電験3種の勉強法や試験問題と予想問題集

電験3種を受験したことのある人の話しを聞いてみると、試験は毎年計算問題が多く出題され半分以上を占めているそうです。計算が6割、文章問題が4割で出題されるそうです。難易度を考慮して計算問題に重点をおいて学習したほうがいいという人がほとんどでした。電験3種の試験は択一式の試験なので、文章問題はそれほど難しい問題ではないようですが、計算問題は正確に公式を覚えて、使いこなせるようでなければ合格は難しいそうです。始めて受験する人はとにかく両方に必死になってしまい、学習時間が足りなくなってしまう傾向にあるようです。コツを知らずに必死に勉強をしても、学習効率が悪くなり電験3種の試験が非常に難しいものになってしまいます。文章問題は1ヶ月くらい前から目を通す程度の学習方法にして、計算問題に力を入れて勉強したほうが、合格率は高くなります。攻略する技術を覚えて勉強をしましょう。電験3種は出題される範囲が広いので、重点をおいた勉強方法が重要となるのです。出題頻度の高い項目を学習するようにして、合格へのチャンスをつかむようにしましょう。頻度の高い項目を学習することにより正解の精度は徐々にでも上がってくるものです。

電験3種の合格率や難易度や免状

電験3種の試験は、筆記試験だけの試験で受験資格は特になく、誰にでも受験することができるものです。最近では資格を取り就職や再就職に役立てようと、多くの人が受験するようになりました。試験のレベルとしては工業高校の電気科程度といわれていて、電気の知識がなくても手の届く資格といわれていますが、決して簡単な試験ではありません。電験3種の試験は毎年8月に一度だけ行われています。専門的な技能は必要ない試験といわれています。4科目受験を行い各科目60点以上で合格となります。電験3種の試験は1回の試験で4科目全てに合格する必要はありません。1度合格した科目は2年間合格記録が残り、改めて試験を受ける必要がありません。科目合格留保制度という方法をとっています。つまり1度で合格しなくても、3回の受験で4科目合格すれば免状が取得出来るというわけです。1度で合格したほうが学習も1度で済みますが、あせる必要はありません。合格した科目が留保されている間に、電験3種を受験して4科目揃えればいいのです。力が入りすぎては上手くいかない時もあります。3年かけて合格しようと、肩の力を抜いて受験したほうが、案外すんなり1度で合格するかもしれませんよ。

電験3種の勉強法と参考書・通信教育テキスト

電験3種は、電気技術者の登竜門ともいわれている試験です。電験3種の試験は電気そのものの知識よりも、数学力が合否を決めるといわれる試験でもあります。計算問題が大半を占めていて、電気の8割は数学だと言う人もいるほどです。電験3種の試験を受けるなら、三角関数の勉強は必ず行いましょう。高校1年程度の数学力があれば十分な試験といわれていますので、高校時代に数学が得意だった人は、知識がなくてもスムーズに合格できるかもしれません。数学が苦手だったという人はとにかく計算に力を入れて重点を抑えた勉強をしましょう。電気主任技術者試験第3種、通称で呼ばれることが多い電験3種は、使われる数学のパターンが決まっています。パターンをマスターしてコツを抑えて勉強をすれば、決して難しい試験ではありません。とにかく数学に力を入れて学習するようにしましょう。電験3種の受験者は、毎年5万人を超えていて、大変注目されている資格と言えるものです。就職に役立つ資格として人気を集めていますが、数学問題が多いためか、合格率は10%ほどといわれています。3年以内に4科目合格すればいいという試験なので、厳しい試験ですが諦めずに受験しましょう。

Copyright © 2008 電験3種の試験勉強法・参考書や合格率・難易度&受かる過去問題集