冒険者の日記・12年8月その2

戻る


8月27日
*永遠の魔法少女*
プレイ日記は一段落したエルミゴシックですが、オマケを少し。
先週末の野暮用についてですよ。

久しぶりになりますが、スタイル画を描いてました。
今回描いたのはMarutaboさんのところのアイリンさん。
なのですが、この格好は・・・
実はコレ、Marutaboさんがエルアキ☆さんのところに送ったイラストが元になってます。
コンセプトは魔法少女とのことで、ゴスロリを基調としたフリフリなデザインとなってます。
うーん、苦労しましたね。
元の絵を忠実に再現したかったのですが、あっちこっちで手を抜いてます(汗)。

そしてステータス画面がこちら。
二つ名は「永遠の魔法少女」、性格が「文句ある?」となってます(笑)。
年齢は20才ですが、ゴシックでは酒場にいるだけで年取りますからねえ・・・
ひとつ残念だったのは、この画像のHPの表示がちょうど目に掛かっちゃったこと。
別に悪いことをして目に消しを入れられた訳じゃないですよ?
もしも今度チームフレンズ企画などをやる時には、アイリンはこの顔グラを使うことになるでしょう。
このスタイル画については、Marutaboさんのところでオモシロおかしく紹介されています。
そちらもご覧くださいませ。

8月26日
*ちょっと休憩入れましょう*
エルミゴシック、いにしえの洞窟も大詰めです。

途中端折りますが、地下5階にて最後の達人を倒しました。
この御仁、特に何もしてこなかったんですけど・・・?
この後一度城に戻り王様に報告すると、地下6階に行けるようになりました。
地下6階には「望みのもの」が置いてあるのだとか。
望みのものって何なんでしょうねえ?

と言う訳で地下6階、チームサンダーが探索していきました。
不死王もどきとその仲間達ですが、もう面倒なのでトンズラも有りかな、と(笑)。
引き寄せで前後衛を入れ替えて、後衛メンバーを攻撃してくるのがイヤらしいですよねえ。
ヴィッフィが入っているエイティさんが後ろに下がると、相手の攻撃が届かないんですよ。
敵にユニハコットを掛けられれば・・・って思いました。
そんなこんなありつつも探索を進めていくと、芳醇な蜂の巣というブツをゲット。
何でも「蜂の巣は幸福であり豊かさの象徴」なのだそうで。
えーと、つまりは・・・どういうこと?
いにしえの洞窟のメッセージは抽象的と言いますか、禅問答みたいと言いますか。
結局訳が分からないまま終了してしまいました。
それはさて置き。
全ダンジョンを制覇したことで、神の塔への挑戦権を獲得したことになります。
無謀とは思いますが、取りあえず様子見に行ってみますか。

うーん、強さの次元が違います(汗)。
AC−20なんて紙切れみたいなもので、まったく敵の攻撃を食い止めることができません。
この後、こちらは何もできないうちに、あっという間に壊滅させられてしまいました。
これはちょっと無理っぽい。
レベルを上げるにしても、あと100レベルくらい(!)上げてからじゃないと話にならないかもだし・・・
と言う訳で、ここはプレイ日記を一時中断して、休憩を入れることにしたいと思います。
レベル上げの様子とか、イチイチ日記に書いてても面白くないしさ。
裏でのんびりレベル上げに取り組みつつ、また機を見て「イヴァグ尖塔編」として再開できたらと思います。

簡単に本作の感想など。
まず決定的な不満点ですが、加齢問題です。
こればかりは百害あって一利無しなんじゃないかなあ・・・
ダンジョンに移動しただけで日数経過は、いくらなんでもやり過ぎですよね。
ダンジョンが街から遠い場所にあることを演出したいのかと思いますが・・・
それなら近くの村に宿でも取ってよ、ねえ(笑)。
この点に対して、プレイヤー側からこれと言った対応策が取れないのが問題かと思います。
その他は、まあ良いんじゃないかな。
私の場合ストーリーや雰囲気などは、エルミのシステムで新作がプレイできればどうでも良いし。
序盤の長距離航続もキツイことはキツイのですが、ちゃんと意図は分かっているし。
アイテムやスキルなどの調整も、ひとつひとつを見れば弱体化しているようでも全体的に見ればバランス取れてると思うし。
と言うか私の場合、3パーティ同時進行の三倍手間ですから。
それでやって行けるって、バランスが良いのか悪いのかよく分かりません(笑)。
まあ、ノーリセットにこだわると大変かと思いますけど。
色々ありましたが、概ね満足の行く作品でした。

と言ったところですが、また「イヴァグ尖塔編」で再開するのを楽しみに、一旦休憩に入ります。
お疲れ様でした〜。

8月25日
*盾という考え方*
昨日から今日の午前中くらいは野暮用でした。
それについては後日お話しできるかな?
と言う訳で、野暮用明けのエルミゴシックです。
まずは地下4階ですよ。

美の達人は、オモシロおかしく笛を吹き鳴らす愉快な御仁でした(笑)。
発動1%の正体が気になりますが、軽く蹴散らして終わりです。
んー、あのウサギさんは、結局何だったんでしょうか?
次いで地下5階に乗り込みます。
チームファイアーにスイッチして出掛けました、が?

ちょおっとバトルがキツクなってきたでしょうかね(汗)。
前列真ん中にいる不死王もどきとその仲間達に苦戦しています。
ちなみに、不死王もどきの両隣りにいるのがマジックソードですね。
ダイヤモンドなあの剣との関係が気になるところです。
この画像、ラウドの古式ファンネルをツバメ返しされてしまいました〜。
不死王もどきは反射結界にツバメ返しと、呪文と物理に対して的確に対応してきますから。
なかなか倒すことができません。
ぶっちゃけ、タロットで魅了させても次のターンには回復されてダメでしたから(泣)。
この不死王もどき以外でも、強力な打撃に泣かされるシーンが増えてきました。
チームアイスなら召喚モンスターを盾にするのですが、あいにくこのチームではそれができません。
ならば。
先日のエイティさんのように、メンバーのひとりを盾役に抜擢するしかないでしょう。
今回盾役として白羽の矢が立ったのがベアさんです。
戦士ならではの重装備とHPの高さは、盾としてうってつけでしょう。
幸い素材のほうは、巨神兵でコンコンやってかなり集めてましたから。
錬度20や30のものを惜しげも無く注ぎ込み、ベアさんの装備品のACを強化していきました。
結果、素の状態でAC−22、常駐呪文などが入れば更に守備力を強化することができます。
して、盾の効果は如何に?

あわやツタンカーメンの連撃でフルボッコでしたが、ベアさんが最低限のダメージのみで切り抜けました。
実際のところ、しっかりとした盾役がひとりいると、バトルの内容がガラっと変わります。
今まではできるだけ速攻で敵を倒すことを目標にしていました。
でも今は・・・
ドランがハロブカンを唱えている間に、ベアさんがシン君を守る。
シン君は隠れて、ラウドは反射結界。
ジェイクはロブティを唱えて反撃の準備。
そしてセインがベアさんにヴィッフィ、とかね。
バトルスタートして1ターン目は、しっかりと敵の攻撃に備えるようになりました。
これが功を奏して、安定してバトルをこなせるようになってきました。
この盾という考え方は従来のウィズには無いものでしたし、クロブラなどでも特定の職業しかこなせませんでした。
それがエルミでは、どの職業でも盾役になることができますよね。
特にゴシックは、この盾という考え方が非常に大きなウエイトを占めているように思います。
ただ私にとって残念なのは、ミスター盾ことホムラがリストラされちゃったことでしょうかねえ(笑)。

8月23日
*愛って何だろう?*
今日は多分簡単に終わるエルミゴシックです。
チームアイスでいにしえの洞窟の地下4階を探索していきます。
地下3階からはあのチャンピオンの姿も見なくなり、バトルはむしろ楽になったかもしれません。
ワイヤーフレームダンジョンはスッキリと見やすく、探索もスイスイと進みます。
所どころで、ウサギが跳びはねている場所に出くわしたりします。
マナちゃん的にはストライクど真ん中の光景かと思いますが、何だろね?

そんな中、時々見かけるのがこちらの鎧です。
マジックアーマーですな。
既にアイテムとしてシールドとガントレットは入手済みですね。
他はあるんでしょうかね?(笑)
で、このアーマー、やはりと言いますか、呪文はさっぱり効かないようです。
でもこの画像を見る限り、成功値が57で抵抗値が5ですよね。
一瞬、何で? って感じですけど。
改めてデータを確認すると、各属性に対して100%抵抗があるようです。
じゃあ無属性なら効くのかな?
今度試しておきましょう。
と言うかさ、このアーマーこそアイテムとして欲しいんですけど、ねえ。

さて、探索のほうですが、地下4階から地下3階の北側へ出ます。
愛の母を名乗る女性の話を流して聞きつつ、先へ進むとかなり広めのダークゾーン。
でも地形がパターン化しているので、歩くのは楽ですね。
このダークゾーンでほとんど画像が撮れなかったので、今日の日記は簡単なんです(笑)。
やがて、先ほどの女性の息子と思われる少年と遭遇します。
しかし、彼が言っていることの意味がサッパリ分かりません。
愛について語ってるのは分かるんだけど、抽象的と言うか理論が飛躍していると言うか。
そして、イベント的にも何も起こりませんね?
一度母の所に戻るとまた愛について語られますが、やっぱり意味が分かりません。
そして再度少年の所へ行くと、また愛についてよく意味の分からない話を聞かされます。
うーん・・・
難しい話は置いといて、取りあえずバトルにしてください。

と言う訳でバトルです。
左側の少年が愛の達人ですね。
右側にいるマーライオンみたいなのが、愛の父とのことです。
どうやら彼らの語る愛というのは、男女間の愛というより、家族愛とかなんでしょうかね。
あるいはもっと広い意味での愛なのかもしれません。
まあ、凡人の私には、達人の域には遠く及ばないのでしょうが(笑)。
それはさて置き。
こちらの愛を語る親子は、それ程強くありませんでした。
イムルアラティが一手パスみたいなものですし、マーライオンのほうも単調な打撃のみ。
血の盟約の効果で、メルさんのHPが四桁に到達しているのもポイントです。
簡単に勝ちを貰って愛の達人戦もクリアになりました。
結局、愛って何だったんでしょうねえ・・・

8月22日
*心を無にして*
昨日は夏バテ休みでしたが、今日はエルミゴシック行きますぜ。
前回の続きで、チームサンダーが無の達人に挑みました。
この達人、心を無にしているようで、目も耳も口も必要ない・・・らしい?
まあ、とにかくバトります。

達人は無の存在なので、自分というものを持っていないのかもしれません。
なのでこちらの行動を真似てくることが多いようです。
この画像ではエイティさんの行動を真似て聖女の槍で攻撃してきました。
でも、エイティさんができない連撃をしっかりやってくる辺り、さすがは達人です。
もっとも、こちらは打撃に対してしっかりと備えてきましたから。
あえて打撃だけで攻撃して、達人の行動を打撃オンリーにしてやりました。
さすがの達人もAC−25を殴り倒すのは難しかったようで、簡単に勝ちを貰うことができました。
チームサンダーは一段落にして、次はチームファイアーで地下3階です。

心を無にしている達人に対して、こちらは煩悩満載の皆さんですね(笑)。
インキュバスとサキュバスの色違いの上位バージョンです。
どうでも良いのですが、リリスという名前を見ると、モリガンよりもエリスのほうを連想しますねえ。
この連中もまともにやり合うとちょっと危険だったりするのですが、魅了させてしまえば楽。
まあ、この戦法もどうなんだって気もしないでもないんですけどね。
そんな悠長なことを言っている余裕は、多分ないんだろうなあ・・・

こちらはツタンカーメン・・・じゃなくてゴールドスタチューです。
これもまともに殴り合うと命がいくつあっても足りないので、タロットで魅了させてます。
いにしえの洞窟の敵は力任せの殴りが多いので、その対策が必要ですね。
そんなこんなで、地下3階のマップはあらかた埋まったのかな?
北側にはまだ行けないようなので、先に地下4階を探索することになると思います。

8月20日
*その身を盾にして*
本日のエルミゴシックは、チームサンダー奮戦記なのです。
グレタさん相手に修行したチームサンダー、いにしえの洞窟の地下2階を探索していきます。
ですが、やっぱりチャンピオンの連撃は激痛ですね。
一応、ロブカンドが入ればダメージを最低限で抑えることができるようです。
ただ、その呪文が間に合わないと痛いなあ・・・
そんな折、何気なくメンバーのステータスを眺めていたら、エイティさんのACが−14くらいだったんですよ。
具体的な数字はハッキリと覚えていませんが、そのくらいだったと思います。
そしてアイテムを見ると、まだ強化していない白表示のものがいくつか。
これを全部強化すれば、AC−20が実現するんじゃ・・・
早速錬金倉庫へ駆け込んだのですが、あいにく素材にロクなものが無くてさ。
これまでにずいぶん使ったから、それも仕方ないでしょう。
なのでまずは素材の調達に出掛けます。
場所は光窟の地下3階ですよ。

成果は御覧の通り。
中でも錬度32のベクトレイムは大きいですねえ。
この他にも高錬度の素材をいくつか発掘しています。
早速これらの素材でエイティさんの装備を強化していきます。
上のベクトレイムは女神の胸当てに、これだけでACが3も低下しましたよ。

と言う訳で、素の状態でAC−20が実現してしまいました!
既にハイマスターに到達していて、聖槍術の効果で盾が使えるのがポイントです。
更に戦闘中には、常駐呪文のハロブカームとハロブカンが入ってAC−25になります。
そこにヴィッフィが入れば鉄壁の盾の完成です。

強敵チャンピオンの連撃を、難なくかわすエイティさん。
こうなると、安心して見ていられますねえ。
たとえ大ダメージを食らっても、エイティさんのエクストラスキルは食いしばりですから。
HP1で耐えればまりちゃんが応急手当で回復させてくれますね。
あとは攻撃陣が暴れるだけです。
チームサンダー、守備力の強化でバトルが安定してきました。

探索ですが、地下2階をあらかた歩き終わりました。
無の達人を名乗るジイサンに遭遇しましたが、今回は戦わずに撤退しています。

8月19日
*たまには戻るのも大切*
新しいダンジョンにますます盛り上がるエルミゴシックです。
と言う訳で、いにしえの洞窟です。
既にご案内の通り、ここは懐かしのワイヤーフレームで構成されています。
グラがすっきりとしていて見やすいのが良いですね。
そしてBGMも電子音が流れていますから。
たっぷりとノスタルジーに浸りながらプレイできますぞ。
あとはモンスターのグラがドット絵なら・・・
というのは、いくらなんでも欲張りでしょうねえ。

いにしえの洞窟でまずぶち当たったのが、こちらの殺る気満々のチャンピオンの皆さん。
連撃が入るとあっという間に殴り殺されてしまいます。
これに耐えるには、AC−10は欲しいところ。
盗賊のシン君、今までは盗みのために装備を身軽にしていましたけどね。
どうせ盗めるものはあまり無いし、以後はしっかりと装備を固めることになりました。
また、チームファイアーはタロットという切り札があります。
女帝のカードで物理攻撃禁止にすれば、取りあえずチャンピオンの殴りからは逃れられます。
ですがまあ、こちらからも殴れませんから(笑)。
魔術師のジェイクを中心に呪文を連発して、ようやく敵を全て蹴散らすことができました。
その際、後ろにいる薬草師のお兄さんたちを先に倒さないと、応急手当で回復されるので注意ですが。
物理攻撃禁止は無いにしても、恋人のカードで敵を全て魅了にするのが安全確実でしょうかねえ。
チームアイスは、召喚モンスターのメルさんにロブカンド+ヴィッフィが定番の戦法。
これが間に合えば楽に行けるのですが、間に合わないとちょっと大変(汗)。
そして問題がチームサンダーです。
このフロアには取りあえず戦士系の敵しか出ないようなので、武器に対戦士系倍打を付けるのはもちろんとして。
錬金術師のフラムのロイドなどで敵をマヒさせたりと、必死の応戦を試みました。
でもさ、やっぱり厳しいんですよねえ。
もう少しレベルを上げたいところなのですが、ここで戦っていてもあまり経験値を稼げないようです。
そこで。

地下神殿まで戻って、グレタさん増殖のレベル上げです。
ACと呪文抵抗を上げてしまえば怖いところがありませんから、心行くまで稼ぎを入れたいところです。
特にこのパーティは、フラムがラポールフィを9回使えるのが大きいですね。
呪文抵抗100%が簡単に実現してしまいます。
今回は20分弱で50万オーバーの経験値を稼ぐことができました。
魔術師の十六夜さんがレベル40、前衛の上級職メンバーもレベル30くらいにはなりました。
また、この地下神殿は街のすぐそばにあるので、移動日数が経過しないのもポイントです。
移動に10日も掛かるダンジョンに通っていると、それだけで年取りますからねえ・・・

そんなこんなで、各パーティの中級職メンバーもレベル32のハイマスターに到達しています。
マナちゃんも血の盟約が入って、召喚モンスターのパワーアップが期待されます。
その他として、狩人の静流さんの掃討追撃が大きいですね。
メルさんのラストーマから掃討追撃とか、決まると気分爽快です。

で、いにしえの洞窟の探索ですが、地下1階のマップは埋まりました。
所どころにいるフードの人物の、昔を思い起こさせるセリフにニヤリとさせられます。

8月18日
*懐かしのワイヤーフレーム*
ぶり返した暑さにちょっと参りそうですが、取りあえずエルミゴシックを。
チームサンダーで巨神兵のまとめです。
攻略本を参考にフラグ立てをしてきます。
地下7階で一仕事した後、また上の階で・・・みたいな感じでしたから。
なるほど、フラグ立てをスルーしちゃう訳です。
準備ができたらまたあの男の所に戻ります。

当然のようにバトルになりますが、ここは手堅く勝ちを貰っておきましょう。
これにて巨神兵のメインイベントは終了。
お城に報告すると新たなダンジョンが追加されました。
そちらに行く前にその他のイベントも回収してしまいます。

これは攻略本を見るまで存在すら気付かなかったイベントです(笑)。
例の怪しい商人の依頼で、大魔導師の骨を集めて欲しい、というものでした。
そうか、巨神兵のあっちこっちに落ちていた骨は、この関係だったんですね。
で、骨を全て集めると、最後の場所でこちらの魔導師のオッサンとバトルになりました。
まあ、魔導師自体はそれ程でもなかったんですけどね。
その前にメイルストームがいたのが大変でした。
メイルストームがただでさえ強いのに、不浄の地の影響でこちらは回復不可。
しかも、一度倒してもまた魔導師に再召喚されたりして・・・
これを撃破するまでに何度かやり直したのはナイショでお願いします。
バトル後、あの商人の所に戻ると、ちょっと意外な展開が見られました。
イベント後のフォローとかがあまりないゴシックですが、今回はへぇ〜でしたねえ。
あとは魔物の卵のイベントと、もう良いだろうって火山の魔女退治も回収しておきます。
これで巨神兵までの全イベント55個がクリアになりました。
そして。

いにしえの洞窟がオープンになりました。
懐かしのワイヤーフレームダンジョンですぞ。

8月17日
*あたいがヒロイン!*
巨神兵の攻略も大詰めなエルミゴシックです。
昨日はマナの話でしたが、今日はこちらの娘です。

忍者のエアリーですね。
マナちゃんだけがヒロインじゃないよと、今日の日記のネタに名乗り出てくれました。
最近発掘した武器が、クトネシリカという刀です。
これがなかなか優れものでして、攻撃力もさることながらAC関係ですね。
AC低下が−4、そしてAC低下有効と、忍者にとっては待ち望んでいたアイテムです。
それが立て続けにポンポンと二つ出ました。
更に忍装束も発掘しています。
忍装束くらいはもっと早い時期に出ていたんじゃない?
と思うのですが、今回が初めてのような気がします。
他のアイテムもすべてAC低下有効な物で固めることができました。
無装備の状態でAC1、それがこの状態だとAC−16になります。
もちろん、各アイテムは錬金で強化していますよ。
真夏のガーブで魔・僧・錬の各呪文に35%抵抗。
更に籠手と足袋に各属性抵抗を付けて、少しでも呪文に耐えられるようにしています。
ただ残念ながら、忍グッズは首斬り抵抗しか付いてないんですよねえ・・・
蒼のベルトに石化とドレイン抵抗があるものの、他は素の15%止まり。
この辺りは、薬草師のまりちゃんのフォローにお任せかな。
その他のメンバー、特に前衛のエイティさんと鷹羽さんもAC−10以下。
錬金で呪文抵抗なども強化しています。
チームサンダーは召喚も反射結界もタロットも使えないんですけどね。
錬金を駆使してアイテムを強化していけば、他のパーティに劣らない活躍ができそうです。

それではエアリーの活躍の様子など。
悪魔公相手に綺麗に首斬りが決まりました!
でもせっかくの活躍なのに、スクショを撮るタイミングが少〜し遅かったですかね?(笑)
一方、悪魔公も負けてはいませんで。
戦の儀式からの一発が入ると、前衛陣が殴り殺されてしまいます(汗)。
悪魔公の武器が短距離射程なんですよねえ。
なので、まりちゃんにヴィッフィを入れても無効なのが、微妙に腹立たしかったりします。
一緒に出てくる閣下の後ろにいるうちに叩いてしまうのが、一番の攻略法ではありますね。

そして探索のほうですが、最下層の中央にいるこの男のところまでは辿り着きました。
この男、死んでいてヒマだから巨神兵を復活させる実験をしている、のだとか。
ただ、ここまで来たのに特にこれと言ったイベントも起こらないようで・・・
マップはすべて埋まっているんですけどねえ。
どうやら、敵とのバトルに夢中になるあまり、イベントのフラグ立てとかすっ飛ばしてきたようです。
攻略本を参考に(笑)フラグを立て直してから、再度この男を尋ねることにしましょう。

8月16日
*マナinチームファイアー*
お盆休みが明けて通常営業ですが、エルミゴシックも通常通りです。
早速ですが、この画像から行ってみよう。

メイルストーム捕獲〜☆
と言う訳で、マナちゃん見事に決めてくれました。
昨日、メイルストームを捕獲するにはサイブレスと結界とタロットフル活用・・・とか書きましたよね。
それができるのは、このチームファイアーを置いて他にありませんから。
そこで、ジェイクの代わりにマナを入れて捕獲に挑戦させました。
ドランはサイブレス、ラウドが反射結界、そしてセインがタロットで物理攻撃を封じます。
それぞれが仕事をこなしたら、あとはマナが頑張るだけ。
ちなみにベアさんとシン君ですが、物理攻撃禁止なので特にやることがありません(笑)。
まあ、他のメンバーの護りに回るという重要な任務があるのですが。
で、最初の数ターンは順調だったんですよ。
しかし、メイルストームはやはり強敵でした。
物理も呪文も効かないとなると、恐怖のブレス3連発!
さすがにサイブレスの在庫も切れ、特にやることの無かった・・・
じゃなくて、他のメンバーを護っていたベアさんとシン君が昇天(涙)。
しかし、ピンチの後にチャンス有り。
その直後、マナが捕獲に成功いたしました。
やっぱりマナちゃんはヒロインです、ここぞという時は決めてくれますね。

さて、期待のメイルストームの戦力ですが・・・あれ?
チームアイスは今まで、スキュラの反射結界で呪文対策をしていたんですよ。
しかし、召喚モンスターをメイルストームにすると、それが使えなくなって意外と辛い。
結局・・・

反射結界の使えるスーちゃんのほうを多用することになりますね。
文字が掛かっていて見難いですが、後列左端に悪魔公がいます。
調子に乗ってティルトウェイトを連発するも、反射結界に引っ掛かって自爆。
悪魔公を初めて倒したのが、相手の自爆だったというオマケ付きでした(笑)。
やっぱりスーちゃんは頼りになりますね。
しかし、せっかくメイルストームを捕獲したんだから、もっと有効に活用したいですよね。
要は反射結界があれば良いのですから、再度チームファイアーにマナを合流させてみました。

残念ながら、悪魔公と愉快な仲間たちには遭遇できませんでしたけどね。
同じメイルストーム相手に、サイブレスと反射結界とヴィッフィでノーダメージ勝ちを貰っています。
連撃が決まると大ダメージですからねえ、これは頼もしい限りです。
恒例ですが、名前を付けましょう。
「メイちゃん」だとありきたりなので、ちょっと捻って「メルさん」かな?
メルさんの今後の活躍に期待しましょう。

(c)2012 STARFISH-SD inc.