッシュが不死王を殴り殺さないように、数ターン経過したら一度引っ込めて相手の回復を待ったりして。
なんかめんどくさくなってきたので、ここらで見切りをつけることにしました。

新たにフェアリーの闘士を作って投入してみました。
フェアリー闘士は力が弱く、ターゲットを殴り倒すのは無理(笑)。
ただエルミ1の仕様として、連撃が発生しさえすれば良いのでまったく問題がありません。
素早さの数値を上げておけば、ユードナ様よりも早く行動することも多いです。
それが功を奏して、不死王をあっけなく捕獲してしまいました。
ゴーストスマッシュがいた1レベルに上書きしちゃったので、ゴーストスマッシュとはお別れです。
で、捕獲した不死王の戦力ですが、エンクミ連発か殴りの二択。
単純な行動ながらも無駄がないので、即戦力として活躍してます。
指輪と交換でいなくなるのがもったいないかな。

2月23日
*さあ、大魔公!*
今日はお休みだったので時間に余裕がありました。
マナマナ5の定期更新の他にプレイ日記も行きますよ。

と言うわけで、チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
忘れられた地の第1層のマップが一通り埋まったら、中央部にある祭壇から第2層へ。
画像は省略しますが悪魔公やスフィンクス、そしてベヒモスなどのメジャーどころのモンスターが次々と現れます。
バトルをどうにかこなしつつ、適当にとある部屋に飛び込むと・・・

そこはデュークス・テリトリー、大魔公の待つ部屋でした。
英語表記のメッセージを見て、懐かしさと嬉しさで「ニョップリンだ〜」と叫んでしまいました(笑)。
チームフレンズの力が何処まで通用するか、大魔公に挑戦してみましょう。

エルミ1初の大魔公は、ご存知ニョップリンです。
この愛らしい(?)姿がお気に入りという人もいるかもしれませんね。
こちらの戦術としては、召喚モンスターのスフィンクスにヴィッフィ+ロブカンドですね。
そしてスフィンクスが反射結界を使ってくれれば、当面は凌げるはず・・・
と思っていたんですよ。
しかしニョップリンは瘴怪波にブレスと、こちらが備えていない攻撃を繰り出してきました。
そしてスフィンクスをクリティカルで仕留められてしまいます。
発動3しかないのに食らうとは、運が悪いですね。

盾を失ったチームフレンズ、まずはマサヨンが倒れます。
そしてユードナ様に3レベルドレイン・・・
マルちゃんの一発で勝つことはできましたが、ユードナ様の3レベルドレインはムチャクチャ痛過ぎます。
スイマセン、リハにさせてください(泣)。

と言うわけで、泣きのテイク2です。
今回はサイブレスとサイドレイを入れて、しっかりと備えました。
瘴怪波の連発があって危険な状態に追い込まれましたが、どうにか勝ちを貰うことができました。
戦術さえハマれば大魔公にも引けは取らないかなといった感じです。
レベル的にも戦術的にも、1周目の大魔公戦はやっぱり面白いですね。

マナマナ5の13・14話もアップしています。
今回は問題のツジツマ合わせです。
何かポカをしていないと良いなあ、と。

2月22日
*結婚式場とな?*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
エルミナージュから続く忘れられた地の探索中です。
まだ一番最初のマップなのですが、とにかくバトルポイントが多くてねえ。
なかなかマップを歩ききれません。

まずはこの画像から。
マルちゃんの首斬りが決まりました〜。
これは昨日紹介した魔君の鎧の効果で発動率は5%。
錬金で呪い解除とACを強化して装備させています。
できれば首斬り率をアップさせたかったのですが、鎧なのでダメですかね。
キャスも巫女の三女から奪ったホワイルテーガという短剣を装備させています。
盗賊とは思えないくらいの攻撃力にご満悦です。

そしてこちらは不死王バンパイアロードから強奪した聖衣です。
君主専用はともかく、デビリッシュ不可というのがおもしろいですね。
ドレイン抵抗70%は魅力的ですが、残念ながらメンバーは誰も装備できません。
この聖衣を盗む時に、変わった現象が見られました。
こちらはユニハコットで射程無制限にしています。
その状態で、キャスが敵後列にいる不死王に盗みを仕掛けました。
が、キャスが動くより早く不死王が手下を召喚して3列目に下がってしまいました。
にもかかわらず、キャスは見事に盗みを成功させてしまいました。
そして前列の敵が死んで不死王の姿が見えると、盗みの時の爪で引っ掻いたようなエフェクトが表示されましたとさ。
ちなみに、同時にユードナ様が捕獲も試みていたのですが、ターゲットが3列目に下がった時点で失敗になりました。
不死王もアイテム発掘イベントに絡んでいるのですが、捕獲への道はなかなか厳しそうです。

で、忘れられた地を探索していると、こんな人に遭遇しましたよ?
結婚相談員って・・・
ここは結婚式場ですか!
んー、PS2版をプレイした時、こんな場所あったかどうかの記憶が定かではありません。
私がど忘れしているのか、それともPSP版の追加要素なのか。
ちゃんと確認すればハッキリすると思いますが、まあどっちでも良いかな(笑)。
今はまだ結婚はできないようです。
相談員さんは「大魔公がいて営業できない」とか嘆いていたので、その殲滅が条件でしょうか。

2月21日
*これは不満点だわ〜*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
シナリオクリア後もガンガン行きましょう。
王様から世界各地にある6つの祭壇を探してみろと言われたので、まずはそれを探すことに。
当てもなく世界をうろつくのも面倒なので、ここはヒントを貰いました。
そのヒントを頼りに5つまでは簡単に見つかりました。
が、最後の祭壇がなかなか見つかりません。
と言うのは、祭壇の位置を示すコンパスが、半径5ブロックの範囲でしか反応しないからです。
フェイムなんて余っているんだから、使わせてくれれば良いのに・・・
そんなこんなありましたが、どうにか最後の祭壇を発見することができました。
そして、チームフレンズメンバーはエルミナージュへ飛ばされました。

スイマセン、ちょっと蛇足的なお話にお付き合いください。
エルミゴシックをプレイした感想として
「これまでのエルミと世界観繋がってないのにエルミを名乗るのはおかしい」
というものがあったかと思います。
もちろんそれは正しい意見だと思います。
ではありますが、私はそれとは別の考えもあるかなと思ってます。
と言うのは、上の画像のメッセージですね。
そもそもエルミナージュというのは、あらゆる世界で起こった出来事を記録して保管している図書館のような機関だと思います。
画像の中にも、たくさんの書物が並べられているのがお分かりいただけるかと思います。
あの書物の中には、ゴシックの世界で起こった出来事を記録しているものもあるんじゃないですかねえ・・・
ゴシックの世界の人たちはエルミナージュを知らなくても、エルミナージュ機構側はゴシックの世界の出来事をきちんと把握しているのではないでしょうか。
なので私は、ゴシックと従来のエルミの世界観がまったく関係ないと言い切ってしまうのは、ちょっと抵抗を感じます。
ただ、これは完全に私個人の妄想です。
この考えを他の人に強要するつもりはまったくありませんので、ご理解の程お願いします。
以上蛇足でした。
にしても、この画像はどうしたことでしょう・・・
選択肢のウインドウに隠されてしまい、肝心のヒズベルトさんのお姿が見えないではないですか!
画面レイアウトのセンスの無さを感じました。
これまでエルミ1をプレイしてきて、最大の不満点がコレかもしれません(笑)。
エルミ2とか3では、こんなことはなかったと思うのですが、どうだったでしょうか・・・

その後は記録された歴史にて、闇の巫女たちのアイテムを強奪しまくりました。
これはお姉ちゃんことセフィリーヌから強奪した魔君の鎧です。
あとで出てくるかと思いますが、悪魔公が装備している鎧のデザインがコレですね。
君主の他に戦士も装備できるので、マルちゃんが使えそうです。
呪いを解く必要はあるかと思いますが、AC-10は魅力的ですね。

気が済むまで闇の巫女たちのアイテムを強奪したら、いよいよ忘れられた地に乗り込みます。
そこは夜空に満月が浮かぶ、幻想的な光景でした。
で、ようやく見つけたのがこちらのヘルマスターですよ。
訓練所の教官から、ヘルマスターという名前の鞭を依頼されていました。
一応宝箱からも出るらしいのですが、持っているヤツがいるなら直接奪ったほうが早い。
と言うわけで、キャスが難なくミッションクリアです。
や、ふんどしとかつかまされたりして、意外と大変だったかもしれません。
奪った鞭を教官に届けるとイベントクリアですが、フェイムはもう必要ありません(笑)。
そして、種族や性別を問わずに顔グラが自由に選べるようになりました。
が、フェイスロードのあるPSP版では、あまりありがたみがないですよねえ。

2月20日
*決戦!*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
闇の巫女たちが待つ竜の牙最上階を目指します。
その道中。

ユードナ様、メデューサの捕獲に成功しました。
にしても、この数値は何なんでょう?
ユードナ様、ゴーストスマッシュとの連携を頑なに拒否し続けています(笑)。
メデューサと言えば、呪文にしても殴りにしても石化攻撃が特徴です。
ただ、行動回数が1回しかないのがちょっと物足りない感じです。
アイテム発掘イベントに関係していたかと思いますので、そちらで活用することになるでしょう。
さて。
8階から下って来て1階まで戻り、とある部屋からまた8階へワープしました。
ここはエレベーターにして欲しかったところですが、それはさて置き。
飛ばされた先の階段から最上階へ出ると、闇の巫女たちが待ち構えていました。
いよいよ最終決戦ですが、特に別ページにする必要もないかな、と。

このバトルは敵の先制攻撃で始まりました。
母親の瘴怪波でHPが半減したところに、三女の連撃がユードナ様にクリーンヒット!(汗)
一瞬マズイかなと思ったのですが、そこから立て直すことができました。
召喚モンスターのスフィンクスにヴィッフィ+ロブカンドを入れてしまえばこっちのもの。
反射結界付きの鉄壁の盾が完成です。
あとはのんびりと、キャスがアイテム強奪でもしようかと思ったんですけどね。
こんな時に限ってスフィンクスが大暴れして、闇の巫女たちを次々と始末していくんだな。
以前戦った時よりは敵もパワーアップしているのですが、そんなの関係ねえってヤツです。

一応3列目に控えていたこの悪魔がラスボスかな?
大魔公のひとりで闇の巫女たちの父親という設定のようです。
が、何もさせずに瞬殺して終わりでした(笑)。
6人固定での攻略でしたので、レベル的に遥かに余していたのは否めませんね。
これにてエルミ1のシナリオクリアとなり、エンディングが流れます。
スタッフロールに小宮山氏の名前を見つけた時は感慨深いものがありましたね。
ここまでのプレイ時間は約51時間でした。

ゲームのほうはこの後もまだまだ続きます。
と言うか、これからが本番と言って良いでしょう。
引き続きプレイしていきますよ。

2月19日
*スクショについてのお話です*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
現在、闇の巫女の居城の竜の牙を探索中です。
8階まで上がったところで塔の中心部へ進入、今度は下へ下へと進んでいるところです。
ひとつ下の階へ辿り着いたら、何はなくとも封印された扉を開けるのを忘れずに。
そんな感じなのですが、今日のところは特にコレと言った話題もありません。
なので撮りこんだスクショを眺めつつ、お茶を濁したいと思います。

私は日記一回分あたり、だいたい15〜20枚くらいのスクショを撮影しています。
多い時は30枚を超えることもありますね。
バトル中の決定的瞬間や、何か面白いことが起こった時など。
考える前に反射的にセレクトボタンを押していることが多いです。
で、それをパソに移して改めて見直して、日記のテーマを考えることが多いかな。
時には、テーマに合わせて改めてスクショを撮りに行くこともあります。
スクショはそのままだとPNGファイルになっています。
これを一度ペイントに通してJPEGに変換、容量を圧縮したものを日記に使います。
私がここ最近PSPのエルミシリーズを積極的にプレイしているのは、このスクショ機能によるところが大きいですね。
何しろ、日記を書くためにゲームをプレイしていると言っても過言ではないですから。
その際手軽にスクショを撮りこめるPSPエルミは、私のスタイルに合っていると思います。

前置きが長くなりました。
で、上の画像です。
キャスがサマーに首斬り食らった瞬間です。
チームフレンズ、今のところ誰も首斬りができませんから(笑)。
この白い丸の入った画像も数えるほどしかアップしていないんじゃないかな。
それも全部こちらが食らった時かと思います。
運命のダイスによる数値を見ると、首斬り(一番下)の発動が20に対して失敗が19。
ギリギリだったんだなと分かります。
ゲーム中は表示が早過ぎて、なかなかそこまでは確認できません。
ですがこうしてスクショを撮ることで改めて確認できるのも嬉しいところです。

これは敵の坊主(左)の即死呪文で召喚モンスターのヒドラが一発即死を食らったところですね。
こんな残念なシーンも、反射的に指が動いてスクショを撮影しています。
前の文で「反射的に」と書きましたが、メッセージじゃなくて音ですね。
どうやら効果音に反応してボタンを押しているようです。
ちなみに、メッセージスピードはデフォルトの3のままです。
普段メッセージスピードを5にしてプレイしている人にとっては、遅すぎると感じるかもしれません。
ですが私は、こうしてベストのタイミングでスクショを撮るために、敢えて3のままプレイしています。

まあ、時にはこんなこともあります。
アシュテリアさんが反射結界を発動させた瞬間ですが、タイミングが早過ぎました。
ですがこんな失敗のおかげで、普段目に留まらない一瞬を切り取ることができるのも面白いところです。
ゴシックの時、首斬りの時のタイミングが早過ぎて画面真っ白とかありましたよね。
ちなみにこの時は、もう一度セレクトボタンを押し直して普通の画像も撮りこめました。

それと、このエルミ1ではバトルの時に処理がもたつくことがたまに発生します。
そのせいでスクショのタイミングを外されることもありますね。
これはちょっと前の画像で、キャスが坊主からアイテムを盗んだ直後だったと記憶しています。
何のメッセージもない画像が残っていたりすると、ちょっとガッカリ・・・
パソコン上では削除するのですが、PSP側に残っていました。

えーと、今日のところは何となくネタになったでしょうかね。
もう少しで闇の巫女たちとの決戦に突入できるかと思います。

2月18日
*呪文ゴリ押し 結界請求*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
昨日は綺麗なお姉さんのタロットでボロ負けした話でした。
何事でもそうですが、敗戦から学ぶというのは大切なことです。
昨日のバトルで言いますと。
アシュテリアさんが反射結界を使うからって、こちらは呪文を撃たなかったのが不味かったかなって。
消極的なバトルをした結果、足元をすくわれたんだと思います。
こちらも呪文を撃つぞ撃つぞとプレッシャーを掛けることで、相手に反射結界を使わせる。
つまりはタロットに使う一手を反射結界で費やしてくれれば良いかなって。

言うまでもありませんが、跳ね返ってきた呪文は術者のダメージになります。
しかし幸いなことに、ユードナ様もアイリンもフェニックスの羽毛とエンペラーバードの卵を装備。
つまりは、炎と氷に対しては完全抵抗どころか吸収してしまいます。
なんだ、反射結界なんて最初から怖くなかったんじゃないの。
これなら遠慮なく呪文を撃てますね。
でも、どうなんだろうね?
モンスターってこちらの行動を先読みして(コマンドを見て)、自分の行動を選択したりするんでしょうか?
それはよく分かりませんが、アシュテリアさんは反射結界を使うことが多くなりました。
結果としてタロットの使用頻度が下がったように思います。

あとはスピード勝負でしょうか。
ウグイがスコレクで素早さを上げ、一手でも早くアシュテリアさんを潰すことも大事かな。
まあ、肝心のウグイの行動が一番遅いなんてこともよくあるのですが(笑)。
これらの対策が功を奏したのか、以後アシュテリアさんのタロットで壊滅することはありませんでした。
たまたまかもしれませんが、何も対策を立てないよりはマシかなって。

さて。
竜の牙は塔なだけあって、上のほうに行くとマップが狭くなっていきます。
4階では一方通行シャッター。
5階は強風による移動床。
そして6階は見えないガラスの壁。
半分嫌がらせのような細かい仕掛けがありましたが、難なく突破して行きました。

その道中でヒドラを捕獲してみたり。
どうでも良いのですが、今回もゴーストスマッシュ無しですね。
成功の数値を見るに、ユードナ様はなかなか持っているようです。
このヒドラ君、4回行動で強烈なブレス持ち。
しかし、トゥマシオに比べるとHPが低く、殴りのダメージも若干弱めです。
どちらを使うか迷うところですが、せっかくなので今はヒドラを使ってます。

2月17日
*綺麗なお姉さんが怖すぎるんですけど*
チームフレンズが挑むPSPエルミ1です。
指輪の回収も一通り完了ということで、敵の本拠地へ乗り込みます。
闇の巫女たちの居城(?)になっている竜の牙は全9層構造。
塔の中心部は入れないようですが、一度上まで行って戻ってくる仕掛けだったと思います。
出てくる敵はお馴染みのグレタさんに、ポイズンドラゴン&ジャイアントの毒ドクコンビ。
そんな凶悪なメンツに交じって時々姿を見せるコボルドの団体さんが、バトルで荒んだ心を和ませてくれます。
1階部分は軽く流して、イザ2階。
ここからが地獄の始まりでした・・・

綺麗なお姉さんの代表、サキュバスがいきなりやってくれました。
キャスがドレイン食らって1レベルダウンです(汗)。
でもまあ盗賊の1レベルなので、戦力的にはあまり問題はないかな。
この辺りになると、バトルでは常に万単位の経験値が入りますから。
失った経験値を取り戻すのも、それ程手間でもないですしね。
しかし、これはまだ序の口でして。

サキュバスに負けず劣らずの綺麗なお姉さん、アシュテリアさんのタロットで全員魅了状態に(滝汗)。
この後、メンバーだけでなく召喚モンスターのトゥマシオも加えて大同士討ち大会に突入します。
態勢を立て直せず、逃げることもできず。
ひとり、またひとりと倒れていき・・・

この段階で残っているのはマルちゃんとトゥマシオのみ。
マルちゃんは何とか逃げようとするも、足が遅くて逃げきれません。
以下、綺麗なお姉さんたちの猛攻と、トゥマシオの一発を受けて力尽きてしまいました(泣)。
チームフレンズ、まさかの全滅です。
持ち歩いていた骨のスリッパの効果で死体のまま帰還、全員無事に復活することができました。
気を取り直して再出撃するわけですが、またも綺麗なお姉さんたちが現れまして・・・

タロットの愚者で全員睡眠から始まって、その後もタロット連発。
最後は世界で防御耐性消失ですか、そうですか・・・
成功値が30しかないのにそれをドロー成功させるとは、もう鬼ですね。
タロットの他にサキュバスもラピントなどでしきりに魅了状態にしてくれますから。
何もできずに全滅その2となってしまいました。
あはははは(乾いた笑)、もう笑うしかありません。
いやはやなんとも、参りました。
マサヨンは魅了抵抗100%なのに、タロットはそれを無視して魅了にしてしまうんですよねえ。
あれだけ的確にタロットを使われると、もう手も足も出ませんでした。
綺麗なお姉さんに見惚れていると痛い目に遭うということですね。

(c)2011 STARFISH-SD inc.