冒険者の日記・12年8月

戻る


8月15日
*最も時間のかかったイベント*
お盆休み最終日もエルミゴシック頑張りました。
そんなこんなで巨神兵の地下6階です。
このフロアから、あのケートゥス竜が一般モンスターとして登場するようになりました。

スーちゃんの反射結界に向かってティルトウェイトを連発して自爆するの図(笑)。
以前はまったく歯が立たなかったケートゥス竜ですが、今では楽に撃破できるようになりました。
少しずつの積み重ねが、確実に力に結びついているのだと思います。
結局地下6階はチームアイスで一通りマップを埋めてしまいました。

そして地下7階です。
このフロアからトゥマシオやイカの上級バージョンが登場し、バトルは更に苛烈を極めてきました。
後ろのほうに悪魔公の姿も見えるようですけどね。
そこに辿り着く前に取り巻きに潰されて、まだ一度も剣を交えられないという(汗)。
やはり辛いのはチームサンダーかなあ・・・
召喚モンスターにタロットに反射結界。
他のチームならできることがまったくできないのは厳しいですよね。
このチームは錬金で出来るだけアイテムを強化するしかないでしょう。
さて。
地下7階を探索していくと、「名もなき鉱石」という貴重品を発見しました。
これを街にいる鍛冶師のオッチャンに渡すと、オッチャンは興奮して何かを創り始めましたよ?
そして数日経過後に再びオッチャンに会いに行くと、渾身の一振りという剣を貰えました。
これはひょっとするとアレかー!

そうですね、ゲーム開始直後に発生していたあのイベント。
今までずーっとイベントリストが赤いままだった、あのイベントですよ。
それがプレイ時間128時間にしてようやくクリアになりました〜。
リストの途中の赤いところが無くなってスッキリしました。
いやはや、ここまで長かった・・・
で、この渾身の一振りですが、ここまで気を持たせただけあって、なかなかの高性能だったりします。
戦士系の他に、盗賊や薬草師、狩人に遊楽者も装備可。
ただ射程が短いので、前衛に立つ盗賊のシン君に持たせることになりますね。
錬金で倍打を付けてから、トゥマシオの上位バージョンを殴りに行きました。

正に渾身の一撃! って感じです。
盗賊でこのダメージが出せれば、十分メインアタッカーとして頭数を計算できます。
ちなみにこちらのお姉さんはメイルストームという名前です。
トゥマシオは巨人ですが、こちらは何故か精霊ですね。
なので渾身の一振りにも精霊倍打が付いてます。
召喚抵抗が50%と低めなのでマナちゃんが狙ってみましたが、今回はダメでした。
レベルの関係でチェックが4回ある上に、大暴れするメイルストームを抑え込めなくてさ。
タロットとサイブレスと反射結界をフル活用すれば何とかなるかな・・・?

8月14日
*魅了返し*
お盆休みもあと二日なエルミゴシックですよ。
引き続き巨神兵の地下5階ですが、マップの穴埋めは終わりました。
相も変わらずではありますが、やはりここも閣下とイカでしたねえ。
まあその前に、こんなシーンでも。

メタルモアイ(笑)ですが、コレの絶対防壁連発には参りました〜。
一体残しで次のターンまで持ち越すと、たいてい絶対防壁を使われます。
相手も何もできないけど、こちらも何もできないこの状況。
それを5ターンくらいやられると、もう何がなんだか。
モアイは一体何がしたいんでしょう、ねえ?

そして閣下ですが、ついにふっ飛ばしを使ってきました〜。
次の瞬間、石の中だったような気がするのですが・・・
これは気のせいということにしておきます(汗)。

一応今日の本題がこちら。
セインのタロットで閣下とイカ軍団をすべて魅了にしてしまいました。
イカが魅了攻撃を繰り出してきますからねえ、そのお返しですぜ。
この後は、閣下とイカで壮絶な殴り合いが展開されます。
これが決まるとバトルが本当に楽になりますよね。
チームファイアーは、これが閣下とイカ対策の決定版になるかと思います。
まあ、タロットに失敗すると大変なんだけどさ。
それと、シン君が色々なヤツからの盗みに挑戦してみました。
タロットで物理攻撃を封じたら、あとは根気強く盗み続けます(笑)。
イカからは封印の鞭。
サマエルからはデスサイズとボーンスパイク。
大樹のフロアマスターのカマキリからはボーパルサイズ。
ただ、どれもイマイチな性能で、戦力アップにはなりそうもありませんでしたねえ。

8月13日
*まりちゃん強化プロジェクト*
お盆休みまっただ中、エルミゴシックも頑張ります。
さてもさてもで、閣下とイカですよ。
巨神兵の地下4階の探索は一通り終わりました。
が、アークデーモンとマインドサッカーの相手をするのはちと大変。
それでも、召喚モンスターのスキュラが使えるチームアイスはまあ大丈夫。
チームファイアーはタロットの戦車が切り札かなあ。
後衛陣もAC−10にできるので、かなり持ち堪えられますね。
問題はチームサンダーですよ。
召喚モンスターもタロットも使えないこのチーム、閣下とイカ相手に何度沈められたことか・・・
そんなチームサンダーが閣下とイカ相手に戦うにはどうすれば良いか?
色々試してみたところ、まりちゃんのパワーアップに活路を見出すことになりました。

まりちゃんは薬草師ですから、ターン後の応急手当こそが最大のウリではあります。
しかしバトル中はと言いますと、僧侶呪文を使うくらいしか・・・
これを何とかできないかと言うことで、まずは色々と装備品を見直してみました。

取りあえず全部黄色くなってます(笑)。
上から行きますか。
女帝の鞭は呪われているのですが、魅了抵抗50%が付いています。
イカが頻繁に魅了攻撃を繰り出してくるので、これは活用したいですね。
ひとつ飛ばしてドラゴンヘルム、これは素の状態で首切り抵抗25%。
これを錬金で49%まで強化しました。
首切りは、他にドラゴンシールドの40%もあったんですけどね。
今回はヘルムのほうを採用しました。
ドラゴンメイルには神聖と暗黒抵抗を付けて、女帝の鞭で下がった分をカバー。
パワーグローブはAC修正、そしてファイアシューズにはヒーリング+6。
猫目石の指輪は素でマヒ、沈黙、石化抵抗があるので、それを若干強化しました。
錆びた指輪も呪われているのですが、混乱と魅了に30%の抵抗があります。
なお、石化に−60%があるのですが、呪いを解除するとチャラになるようです?
そして、サブに装備している神秘の棒ですが、素で状態回復40%。
それに最高の素材を注ぎ込んで強化しました。

なんとビックリ、状態回復98%が実現しました。
これがムチャクチャ大きくて、たとえ状態異常に陥っても、ほとんど自力で回復してしまいます。
まりちゃんが動ければ、ターン最後に他のメンバーの応急処置に回れますからね。
また、ゴシックから薬草師には特殊抵抗アップのスキルが加わってますね。
今までの使用人には無かったスキルですが、これもじわじわ効いてきそうです。

そんな感じで大幅に特殊抵抗を強化させたまりちゃん、バトル中では敵の攻撃を引き受けます。
ロブカンド+ヴィッフィが入れば御覧の通り。
あれだけ苦しめられた閣下の攻撃を、軽く受け流してしまいますよ。
イカのマインド攻撃に対しても、まりちゃんが的確に対応してくれますから。
バトルがグっと楽になったのは言うまでもありません。
薬草師はHPが高めなので、意外にも盾役に向いているみたいです。
ゴシックのバトルは確かに厳しいですけどね。
こんな感じで色々と試行錯誤しながら対応策を作っていくのは、意外と好きなんですよ。

8月12日
*巨神兵、始めました*
今日からお盆休みです。
親戚の集まりなどの予定もありますが、できるだけエルミゴシックも進めたいですね。
さて。
村正も出たことですし、レベル上げにもちょっと飽きました。
各パーティの魔術師がレベル30〜31といったところですが、そろそろクリア後に行ってみましょう。
新しく開いたダンジョンの名前は、古代大戦の巨神兵。
飛行石の次は巨神兵・・・
エルミスタッフの中に、熱烈なジブリマニアがいるのは間違いなさそうです(笑)。
このダンジョン、巨神兵の体内ということなんでしょうかね?
地下1階は移動できる範囲も狭くて、あっという間に探索終了。
ただ、テレポーターで周囲の石の中に放り込まれたら大変(汗)。
地下2階は小部屋が多いですね。
卵を護っているという魔物を見逃すか倒すかを選ぶイベントがありました。
今回は穏便に、見逃すを選んでおきました。
後で何か影響が出てくるんでしょうかね?
ここまでは敵もそれ程強くなくて、サクサク探索が進みました。
どんなヤツが出てきたかと言いますと、まずはこちらを。

ノーデンオルクという、なんともせくすぃな衣装のお姉さんです。
エルミ3ではダンジョンロードのフロアマスターでしたが、あの時程の強さはないようです。
裁きの鐘を頻繁に使ってくるのですが、実質1ターンパスみたいなものですし(笑)。
その他には、マスタークレリックという女僧侶の集団も頻繁に見かけます。
僧侶さんを捕獲できれば、何かと便利そうではありますが。

お次はこちら、ブレインスルーですね。
これもエルミ3ではダンジョンロードのフロアマスターでした。
エアリーにとっては因縁の敵でもありますよ。
ホラ、白鳥の・・・(笑)
相変わらず雷には弱いようです。
ブレインスルー相手に、暗滅姫が異次元のダメージを叩き出したのが懐かしいですね。
ただ、ヤツがマハマン使ったのには吹きました。
効果は確か「回避力アップ」だったかな、石の中に飛ばされなくて良かったです。
そして探索は一気に地下3階へ進みます。
今までは敵の強さもそれ程でもなく、経験値も低めでしたけどね。
しかし、ここからがこのダンジョンの本番なのであります。

デーモン閣下、満を持しての登場です!
って、いやいやいや(笑)。
こちらの皆さんは一応アークデーモンなんですけどね、どう見ても閣下にしか・・・
旧エンパイア時代から、アークデーモンのグラは微妙だなあとは思っていましたが。
それがエルミ3以降、更に明後日の方向に暴走してしまったようです。
ただ、愉快な見た目に油断していると、酷い目に遭わされますから。
戦の儀式からの後列攻撃→首というパターンに何度やられたことか・・・(泣)
この画像では見えませんが、後ろにイカを連れていることが多いのも厄介。
イカのマインド攻撃でこちらの態勢を崩されてからの閣下の攻撃が激痛でした。
チームファイアーとサンダーでは倒し切れず、チームアイスがようやく撃破に成功できました。
スキュラのスーちゃんがいるのといないのとでは、天と地ほどの戦力差がありますよねえ。

8月10日
*首斬りショー*
シナリオクリアしてもなかなかクリア後ダンジョンに進まないエルミゴシックです。
各パーティとも、もう少し修行したいんですよね。
でもさ、全部が全部、同じ場所でバトらなくても良いんじゃないかな?
違うマップで戦っていれば、戦利品の種類も増えることが期待できそうだし。
と言う訳で、チームサンダーは再び火山の地下4階へ戻ることに。
狙いはもちろんあの刀です。
私もそうとうしつこいよね?(笑)
で、出撃後最初のバトルの宝箱から、いきなり「?ぶき」が出ました。
まあね、今までも散々ハズレを掴まされましたから。
今回も期待3割、期待しないのが7割といったところでしょうかね。
その後もホイホイとバトルをこなし、適当に稼いだところで帰還しました。
早速ビショップのパロさんに鑑定させますよ?

大当たりでした〜☆
見事に本物の村正ゲットです!
や、パロさんがあっけなく鑑定に成功したので、てっきりハズレかと思いましたよ。
命中精度−10の紛い物とは雲泥の差ですね。
元々の性能として首斬り10%があったので、それを23%にまで強化してみました。
それでは、鷹羽さんの首斬りショーをお楽しみください。

まずはこちらのお侍さん。
村正によるダメージもさることながら、綺麗に首斬りが決まりました。
そしてあの御方も。

今まで散々首を斬られたミフネ先生ですが、恩返しとも言える首斬りです。
ツバメ殺しを併用しているので、返される心配もありません。
これはムチャクチャ気持ち良いですね!
ちなみになんですが、強くなったのは鷹羽さんだけではありません。
今までこのフロアの敵さんたちには、本当に苦戦させられたんですけどね。
それが今や、かなり楽にバトルをこなせるようになっています。
前衛の攻撃がビシバシ当たるようになったのが大きいんでしょうね。
二匹目のドジョウを狙って、チームサンダーはもう少しここに通うことになりそうです。

8月8日
*クリア後に行く前に*
シナリオクリア後もまだまだ続くエルミゴシックです。
ご案内の通り、ゴシックもどうにかシナリオクリアとなりました。
この後はクリア後ダンジョンと行きたいところなのですが。
おそらく、力不足は否めないと思います。
そこで、しばらく地下神殿でレベル上げ&アイテム発掘に努めたいと思います。
まあ、修行ですね。
場所は地下5階にしましょう。
ワープを利用してうまく回れば、かなりバトルの回数をこなせます。
相手はグレタさんやヴァルプルギスなど、既に戦い慣れたものばかり。
バトル後の経験値も火山よりおいしいので、ちょっと戦えばすぐにレベルが上がります。

戦利品として、剣の類がゴロゴロ出てきました。
聖剣にフランベルジュ、そして覇王の剣まで。
どれも強力な剣なのですが、ここはやっぱり覇王の剣でしょう。
メンバー編成の関係で、この剣を使えないという人も多いかと思いますけどね。
幸いウチには、戦士と君主が男子で揃っています。
何かと女尊男卑が叫ばれるこの世界で、これは珍しいのではないかと思います(笑)。
さて。
強力な武器が手に入り、若干レベルも上がったことですし、再度アレに挑戦してみましょう。
火山で倒せなかったアレですよ。

と言う訳で、ケートゥス竜にリベンジを挑みます。
参加メンバーを選抜することにしました。
覇王の剣を装備した男子二名とネコ姉妹、それにジェイクとマナですね。
打撃陣の武器には、対竜倍打を付けておきます。
バトル開始早々、静流さんが速攻を仕掛けましたがダメージはイマイチ・・・
やはりこの竜は固いです。
そして期待のスーちゃんが反射結界を発動してくれました。
これで呪文対策は万全ですね。
スーちゃんには、一応マナがヴィッフィを入れておきます。
盾にするのはもちろんですが、ケートゥス竜がラミアーフを使って一手消費してくれば儲けもの。
ブレスに対してはサイブレスの一手を省略、HPを削ることで対策とします。
マナ以外は攻撃を繰り出し、速攻で相手を倒す戦法を狙いました。

ホイっ、一丁上がりです!
狙い通り、見事1ターンでの撃破に成功しました。
トドメを刺したのはベアさんの気孔波でした。
ACの影響を受けず、ツバメ返しにも引っ掛からない。
気孔波をもっと積極的に活用してくれば良かったですね。

8月6日
*ピンチをチャンスに*
エルミゴシック、どうにかシナリオクリアできました。
ボス戦は、なかなか大変でしたなあ・・・
ネタバレがありますので、別ページにてお送りします。

エルミゴシック・シナリオボスバトル

8月5日
*結局彼女に何が起こっていたのか?*
本題に行く前にご挨拶。
冒険者友の会、サイト移転1年を迎えました。
まあね、6月に旧サイトから10年て言ったばかりですから。
そちらに比べたら、1年なんてほんの通過点に過ぎません。
今後ともボチボチやっていきますので、応援のほどよろしくお願いします。

ではエルミゴシックです。
様子見バトルは一段落にして、地下4階の探索に乗り出しました。
しかし、意味不明の石碑(?)以外は、これと言って何も無いでしょうか。
各所にシュートがあるので、それを利用して地下5階へ。
そして地下5階ですが、シュートで落ちた3×3の部屋と、そこから伸びる通路で構成されているようです。
各部屋がワープで繋がっていて、それをうまく利用すれば周回コースが作れそう。
敵はそれ程強くないです。
火山の最奥のほうが厳しいんじゃないでしょうか。
もっとも、こちらもレベルが上がっているので、順当と言えばそうなのかなと思います。

さて、イベントです。
とあるポイントに足を踏み入れると、一緒に行動していたエルフ女子のレイアさんが何だか変?
今までも名前が出ていた邪悪な神様の名前を呼ぶと、魔物に姿を変えてしまいました。
レイアさん、貴女もでしたか〜(泣)。

レイアさんが変身したのが、こちらのスキュラというモンスターです。
結界やツバメ返し、連撃にブレスなど、多彩な行動を見せてくれます。
実はですね。
このイベントの直前のバトルで、まさにこのスキュラと遭遇していたんですよね。
正直、また? って感じでした(笑)。
偶然ではありますが、同じ敵との連チャンは避けたかったですよねえ。
そして無事にスキュラを退けることに成功したのですが・・・
その後、これと言った会話やメッセージも無くてさ。
結局レイアさんが何者だったのか、何が起こっていたのかは分からずじまいでした。
昨今の饒舌なゲームに慣れているからでしょうか。
ゴシックのイベントは投げっぱなしで、説明や後日談などがやや物足りないと感じることもありますね。

その後も地下5階を探索していき、フロアのボスのクモを撃破するに至りました。
このクモは王者の証明を持っていたのですが、エアリーがそれをぶち抜いてくれました。
上の対スキュラ戦もですが、エアリー絶好調ですな。
余談ですが、昨日は指輪の第三章を観てました。
そこでも巨大クモのバケモノがいて大暴れしてましたね。
クモよりもオリファント(象)のほうが好きなんだけどさ。
「私は女!」と指輪がジュっと溶けた瞬間が印象的でした。
で、現在は地下6階への階段も確保、少しずつ探索を進めているところです。

オマケです。
マナちゃん、スキュラの捕獲に成功しました〜☆
連撃が入っていない素の状態ではありますが、見事にチェック3回をクリアしていますね。
これまで結界が使える召喚モンスターがいなかったので、そこに期待したいです。

8月4日
*狩人or刈人*
この1行目を考えるのが結構大変な(笑)エルミゴシックです。
各パーティ入れ替えながら、地下神殿の地下4階でレベル上げ&アイテム発掘中です。
そんな中発見したのが、ダイヤモンドシャワーという弓矢でした。

狩人専用で、氷の弓よりは強いんですけどね。
でも、既に鎌二刀流を経験している静流さんには、イマイチ物足りない気もします。
射程や追い打ちを考えると弓矢も魅力的なのですが、まずはダメージを取りたいところです。
どうしようかと悩んでいたところに、こんなアイテムが出ました!

デスチョッパーという、なんともふざけたネーミングの斧です。
斧なので戦士はもちろん、狩人も装備できるのが大きいですぞ。
悪魔系倍打を付けてグレタさんを殴ったところ、5回ヒットで376ダメージ。
上の弓矢の3倍弱くらいの大ダメージを叩き出すことができました。
ちなみに、チョッパーというだけあって首切り発動1%も付いてます(笑)。
これは決まりかな。
ダイヤモンドシャワーも捨て難いのですが、デスチョッパーで行くことにしましょう。
と言う訳で、静流さんの職業は斧を振り回す刈人でお願いします。

何故かミフネ先生再登場の図(笑)。
首切り抵抗を持つ蒼のベルトが三本揃いました。
各パーティで使い回しになりますが、前衛全員が装備できますね。
それぞれ錬金で7%程強化しています。
そして試し斬られに行った結果がこちらになります。
これまでは、ミフネ先生の首斬り発動は25%でした。
しかし蒼のベルトを装備したところ、首斬り発動が15%にまで軽減されています。
この10%の差、意外に大きいですよ。

8月3日
*地下神殿に戻ってきました*
プレイ時間は少な目ですが、できるだけ日記は上げたいエルミゴシックです。
そんなこんなありまして、火山は一段落。
久しぶりに、地下神殿に出掛けることにしましょう。
ずいぶん間が空いてしまったのですが、地下3階の探索まで終わっているのでその続きからです。
地下4階の東側、階段から下りるエリアで敵出現ポイント×3がありました。
しばらくはここでバトルをこなして、敵の様子を見るとしましょう。

このフロアではこのお方の姿をよく拝見します。
言わずと知れたヴァンパイアロード様ですな。
エルミ3ではダンジョンロードのフロアマスターとして登場していたようですが、私は遭遇できませんでした。
エルミ2とはグラも違うので、このバージョンを見るのも初めてかと思います。
ただ、あまり通路をウロウロしているところを目撃されると、ニセモノ呼ばわりされちゃいますよ!(笑)
この不死王様、ドレインが怖いのは言うまでもありません。
いやはや、サイドレイが機能してピンチを切り抜けることができました。
また、絶対防御を多用してくるようです。
このスキル、敵の攻撃を一切受け付けない代わりに、自分たちも何もできなくなるという。
某ド○クエのアス○ロンのようなスキルかと思います。
エルメットさんのエクストラを選ぶ際、使いどころが難しいかなと思い外しました。
エルミ3では、この絶対防御を活用して真ボスを簡単に倒してしまうテクがあったようです。
その動画も見てみたのですが、どういう理屈でああなるのか?
あっという間の出来事で、よく分かりませんでしたなあ・・・

こちらは地下神殿で起こった珍現象です。
エルフ女子のレイアさんに注目して欲しいのですが、HPが0ですよね。
なのに呪文を唱えてます。
どうせ唱えるなら状態異常の治療じゃなくて、HPの回復にすれば良かったのに・・・
この現象、レイアさんが死んだ状態でリセット。
そしてリスタートすると、HP0ながらも生きている状態になるようです。
バグって言えばバグなんでしょうけど、特に実害も無いのでまあ良いかな、と。
ベクノスケもそうなのですが、死亡状態でダンジョンの出口へ行くと、元気に別れの挨拶を告げてきたりしますから。
NPCの扱いもなかなか難しいものだなと思います。

そして戦利品なのですが、ナント!
蒼のベルトというこのアイテム、首切り抵抗が40%もあるじゃないですか。
しかも、ウチのメンバーで前衛に立つキャラは全員装備可能。
火山に行く時にこれがあれば・・・
いやいやそうか、そういうことか。
地下3階攻略の過程で火山を解放。
村正の噂を聞きつけてのこのこやって来た冒険者、しかしミフネ先生の首切り地獄が。
これはヒドイと怒りたくなりますよね。
しかし冷静に地下4階を探索すれば、ちゃんと首切り抵抗アイテムが用意されていた、と。
どうやらエルミスタッフには、こちらの行動を完全に読まれていたようです。
私はそれに、まんまと引っ掛かったようですなぁ。

8月2日
*あの刀は出なかったけど*
県内では大きな花火イベントがあるのですが、行けないのでエルミゴシックです。
さすがにウンザリと言った感は拭えませんが、今日も今日とて火山です。
小一時間程修行に励み、ようやくこの時を迎えることができました。

アイーシャ様、ハイマスター到達〜☆
三倍手間を乗り越えて、三人の魔術師が共にハイマスターになりました。
ここまで長かったですねえ・・・
もっとも、アイーシャ様はエクストラスキルが魔術の真髄ですから。
ハイマスターになったからって、特に変わりも無いんですけどね。

それはさて置き、です。
死亡回数が0というのは、我ながらさすがにこれは・・・と思います。
アンチエイジングのためではありますが、いやはやなんとも(汗)。
初めのうちは、イメージ的になあ・・・という感じでした。
しかしここ最近は、下手したら老衰するんじゃね?
なんて危機感が、現実のものになりつつありましたよねえ。
後衛陣はまだしも前衛陣ですよね。
特にミフネ先生のご指導を仰ぐようになってからは、死亡回数(リセットの回数)も爆発的に増えました。
死ぬのは構わないんだけど年取るからリセット・・・とは、さすがに本末転倒だと思います。

愚痴だか不満だか反省だか分からないことは、取りあえず脇に置いといて。
レベル上げの目標も一段落しましたので、火山通いも一区切りかなと思います。
結局、あの刀は出なかったですねえ・・・
?マントはもういいよ、うん。
日記を読み返してみたら、火山に突入したのが先月の23日頃でした。
連日の暑さの中、十日ほどここに通ったことになりますね。

火山の最後に、もう一度ケートゥス竜に挑戦してみました。
しかし。
ラミアーフでヴィッフィを消されてからの殴りで首斬り連発(泣)。
やはりこの竜に挑むにはまだ力不足だったようです。
と言うか、各キャラの首斬り抵抗をもう少し何とかせねばなりませんなあ。
その他のイベントですが、怪しい商人の依頼は簡単にクリア。
そしてベクノスケの魔女退治ですが、これは敢えて残しておく方向で。
村正を装備した用心棒ですから、そう簡単に手放したりはできませんよねえ。
いずれまた、正にその刀を求めてここに戻ってくるかもだしさ。

8月1日
*刈人誕生*
8月です。
今月も、今月も、エルミゴシック一色なんじゃないかと思います。
引き続いての火山です。
各パーティの魔術師がレベル26まで粘るつもりです。
ジェイクと十六夜さんは既に目標クリアしているので、最後はチームアイスのアイーシャ様です。
が、バトルの様子を延々書いても面白くないので、他で日記のネタを拾わなければなりません。
ここはやっぱり盗みでしょ。
今回はツン・クーンの洞窟のフロアマスター、ボーパルケッタがターゲットです。

うっかり出くわして慌ててトンズラした、あの時のチームファイアーではありません!
ボーパルケッタ相手に臆することなく対応していきます。
眠りや石化でも良いのですが、タロットで物理攻撃を封じるのが楽ですね。
これが決まれば、ケッタは引き寄せくらいしかできることがないようです。
あとは悠々と、盗賊のシン君が装備解除→盗みを決めるだけ。
そしてここがポイントなのですが、目的のブツを盗み終わってもケッタを倒してはいけません(笑)。
倒すことなんかいつだってできますから。
欲しい時にいつでもブツを盗めるように、平和的に撤退するのが良いでしょう。

ケッタから入手したブツがこちら。
ボーパルシックルという鎌ですね。
ご覧の通り、命中精度、攻撃回数共になかなかの高性能ですぞ。
片手持ち、しかもサブなので、もうひとつ盗んできました。
薬草師のまりちゃんに装備させるのも面白そうですが、まずはあの人から行きましょう。

アイテムの話の前に、ちょっと寄り道を。
このいかにも暑苦しいマッチョなオッサンこそが、ファイアージャイアントです。
ただでさえ暑いのに、連日この暑苦しいオッサンらの相手をし続けた私を誰か褒めてください(笑)。
このオッサンの画像だけは、日記にアップしたくなかったんですけどねえ・・・
今回一番良い数値が出たので採用することにしました。
さて、話を戻します。
ボーパルシックルを装備させたのは、狩人の静流さんです。
今まで装備していたのが氷の弓。
これ、氷のダンジョンでマンモスの毛皮を集めたお礼にと貰ったものです。
それっていつの事だったやら・・・
あれ以来武器が変わっていなかった静流さん、最近では他の打撃メンバーからも大きく後れを取っていました。
両手に装備した鎌に、それぞれ対戦士と巨人の倍打を付けてあります。
ぶっちゃけ、ここに出没するミフネ先生と炎のオッサン対策ですね。
既に錬金術師のフラムが分解を習得しているので、錬金の選択はいつでも変更可能なのも嬉しいところ。
ダメージ的には、大幅にパワーアップしています。
追い打ちができなくなったのと射程が短くなったのが、欠点と言えばそうですけどね。
これまでは弓矢を装備して狩人として活躍していた静流さん。
これからは両手に持った鎌を振り回し、刈人(笑)として頑張りますよ。

(c)2012 STARFISH-SD inc.