冒険者の日記・12年7月

戻る


7月16日
*見えない敵を討つ!*
三連休最終日、暑い日はお家の中でエルミゴシックなど。
チームファイアーが王家の墓を探索していきます。
1階部分は終わって2階の西と東、そして3階と。
一気に攻略していきました。
呪文封じこそないものの、シュートや暗闇の中の回転床、転移進入不可エリアなど・・・
探索にはかなりの手間と時間が掛かりますね。
敵さんですが、エルミ3で大金を放出してくれた欲望の仮面が頻繁に出没します。
でも、今回はそれ程お金を落としてくれないみたいです。
あとはこんな皆さんも。

こちらのスフィンクスなお姉様方、反射結界を連発してくるのでちょっと戦いにくいでしょうか。
ドランのブレスを軸に押し切れないこともないのですが、この時は後ろにもたくさん取り巻きがいましたから。
セインのマハマハでトンズラです。
トンズラと言えば、あの見えない敵にもしょっちゅう接触します。
それもマハマハで逃げたり、タロットで逃げてもらったりと。
できるだけ穏便にことを済ませたいものです。
宝箱からは次々と強力な武器防具が見つかっています。
バルキリー用の聖女の槍が一番の出物でしょうか。
これはもちろんエイティさんにプレゼントですね。
その他にも、僧侶のエルメットさんが使える武器が何種類か。
ダメージを取るか、攻撃回数か、命中精度か。
それとも、特殊抵抗などを重視するか・・・
アイテムひとつ選ぶのも、なかなか悩まされますね。
また、3階の宝箱の罠から女神の口付けが確認されたことも報告しておきましょう。

さて、探索のほうも大詰めとなり、3階の東側にある転移進入不可エリアでのこと。
固く閉ざされた扉がチームファイアーの行く手を遮ります。
んー・・・
ここで攻略本を参照することにしました。
なるほど、鍵が必要で・・・そのためにはアレと戦うんだけど・・・その前に回収するものが・・・
そんな感じで、なかなかフラグ立ても大変みたいです(汗)。
微妙に探索抜けしていたエリアで鏡を回収、それを持って見えないアイツと接触。
ついにヤツの姿を拝むことができましたぜ。

黄金バット?
や、お若い方はご存じないかもですが、昔そんなヒーローがいたような?
とにかく、このドクロマークとの最終決戦です。
セインのタロットで中立メンバーをパワーアップ、あとは各自攻撃で。
それ程危ないシーンも無く、どうにか撃破できました。
そして鍵を回収後、通路を辿りに辿って、出た先は最初のマップ。
1階西の北東部の未踏エリアにようやく踏み込むことができました。
特にイベントバトルもなく、宝物庫からお宝をごっそり持ち帰りますよ。
その中のひとつがコレ。

覇王の剣という、とても強そうな剣です。
これは珍しい、男子専用なんですね。
王家の墓はほとんど男子チームで攻略してきたので、ピッタリのご褒美かと思います。
本当は君主のドランに装備させたかったのですが、ドランはブレスを吐くことが多いですから。
戦士のベアさんに持たせておきましょう。
これで王家の墓のイベントは終了かと思ったら、簡単なものが二つほど残ってました。
薬草師必須みたいなので、まりちゃんがいるチームサンダーに仕上げをお願いしましょう。

7月15日
*女子メンバー待望の時が*
連休中日、エルミゴシック進めてます。
話題が色々ありすぎて、何からお話ししますかね。
取りあえずこの画像を置いてみますか。

虹竜の反射結界砕ける!
多分ほとんどの人は忘れているだろうなと思います。
僧侶のエルメットさんのエクストラスキルは、結界崩しの高魔源なんですね。
今回初めて決まったので記念撮影。
もっとも、虹竜が3体いるところに攻撃呪文を撃つようなマネはちょっとできませんから。
あまり意味は無かったんですけどね。
それでも、これが決まると気持ち良いものです。
これからガンガン砕いてくださいよ!

お次はこの画像を。
これは、風穴の最下層でトゥマシオの捕獲に挑戦した時の一コマ。
凜ぼうだと殴り殺しちゃうような相手でも、レベルの低い闘士なら倒さずに殴り続けられそう。
そんな訳で、連撃担当に元モンスターのキュクちゃんマーク2を投入してみました。
レベル1ながらも闘士で、クリーンヒットまで決めてみせてくれました。
でも、この後マナちゃんがダメダメで、捕獲できませんでしたけどね。
まだマナのレベルが低いので、成功を三本揃えるのが難しい。
もう少しレベルを上げてから再チャレンジしてみますか。

そして探索の進み具合です。
チームファイアーが王家の墓の1階東まで進みました。
ここは外周部と中心部に分かれた構造。
外周部は、修行や稼ぎに適した構造になっています。
各種魔印の+2がポンポン出るので、ここで人数分揃えるのが良いですね。
問題は中心部で、またも呪文封じなんだなあ、これが・・・
しかも、敵さんにドラゴンロードとか出てくるから堪りません。
ここは私も戦うのを諦めました。
ハトの呼び鈴で敵の出現をキャンセルして、とにかくマップを埋めることに専念。
しかし、このフロアでも見えないアイツがウロウロしています。
その対策に、今回もセインが月のタロットを使いますよ。
この月のタロット、ドローに成功すれば敵が逃げる(逃げないこともある?)。
そして、ドローに失敗すると、こちらが逃げるみたいです(笑)。
要はバトルを回避できれば良いので、成功失敗どちらでも構いませんよね。
呪文封じのバトル回避には、遊楽者必須かな。

そして、イシュマグ地下神殿にも足を踏み入れてみました。
モンスターレベルが5だけあって、バトルはかなりキツイです。
それでも、ナイトメア連発のガーゴイルなどは、比較的倒しやすいほうですね。
宝箱からは、新発見のアイテムが次々と見つかっています。
中でもミキサーブレードが良いなあ(笑)。
現在鷹羽さんは、このミキサーブレードの二刀流です。
そして、宝箱からは待望のアレが確認されました。
そう、女子メンバー待望のアレですよ。

女神の口付け、ついに現る!
まず静流さんが調べて、次にマナちゃんが呪文で確認して。
間違いないとなったら最年長のパロさんが開けて、若返りの恩恵に与りました。
もっとも、パロさんは直前で不幸があって加齢してましたから。
結局±0でしたけどね。
それでも、一方的に加齢を強いられた時代は過ぎ去ろうとしています。
少しずつでも確実に、女神の恩恵を受けていきたいですよねえ。
アイテム、経験値共においしいので、しばらくは地下神殿の入り口をうろつくことにしようかな。

7月14日
*君は見えない敵を見たことがあるか?*
捻っているようでありきたりなタイトルのような気もするエルミゴシックです。
チームサンダーのレベル上げは、十六夜さんとフラムがレベル20になったところで一段落。
ハイマスターまではもう少しかかりますね。
お次はチームファイアーです。
同様に光窟の地下4階へ行ってみます。
レベルの関係もあるかと思いますが、やっぱりここは辛い・・・
武器にドラゴン倍打を付けていないのが響いているようです。
倍打を付けるには錬度15以上必要ですが、そうそう良質の素材も揃いませんしねえ。
しかし、男子チームにはタロットがあります。

今回使ったのは、恋人のカードです。
ドローに成功すれば、敵をすべて魅了状態にしてしまいますよ。
こうなると、敵同士で延々殴り合いますから。
バイコーン&黄竜の凶悪軍団からも、簡単に勝ちを貰うことができました。
でもまあ・・・
さすがにタロットに頼ってばかりでは、人間としてダメになっていくような気がしないでも(笑)。
そこで光窟は切り上げて、次へ行ってみることにしました。

チームファイアーが次に訪れたのは王家の墓、シナリオ的に必須なダンジョンです。
まずは1階西側から。
出てくる敵が光窟から一気にランクダウンです(笑)。
その分経験値もショボイので、修行や稼ぎには向かないでしょうか。
マップを四分割した北西エリアは、棺が安置されている部屋のようです。
棺を調べるとバトルになりますが、特に何も無かったかな。
問題が南西側で、またも呪文封じになってました(爆)。
しかもこのエリア、一方通行シャッター完備みたいで、振り返るとそこは壁。
呪文封じで退路封鎖とは、なかなか鬼畜なことをやってきます。
それでも適当に進んで行けば、呪文が使える南東側に出るのは難しくないようです。
もっとも、そのエリアは転移呪文での進入不可なんですけどね。
さて。
このフロアを歩いていると、突然殺気を放つ何者かと接触してしまいました。
果たしてその正体は?

チームファイアー、見えない敵を目撃するの図(笑)。
と言う訳で、姿の見えぬ者でした。
コレ、不確定名とかじゃないんですかね?
姿が見えないばかりか、敵の種類なども一切分かりませんよねえ。
この見えぬ者、ハンパじゃない強さの持ち主でした。
取りあえず、ブレスと呪文は効かないみたいです(汗)。
殴ったところで当たらないことがほとんどだし、たまに当たるとツバメ返しが激痛(泣)。
しかも首切り付き(爆)。
更にターン終了時に9999ポイント回復されては、もうどうにもなりませんな。
この時は、ベアさんとシン君がやられてあえなくリセット・・・
この姿の見えぬ者、何が困るってフロアマスター(だと思う)なのにマップにマークが表示されないんですよ。
これじゃ避けようがありません。
呪文封じの中で再度接触した時は、もうどうしようかと天を仰ぎました。
でもね。
繰り返しになりますが、チームファイアーにはタロットの使い手がいるんですよ。

月のカードのドローが成功し、見えない敵はスタコラサと逃げ出してしまいました。
某パル○ンテもビックリな逃走劇ですね。
いやー、タロットってスゴイなあ。

7月13日
*エルフ女子日和*
三連休前日、うきうき気分でエルミゴシック行ってみよう。
本題に入る前に、この画像からどうぞ。

ついにNPCに若い女の子が!
大事なことなのでもう一回言います。
ついにNPCに若い女の子が!!!
しかもエルフ、そしてムチャクチャカワイイ!
って、失礼しました。
例によりまして、酒場の突発イベントです。
こちらのエルフ女子、酒場で悪い男たちに絡まれてました。
そこを、通りかかったチームサンダーが助けたという訳でして。
事件の後、男たちは再登場した女将さんの下に突き出されます。
何だかんだ言って、最強なのは女将さんではないかと(笑)
このエルフ女子、また登場してくれないかなぁ・・・

満足したところで本題です。
光窟の探索までは終わりましたが、どうもレベル不足に陥り始めているのではと思いまして。
そろそろ何処かでレベル上げを入れたいところです。
でもねえ、さすがにレッサー増殖は飽きたし、氷のダンジョンのドラゴンもイマイチかな。
何だかんだで、光窟で戦えれば一番早いような気がします。
サングラスがあれば目への負担も軽減されるしね。
幸いと言いますか、何気なく光窟の上層階をうろついていたら、宝箱から祢々切丸が出ました。
これの在庫が確か商店に一本あったはず、それを鷹羽さんに二刀流させてみますか。
ついでに、錬金でドラゴン倍打を付けることに。
オマケで、エアリーのサブの武器にもドラゴン倍打を付けました。
チームサンダーは召喚やタロットなどが使えません。
その代りに生粋の錬金術師がいますから、錬金素材なども優先的に注ぎ込んで構わないかと思います。
なお、それまで鷹羽さんが使っていたドワーヴンハルバードは、錬金倉庫に保管しておきます。
良質な素材を使っているので、後で分解して取り出すことにしましょう。
準備ができたら出撃でーす。

まずは虹竜から。
反射結界を連発してくるので、十六夜さんが攻撃呪文を使えません。
なのでロブティなどでACをいじりつつ、フラムのオーラスで攻撃回数もアップ。
あとはドラゴン倍打の付いた刀で気持ち良く斬りまくるべし。
虹竜の前に瘴怪波を使うミミックがいると厄介なのですが、まりちゃんが応急手当で対応してます。

そして黄色の竜にもこの通り。
決して楽なバトルではありませんが、どうにか攻撃が通るようになってきました。
虹竜と違って十六夜さんの呪文も効くしね。
後ろにバイコーンがいるとかなり危険なのですが、勝った時の経験値は大きいです。
リセットすることもありますが(汗)、なかなか良い感じでバトルをこなしているかなと思います。
チームサンダー、もう少し集中してレベル上げに取り組むことにしましょう。
うん、今日はエルフ女子の話題で終始しましたね。

7月12日
*レベル不足が心配な頃*
光避けのサングラスを掛けてプレイしているエルミゴシックです。
アフーム・ザー光窟の完結編、チームサンダーで地下4階へ。
・・・
・・

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。
最初に謝っておきます。
このフロア、敵がいきなりドーンと強くなりました〜。
どのくらい強いかと言うと、あまりの事態にスクショを撮影するのも忘れるほど(爆)。
特にキツイのが黄色いドラゴンことエレメンタルウィーグ×3。
打撃が強烈!
ブレスが激痛!
それが三体!
散々泣かされてリセット連発です。
なので最後にはこうなりました。

一目散にトンズラ〜。
後ろにはバイコーンもいますから、こうなるともうダメですね。
反射結界連発の虹竜のほうはまだ何とかなるんですよ。
でも、こちらの黄色のほうは厳しいですね。

こんなシーンもありました。
狩人のお姉さんの隠れてからの速攻がビシバシ決まります。
しかも後ろにいる燐光蟲がラフィリード連発。
せくすぃなお尻を眺めている余裕はありません、手も足も出ずにトンズラの一手です。
現在、各パーティの魔術師がレベル17〜18といったところですから。
3パーティ同時進行の三倍手間の影響が、ここに来てじわじわと出始めたようですね。
そろそろ何処かで、集中的にレベル上げを入れたいところです。
特にこのパーティは、召喚やタロットなどの特殊スキルが使えませんから。
純粋にメンバーの攻撃力を高めなければ、この先は厳しいことになりそうです。

とまあ、厳しい話はさて置きまして、探索の様子です。
このフロアは、全体がひとつの大きな空洞になっていました。
それでも、チカチカとモヤモヤは相変わらず。
探索を進めていくと、とある場所にて例の光を見つけました。
それを壺に収めると、画面が眩しく明滅します。
や、サングラスを掛けていて良かったです(笑)。
どうやらすべての光を回収し終わったようですな。
ご褒美として光の魔印+2をゲット、薬草師のまりちゃんに持たせておこう。
そんなこんなで一通りマップは埋まりました。
が、気になるのは地下1階で見かけたフロアマスター。
イベントリストを見ると、どうやらとあるイベントに関係しているみたいで。
最後に思い切って戦ってみましょう!

アイテムはお馴染みの打撃ですが、なかなかの激痛ですね(汗)。
それでも、まりちゃんの応急手当&フラムのペンデクで態勢を立て直し、撃破に成功できました。
すると岩男は捨て台詞を残して姿を消してしまい・・・
出た先がひとつ下の地下2階(笑)。
今度は1ターン目で補助呪文連発してから次のターンで一気に攻撃で勝ちを貰います。
以下、地下3階〜地下4階と。
まるでダルマ落としのように下へ下へ。
最後地下4階で倒して、ようやくイベントクリアになりました。
報酬はエントライーでしたが、これはもうベアさんが持ってるよなあ・・・
と言ったところで、光窟の探索は一段落かと思います。
さて、次はどうしますかねえ?

7月11日
*サングラス部隊、光のダンジョンを行く*
眼精疲労にも負けずに行きたいエルミゴシックです。
ゲームの話の前に、洞窟のグラが目に優しくない問題から。
先日ちょろっと触れましたサングラス、実際に使用してみました。
あくまで私の個人的な体感になるかと思いますが、悪くないですよ。
チカチカの光刺激を軽減してくれるので、かなり目が楽になりました。
これからの季節、サングラスは普段から使えるものですし。
光の刺激が気になるという人は、試してみたらどうかなと思います。
それとモヤモヤのほうですね。
こちらは先日お話しした通り、視覚に頼らず手探り&体当たりで。
これらの対策を取り入れたところ、目の疲れは確実に緩和されました。
もちろん、長時間のプレイなどはご注意を。

引き続き、チームサンダーで光のダンジョンを探索します。
光の刺激を緩和するべく、メンバー全員サングラスを身に着けての探索行になりますね(笑)。
まずは地下1階北東部の扉が開かなかった件です。

どうやら、酒場で盗賊のアンちゃんが人を集めていたイベントに関係しているようでした。
ダンジョンへ行ってイベントが始まったら、あとは流れでお願いします。
何処かで聞いたような文面ですが(笑)、簡単にイベント1個回収してしまいましょう。
と言ったところで地下2階です。
ガンガンと、あっちこっちにぶつかりながらも探索していくと、奇妙な魔物に出くわしました。

光の精霊の親玉みたいなヤツでしょうか。
これの闇バージョンは、確か教会の地下で倒していたかと思います。
この精霊を倒すと、光る壺というアイテムが手に入ります。
それを持ってダンジョンを探索していくと、あっちこっちで光を集めることができます。
これが何に繋がっているのかは、まだ不明です。
ゴシック名物、ダンジョン中歩き回ってフラグ立てをして来いの一環かと思います。
そして一気に地下3階。
このフロアまで来ると、出てくる敵さんがかなり強くなってきます。

代表してこちらの方の画像でも。
ミラーゴースト君ですね。
エルミ3の時はダンジョンロードのフロアマスターでしたが、今回は普通に遭遇できます。
ミラーなだけあって、呪文はほぼ完璧に跳ね返されますし、モノマネ芸も健在。
その他にも各種特殊抵抗も優れているので、召喚モンスターとして捕獲したいものです。
で、画像にあるように、タロットで正義のカードを引くシーンが何度か見られました。
えーと、君の戒律は善なのかな?
と言うか、成功値が100ってのは反則なんじゃ・・・
その他にも、不浄の地のスキルを持つバイコーンや、しつこく殴りまくるナルヴなど。
なかなか難しいバトルが続きます。
バルキリー&プリースト&ビショップの、聖職者集団に囲まれたこともありました。
いくら光のダンジョンだからって、やり過ぎではないでしょうか?(笑)
相手しきれなかったら、マハマハでトンズラもアリ。
あとは、寺院で子供を抱えていたオヤジのイベントもクリアしています。
そんなこんなありまして、駆け足ではありますが地下3階まではマップが埋まりました。
ここまでプレイしましたが、目のほうは特に疲れも無く絶好調ですよ。

7月9日
*チカチカモヤモヤ*
本日のエルミゴシック、私にしては珍しく愚痴から入ります。
お次はアフーム・ザー光窟に行きます。
担当は、やや成長が遅れ気味なチームサンダーです。
さてもさても、この画像から行ってみますか、ねえ。

このダンジョン、光の洞窟なだけありまして、壁面から緑の光が発せられています。
「ラピュタ」の爺さんが住み着いていた光る洞窟を連想させますね。
飛行石もあったし、エルミ3には風の城もありましたよねえ。
エルミスタッフの中に、熱烈なラピュタファンでもいるのでしょうか?
とまあ、それは置いときまして。
このグラフィック、非常に目に来ますねえ〜(爆)。
チカチカとした緑の光がなんともはや。
ゲームだけでなく、今これを書いている段階でも、何だか目がシュパシュパしてきました。
更に。
このダンジョンには、黒い靄が掛かって視界が遮られる場所がかなりあるようです。
そちらはもうモヤモヤとしていて、ほとんど何も見えませんから。
チカチカゾーンとモヤモヤゾーン。
これが交互に来るものですから堪りません。
さすがの私もこれは? と首を傾げざるをえません。
以前もお話ししたかと思います。
ゴシックにはワイヤーフレームダンジョンがあるらしいですから。
オプションでそれを自由に設定できれば、ダンジョンが見難い問題は解決していたのではと思います。
プレイヤー側は快適にプレイできますし、スタッフ側としても余計なバッシングネタを提供しなくて済んだはず。
せっかくあるものを有効に活用していないのが、何だか勿体無いですよねえ。
もっとも、同業者さんに「洞窟が見難い」と発言させている辺り、完全に開き直っているのかもしれませんな。

まあなんだ。
不満だ不満だと連呼したところで、不満が解消する訳でもありませんから。
こちらとしても、できるだけの対応策は考えてみようじゃないですか。
まずモヤモヤゾーン。
これは視覚に頼った探索を諦めることにしましょうか。
カニ歩きを駆使して、壁にぶつかりながらも適当に歩き回り、後でマップを確認。
隙間があったらマロールで飛んで埋めていくと。
ダークゾーンの探索と同じ要領で行けるかと思います。
問題はチカチカゾーンですよね。
光の刺激を少しでも弱めるべく、サングラスでも使用してみますか(笑)。
幸いと言いますか、ダンジョンの構造は比較的大雑把でザックリとしているようです。
あまり画面を注視しなくても、探索は進められるかなと思います。
でもね?

再度上の画像も見て欲しいのですが、赤い人がいますよね。
このダンジョン、地下1階からフロアマスターがうろついていました。
それが殺気を放ちながらこちらを追い回してきますから。
適当に彷徨っていると、交通事故的に出くわしてしまうことも。
そんな時は、マハマハでトンズラしちゃいましょう。
どうせ倒したところで後悔することになるんだしさ。

あとは適当に、バトルの様子でもお話ししますかね。
珍しくまりちゃんの攻撃シーンです。
まりちゃんが装備しているビットという武器、神官の館で人形のイベントをクリアした時に入手したものです。
攻撃力が14ダメージで固定のようで、必ず14の倍数ダメージになりますね。
まあ、まりちゃんは薬草師ですから、当たったところでせいぜい2回ヒットですけどね。
まりちゃんに関しては、デスピコハンマーのようなぶっ飛んだ武器が懐かしいなあと思います。
あとはそうですね、侍の鷹羽さんにはドワーヴンハルバードを装備させています。
それに錬金でダメージ+4を付けました。
かなり質のいい素材を使わないと、ここまでは上げられませんよね。
たかが4ダメージですが、4回ヒットすれば16ダメージの上乗せになります。
打撃メンバーの中ではイマイチ活躍しきれていない鷹羽さんですが、少しでも暴れてくれればと思います。

そんなこんなありましたが、どうにか地下1階のマップは埋まったようです。
下への階段は三箇所キープ。
しかし、北東にある扉が開かないんですよ。
視界の効かないこのダンジョンで、カメレオンスイッチとかは勘弁して欲しいところですが・・・(汗)

7月8日
*人魚と魚人じゃ大違い*
エルミゴシック、ロスルリエ遺跡の完結編です。
ここはもう最後までチームアイスにお任せすることにしましょう。
いよいよ地下2階へ乗り込みます。
このフロアでは、頻繁にこの連中が出没して怖い思いをさせられます。

バハムート×3ですね。
大きな口と鋭い牙が大迫力!
更には各種特殊攻撃を持っているようです。
キュクちゃんにヴィッフィを入れて備えましたが、スパーンとやられました(泣)。
発動率は低いものの、決まる時は決まるんですねえ・・・
HPも高くて打たれ強いのがまた厄介で。
最後のほうは、もう泣きのトンズラを決め込んでしまいましたよ。

さて、泣いている女性の依頼に関係している祭壇ですが、比較的あっさりと見つかりました。
バトルでも起こるかと思いましたが、何事も無く破壊終了。
でも、何だか様子が変ですよ?
その様子を報告するために、例の女性のところに戻ります。
すると・・・

こんなこと言うんですよ、この女!
どうやら、チームアイスはすっかり騙されてしまったようです。
祭壇は邪神と契約するためのものではなくて、邪神を封じるためのものだったようです。
自分たちでは壊せないので、チームアイスに破壊させた・・・ということらしいですね。
だいたいさ、この女のグラを見た時、変だな〜とは思ったんですよ。
泣いている女なのに、堂々と短剣を持っているじゃないですか。
女性型モンスターのグラは他にもたくさんあるのに、これを選ぶか? ってね。
で、例によって女は魔物に姿を変えて襲い掛かってきます。
どんな姿になったかは後ほど。
このバトルは、取りあえず軽く蹴散らしておきました。

あとは東側にある閉ざされた扉です。
各エリアにあるスイッチを見つけては押しているのですが、これがなかなか開きませんな。
幸いと言いますかこのダンジョン、構造が美しく対称形になっていますから。
マップをよく見て欠けている部分を調べると、シークレットドアが見つかったりします。
そんなこんなでスイッチをすべて押し、閉ざされていたエリアへ乗り込みます。
さあ、この遺跡に巣食っていた魔物とのご対面ですよ。

奥のほうにいる赤いのがボスですね。
このグラを見た瞬間、あまりの間抜け面に盛大に吹きました(笑)。
ちなみに前列にいる青いのが、先ほどの女が変身した魔物と同じものです。
どうせなら、二日前にアップした画像の人魚みたいになれば良かったのに、ねえ。
いやはや、人魚と魚人じゃエライ違いですなあ。
しかしです。
見た目に反して、コイツらはなかなか強敵でした。
特に厄介だったのが、画像にある吸い付きです。
これはHPを一桁残して吸い取って、自分に還元してしまうというものですね。
もちろん、その後殴られると泣きたくなるような事態が発生しますから。
これではどんなにHPが高くても、簡単にやられてしまいます。
エルメットさんはラフィリード連発で、メンバー全員のHPを回復し続け。
マナちゃんはキュクちゃんを連続召喚&ヴィッフィ。
あとは攻撃陣が一斉攻撃。
ボスだけでなく、雑魚のほうも吸い付きやってきますから。
とにかく一匹ずつ集中攻撃して、回復される前に確実に倒していかないとですね。
結局、キュクちゃんが三回くらいやられちゃいましたが、メンバーは無傷で撃破できました。

最後は、酒場にいる学者さんの依頼です。
これは、黒い魚人像のほうを持っていけばクリアになりました。
お礼に復活の秘薬を貰えました。
これで、水の遺跡は攻略完了かと思います。
出てくる魔物はグロかったですが(笑)、遺跡そのものは構造的にもグラフィック的にも美しいダンジョンでしたね。

7月7日
*盾の聖女*
生憎の雨模様で星空は見えそうにありませんが、エルミゴシックはありますよ。
引き続きチームアイスで、遺跡の地下1階へ出掛けます。
前日まで探索していたのが地上1階、そこから地下へは四箇所の階段がありました。
そのうちの北東の階段から下りたエリアには、いかにもなブツがありまして。

水の祭壇に白い女性像と黒い魚人像(笑)が祭られています。
このうちの片方を持ち帰ると、水の流れが変わるようです。
これは定番のアレかな?
水流を切り替えてマップを埋めていくとかいうヤツ。
愉快なイベントを期待しつつ、わくわくしながら他の階段へ回ります。
南東の階段から出たエリアは、3×3の部屋が3×3個配置されていました。
それらが、扉の他にも水中であっちこっちに繋がっていたりして。
ひょっとして、さっきの像はコレに関係している?
などと思いつつマップを埋めていくと、地下2階への階段まで辿り着きました。
うん、特に水流を切り替えなくても、先へ進めましたね。

お次は南西の階段に行きますか。
通路を辿った先でまた水中へ。
そこから出たエリアの奥で、若い女性が泣いてました。
どうやら、うっかり邪神と契約してしまったので地下にある祭壇を破壊して欲しい、とのこと。
なるほど、厄介事を持ち込まれるのはいつものことですから。
気持ち良く引き受けることにしましょう。
同じく南西のエリアですが、イベント扉っぽいものがありました。
既に鍵は開いているようなので入ってみると、コイツがいるんだなあ・・・

フロアマスターのクジラ君です。
うっかり倒すとまた後悔することになりかねないので、ここは全力でトンズラですね。
それ以前に、倒せるかどうかなんて分からないけどさ。
このエリアにはもうひとつイベント扉があったのですが、そちらは鍵が掛かったまま。
まさか、と思いながらも像を取り換えると、今度はあっさりと開くんだなあ、これが。
えーと・・・
どうやら二つの像は、イベント扉の鍵になっているだけみたいでした(汗)。
水流に流されたりとか、期待したものとはちょっと違っちゃいましたね。
その部屋の奥では、水の中から妖精の杖を入手できました。
なかなか強力な武器なのですが、名前の通りフェアリー専用なので誰も使えませんな。
最後に北西の階段から下りるエリア。
ここにもイベント扉がありましたが、仕掛けが分かっているので簡単に通過しちゃいます。
その先で入手したのが、今日のタイトルに関係しているこちらのアイテム。

ようやくこの話題に辿り着きました、イノセントシールドです。
転職を経験していない者のみが装備を許されるのがイノセントシリーズ。
もちろん職業制限もありますから、装備できるメンバーは限られてきます。
もっとも、ウチのメンバーの中で盾を使用しているのは、僧侶のエルメットさんだけなんですけどね。
そのエルメットさん、今まではミスリルシールドを装備していました。
実はミスリルのほうがACが低いのですが、イノセントには各特殊抵抗に20%が付いていました。
前衛で戦う僧侶としては、まず自らの身を守るのが必須ですよね。
例の大破壊鎚も装備できたのですが、盾を手放すわけにはいかないので諦めたという経緯もありました。
イノセント=無垢というイメージが、エルメットさんにはピッタリかと思います。
ご覧のとおり、盾以外にも戦士並みの重装備がズラリ。
エルメットさんの二つ名は「白衣の聖女」ですけどね。
なんかもう、白衣って感じでもないのかもしれません。
これを機に「盾の聖女」と、二つ名を改めようかなあ。
単に自分を守るだけでなく、パーティ全体の護りの要という意味もありますしね。

7月6日
*皆の鍛冶屋さん*
今日のタイトル、エルミ3が元ネタなエルミゴシックです。
館のイベント回収は完了。
シナリオ重視で行くなら次は王家の墓とかなんでしょうけど、そこは寄り道しちゃいます。
今回はロスルリエ遺跡というダンジョンへ行きますよ。
担当はチームアイスです。
ここは、流れる水が美しい遺跡になっています。
イメージ的には「カリオストロの城」のラスト、水が引けた後に現れた遺跡が近いでしょうか。
同業者の盗賊さんが、自慢の鼻が利かない・・・と嘆いていましたけどね?
水の影響なのか、シークレットドアの類を自動感知しないようです。
それでも、地形のパターンを読み取れば、シークレットドアの発見はさほど難しくはありませんな。
敵もそれ程強くないですし、気持ち良くマップを埋めていきましょう。
で、ここからが本題です。

タイトルで予想が付いていた人もいるかと思います。
召喚モンスターのキュクちゃんが使うペンデクですね。
実際のところ、キュクちゃんはかなりの頻度でペンデクを使います。
他にも習得している呪文はたくさんあるのですが、これが使用率一番かも(笑)。
よほどアイテムの修理に情熱を傾けているのかと思います。
ですがまあ、アイテムが壊れている時じゃないと、まったく意味がないんですけどね。
話は少しそれますが、このモフモフアザラシがとても可愛いと思います。
動物じゃなくて悪魔だけどね(汗)。

そんなキュクちゃんのペンデクですが、ついに成功の時が(笑)。
マップとピッケルが壊れたのですが、敢えて放置したままバトルに突入。
しばらく様子を見ていると、キュクちゃんは真っ先にペンデクを唱えてアイテムを修理しちゃいました。
エルミ3の時の二つ名、「皆の鍛冶屋さん」の面目躍如ですな。
これなら、破損率の高いアイテムを連続使用しても、キュクちゃんがすぐに直してくれると思います。
ちなみにこのバトルの相手は、いつかのイベントの時の人魚のお姉さんです。
美人さんではありますが、例の殺し屋を持っているから注意!

キュクちゃんが使う呪文はペンデクだけではありません。
必殺のアルゲイズが炸裂しました!
相手は水中を泳ぐ魚ですが、地割れに呑み込まれて即死です。
他にもラバラドを使ったり、フィーリドでHPを回復させたり。
もちろん大破壊鎚を振り回して大暴れすることも。
本当に多彩なスキルを見せてくれますね。
そんなキュクちゃんの活躍もあって、遺跡の1階部分はマップが埋まりました。
次のフロアは、何やら仕掛けがあるようですが?

7月5日
*威張った人は嫌いです*
今日は軽く流していきたいエルミゴシックです。
館にて闇の神官を撃破するところまで進みました。
が、この館にはまだイベントが残っています。
先に進む前に、それを回収してしまうことにしましょう。
本日の担当は、すべてチームサンダーです。
まずは万病を治す薬から。
これは館の地下2階。
先日私が、入れないんだけど・・・とか寝言を言っていたエリアにありました。
しかし実際は、地下1階から普通に梯子で行けましたね。
梯子の場所はチェックしていたのですが、それを使って下へ行くのを忘れていたという(爆)。
キメラなどを倒して秘薬をゲット、ついでにマップも埋めておきました。
問題は、この薬を誰に渡すか、なのですが・・・

元々の依頼主は、この金持ち風の男でした。
しかし、男の威張った物言いが癇に障りますよ?
「アンタ、気に入らないね」
男に対して啖呵を切ったのは暗滅姫(仮)こと十六夜さん。
メンバー全員がそれに賛同し、この男には薬を渡さないことになりましたとさ。
そして薬の行方ですが、寺院にいた貧しい男に渡すことになりました。
こちらの貧しい男も秘薬を求めていたんですね。
男はお礼にと、初恋花×9をくれました。
や、それを持ってるくらいなら、普通に薬が買えたんじゃないかなあ・・・
もうひとつ、館では壊れた人形に関するイベントもありました。
そちらは、例によってフラグ立てがちょっと複雑で。
攻略本を参考にさせてもらいました。
これらのイベント、本筋とは関係のないオマケ的なものです。
だから無理に回収する必要もないんですけどね。
フラグ立てが複雑だったりとか、マップを埋めていても仕掛けに気付かなかったりとか。
攻略情報に頼らずに自力ですべてサブイベントを回収するとなると、結構大変なんだろうなあ。

一方こちらは、リストには乗らない酒場のトラブルイベントです。
腹黒冒険者たちが、妖精を使って酒を盗もうとしていたようで。
その現場を押さえて、女将に突き出したところです。
この酒場、女将がいたんだ(笑)。
ずいぶん長いこと通ってますが、初めて顔を拝見しましたよ。
そして今後いつまた会えるか分からないので、画像をアップしておきます。
そこっ、どうせなら若い女の子が良かった・・・とか言わない!(笑)

最後はイベントではありませんが、この画像を。
忍者のエアリーがレベルアップ寸前だったのですが、体力が16しかないことに気付きました。
そこで、錬金呪文のプリテクトラットを使って体力を上げ、HPの大幅上昇を狙います。
結果、今回は10ポイントアップ+体力がもうひとつ上がって18になりました。
次のレベルで更に期待ですね。
それにしても、ねえ。
この呪文で年齢を下げることができれば、加齢問題はずいぶん軽減したんでしょうけどね。
ホートルットのフラムさん、もう35才ですよ。
魔法学園の制服が痛くなる前に(笑)、どうにか若返りを実現させたいものです。

7月4日
*少年も、爺さんも*
本日のエルミゴシック、ネタバレ有りですのでご注意を。
引き続きチームファイアーが館の地下3階を探索します。
忍者に泣かされたり、ドラゴン相手に苦労したりと。
散々な目に遭いましたが、どうにかスイッチを入れるところまでは辿り着きました。
が・・・
これまで4つのスイッチを入れたはずですが、マップ中央への扉は開かないまま。
既にマップはあらかた埋まっているので、スイッチの見落としかと思います。
こういうのが一番厄介なんですよねえ。
マップを見直して、怪しい場所へ飛んで再調査。
そこでスイッチひとつを発見。
幸いと言いますか、スイッチの場所はマップ上で対称の位置にあるようです。
なので反対側のスイッチを入れるも、問題の扉はやっぱり開きません。
んー・・・
スイマセン、攻略本を見させてください(謝)。
これでようやくすべてのスイッチを入れることができました。
マップを埋めている間に、メンバーも一通りレベルアップしましたから。
以前はスルーしていたのですが、今回はスイッチの前でウロウロしていると敏感に反応しますね。
スイッチの発見も、やはりレベルが影響しているようです。
ついでですが、南側に入れないと言っていた地下2階。
地下1階から進入ルートがあったようです。
後でそちらも確認しておきましょう。
そんなこんなありまして、ようやくマップの中央部へ辿り着きましたぜ。

ご丁寧な自己紹介、ありがとうございました。
と言う訳で、この人が問題の神官です。
どうやら、怪しい儀式の真っ最中だったようで。
当然のことながらバトルです!

ウルム・ザキールは、自らの姿を魔物に変えて襲い掛かってきました。
が、開幕早々、セインの奏でる眠りの竪琴でぐっすりとお休みに(笑)。
以下、最後まで目を覚ますことはありませんでしたとさ。
ちなみに後ろにいるジョーカーは、ラウドの反射結界で自爆してました。

王宮にて事の次第を報告すると、色々あって行けるダンジョンが更に増えました。
ついにモンスター警報が5ですね。
大変そうですが、じっくりと取り組んでいきましょう。
にしてもさ・・・
パッケージを飾った謎の少年も、サブタイトルに名を連ねた爺さんも。
両方いなくなっちゃいましたねえ。
あれえ?

7月3日
*呪文封じは辛いよ*
こんなタイトル、以前も使ったことがあるような? なエルミゴシックです。
引き続いて館の地下2階ですが、これと言ったものもないようです。
何よりマップの南側半分くらいが未踏破状態。
一応壁沿いに一通り調べてみましたが、シークレットドアの類はありませんでした。
下から戻るパターンもありますから、気にせず先へ進みましょう。

そして地下3階、最初にここを訪れたのはチームサンダーでした。
実はこのフロア、階段を下りていきなり呪文封じになっていました。
ひとつ目の扉を開けたところで何気なくマップを開くと、早速壊れるし。
呪文封じなのでペンデクで修理できないし、もちろん呪文でマップの確認も不可。
一瞬方向感覚を失って焦りつつも、落ち着いて戻りますよ。
ここで一度帰還して、対応策を考えます。
マップが壊れるとマズイので、複数持っていきましょう。
そして呪文封じの中で戦えるパーティは、ドランがブレスを使える男子チームが適任かと思います。
まあなんだ、「男は辛いよ」って国民的映画もあることですし。
辛いところは男連中にお任せしちゃいましょう(笑)。
と言う訳で、チームファイアーが地下3階へ出撃します。
マップの北側は、幸いにも呪文が使えるエリアでした。
フロアマスターに気を付けつつも通路を移動、スイッチ二つ入れておきます。
しかし問題なのが南側。
こちらは、2×2の部屋が(多分)ひし形に配列されているようです。
もちろんバトルもありますよ。
グループ攻撃ができるドランのブレスは、やはり強力な武器になります。
そしてもうひとつ、男子チームのみが使えるスキルがありますよね。

遊楽者のセインが使うタロットです。
これなら呪文封じの影響も受けませんな。
最近は、中立メンバーがパワーアップする節制のカードを使うことが多いです。
これならたとえ失敗しても影響ないし。
ベアさんとシン君の攻撃力がアップするので、戦いはかなり楽になります。
一応魔術師のジェイクもパワーアップするのですが、呪文封じなので意味ナシ(笑)。

もうひとつ、こんな芸当もありますぜ。
巫と遊楽者は楽器演奏ができますから。
ラウドとセインのイケメン二人が、眠りの竪琴で敵を眠らせてしまうことも可能です。
さすが、イケメンは楽器くらい演奏できなきゃね。
ただ、楽器は簡単に壊れちゃうんですよねえ。
呪文封じの中では、壊れたからってすぐに修理できる訳でもないですから。
こちらのほうは、あまり使い勝手が良くないかもしれません。
それでも、どうにか東側半分を突破してスイッチを入れるところまでは行きました。
あとは西側なんですけどね・・・

チームファイアーの前に、忍者集団が立ちはだかりました!
数がものすごく多いです。
忍者の皆さん、バトルスタートするや否や次々と隠れてしまいます。
繰り返しになりますが、呪文封じエリアでのバトルですから・・・
ラミアーフで隠れるを解除することも、マハマハでトンズラすることもできません。
成す術なくあたふたしているうちに、忍者の皆さんが襲い掛かってきたりして。
これはさすがに無理(泣)。
いやー、どうにもなりませんでしたな。
どうでも良いのですが、シュリケンのネーミングセンスがなかなか愉快です(笑)。

7月2日
*金槌を持ったネコ*
さあさ、今日のエルミゴシックはこちらですよ。
早速ですが、チームアイスで館の地下へ行ってみます。
地下に下りて歩いていると、気配がして振り返るけれども姿は見えず・・・みたいな?
まるで、「シ○ラ後ろー!」的なイベントが発生(?)します。
これは軽く流して、と。
あとは、各種族の皆さんのご遺体が置かれていたりして。
この辺り、なんだか遊園地の幽霊屋敷みたいですな。
や、幽霊屋敷なんて入ったことはないけどさ。
そんなこんなで、地下2階への階段を確保しています。
レベル的に立ち遅れていたアイーシャ様ですが、ようやくレベル16になりました。
三人の魔術師の経験値をできるだけ揃えるようにするのが、3パーティ同時進行のコツでしょうか。

で、ここからが本題ですよ。
既にお話ししているように、マナちゃんがキュクロプスのキュクちゃんを捕獲しています。
その戦いっぷりを見ていて、気になることがひとつ。
大破壊鎚が欲しい・・・
ゴシックでは、モンスターの武器が打撃とか斬撃なんてものになっている場合が多いようです。
そんな中にあって、キュクロプスの武器は大破壊鎚ですから。
これは気にならないはずがありませんよね。
ただ、盗賊のシン君が盗みをできるようになるには、まだ時間が掛かります。
となればここはマナちゃんの出番でしょう。

いとも簡単にキュクロプスの二体目を捕獲したマナちゃん、魂の盟約で冒険者にしちゃいますよ。
エルミ3では、元モンスターの冒険者の顔グラがマークでしたけどね。
ゴシックではちゃんと顔グラが表示されています。
愉快な二つ名が無くなったのは残念ですけどね。
今回は育てるわけではなくて、申し訳ないのですがアイテムをいただくだけになりそうです。
こうして手に入れた大破壊鎚、攻撃力もさることながら、首切り抵抗15%が付いていました。
特に呪われたりとかしていないのも嬉しいポイント。
僧侶も装備できるのですが、ここはやはり闘士の凛に持たせたいところです。
と言う訳で・・・

大破壊鎚を振り回しながら大暴れするネコ娘の図(笑)。
このバトル、敵のキュクロプスと凛が持つそれぞれの大破壊鎚が乱舞する大激闘でした〜。
闘士の凛、攻撃力は全メンバー中ナンバー1かと思います。
ちなみに、召喚モンスター枠がゴーストヴァルキリーになってます。
マナちゃん絶好調ですな♪
霊ヴィッフィをする機会があれば、うまく活用したいところです。
そして、宝箱から出た戦利品の中に、こんなモノがあったんですけど・・・

カメ吉ー!
や、これを見た瞬間、本当にこう叫んでしまいました。
まさか、ダイヤモンドコロニーという名称のアイテムがあるとは思っていませんでした。
このアイテム、御覧のように各属性抵抗が20%。
更に全ての特殊抵抗にも、それぞれ20%付いている優れものでした。
装備できる職業が限られていて、チームアイスメンバーは誰も使えませんから。
ここはドランに渡して、将来的に法院保護区の足しにしておきますか。

いやー、盛り上がってきましたね。
どうしよう、ゴシックが面白すぎる(笑)。

7月1日
*乙女の敵の黒いアレ*
7月になりまして、2012年も下半期。
今月もエルミゴシックフル稼働かと思います。

教会地下の探索が終わり、邪悪な神官の館の探索を命じられたところまででしたね。
この神官、名前を「ウルム・ザキール」といいます。
そうですね、ゴシックのサブタイトルにもその名が付いている有名人じゃないですか(笑)。
教会攻略に尽力した男子チームはお休み、女子チームを交代で出撃させますよ。
ここは館なだけあって、建物の構造もいたってシンプルでした。
大樹や鍾乳洞を歩いた後だと、物足りなく感じるんじゃないかな。
まずは地上1階部分。
入り口からまっすぐ進んですぐに上への階段発見。
歩く距離が短いのに感動です。
階段の裏、フロアの中央部に爺さんがいて、鍵の掛かった本を探してこいと命じられます。
まずはそれを探すところからですね。
昨日予告しましたが、ここでマナちゃんが新たな召喚モンスターを捕獲できました。

キュクロプスという、一つ目巨人の女の子(笑)ですね。
そのキュクちゃん(命名byマナ)、なかなか多彩なスキルを見せてくれます。
大破壊鎚を振り回しての連撃や、魔&錬金呪文など。
必殺のゼオナダルも使っちゃいますよ!
HPも高いので、ヴィッフィを入れて盾にすることもできますね。
ただ、バトル中にペンデクを唱えた時は吹きました。
や、しょっちゅう壊れるピッケルの補修のために、ペンデクは重要な呪文ですけどね。
何も慌ててバトル中に使う必要はないんじゃないかなあ・・・
そんなこんなで1階部分は歩き終わりました。
マップを埋めるだけなら、本当に1時間も掛かりませんでしたね。

で、2階です。
1階では目的の本が見つからなかったので、ここで発見にこぎ着けたいところですな。
マップの西側部分はスイスイと埋めて東側へ。
こちらは小部屋が大量にあって、爺さんからもらった鍵でひとつひとつ開けていくことになります。
そこでは、かなりの部屋でバトルが発生するのですが・・・
放置されていた館なだけあって、アレが大量に発生するんですよ。
そう、乙女の敵の黒いアレです。

アルティメットな黒いアレが飛び回ってます!
綺麗好きな乙女にとっては、鳥肌ものの許しがたい惨状ですな。
必死に駆除に務めますが、黒いアレは大量に仲間を呼ぶから始末に負えません。
十六夜さんが呪文を唱えても、仲間を呼んで後ろに下がられると悲しくなります。
この画像、鷹羽さんがドワーヴンハルバードを振り回しています。
エルフなのにドワーヴンとはこれいかに?
今までの殺し屋と比べて、ダメージならこちらが上。
ただ、命中精度は殺し屋が上ですから。
エルフ故に力が弱い鷹羽さん、ダメージを取るか命中を取るか難しいところです。
さて。
悲鳴を上げながら大量に呪文を消費して、ようやくのことで黒いアレ退治も完了。
しかし獲得できる経験値は、エルミ3の時よりもかなり少なくなっているようです。
これはちょっと割に合わないなあ。
と言う訳で。

地を這う黒いアレを見て、一目散に逃亡する乙女の図(笑)。
もう最後は駆除するのも諦めました。
小部屋の中に何も無ければ、トンズラしちゃっても別に構わないかな、と。
で、小部屋の中のひとつに、問題の本を隠し持っている魔物がいました。
これは軽く蹴散らしてしまいますよ。
って、イベントバトルなのに画像もナシのスルーなんですね。
バトル後、手に入れた本を爺さんに届けると、爺さんは神様にまつわる話を残して立ち去ってしまいました。
爺さんが退いた通路の先には、地下への階段がありましたが・・・さて?

(c)2012 STARFISH-SD inc.