自然のフォトエッセイ

山高神代桜


 満開の報に合わせて、山梨県北杜市の山高神代桜を見に行った。
 
 神代桜は、北杜市武川町山高の農村地帯にある。その辺りはなだらかな平地で、開放的な場所だ。標高は600mぐらいか。山梨県だけあって、遠方に雪を被った山並みが見える。薄曇りながら暖かい春の日とあいまって、清々しい気分が味わえた。
 
 当日は満開の日曜日だったので、大勢の神代桜目当ての観光客で混んでいた。ただ、人が多いにもかかわらず、車の渋滞はさほどでもなかった。駐車場に入るのに5分ぐらい待っただけだった。バスで来る団体の観光客が多いためだろう。露店も何軒か出ていて、農村の中のさくらのある一角だけが、いかにも花見に沸き立つ賑わいだった。

 神代桜は実相寺という寺の境内にある。桜の背後には多数のスイセンが植えられている畑が広がっている。黄色いスイセンが満開だった。周りに桜を遮るものが無いので、四方からよく見える。桜にとっては日当たりのよい環境だ。実相寺の辺りは、境内を中心にして、神代桜以外にも見応えのある桜が何本もある。それらは神代桜と同じヒガンザクラの系統だろう、だから幸いなことに一斉に満開になっていた。
 
 樹齢2000年ほどという先入観があると、始めて見た人は、神代桜に戸惑うかも知れない。主幹が根元から折れて、意外に小さいからだ。名前の有名さと不似合いな思いを持つかもしれない。枝もほとんど残っておらず、2本の大きめの枝が横に伸びているだけだ。その枝に、白めの花が満開だった。生き生きした花の部分だけを見ていると、それほどの老桜とは思えない。ただ、根元はさすがに太く、根回り11、8mとのこと。樹皮には複雑な凹凸が深く刻まれていて、確かに途方もない樹齢を感じさせる。ただ、主幹が折れてなくなっているために、迫力に欠けることは如何ともしがたい。 

 現地で販売されていた、北杜市教育委員会発行の神代桜のパンフレットを読むと、桜の極盛期は明治の初めごろだったようだ。そのころの写真を見ると、薄墨桜に匹敵する規模をもっていたようだ。それが、大正11年に国の天然記念物に指定されてから、石の柵を作ったり、車が近くを多く通るようになったりして環境が悪化して衰弱が始まったとある。そのうえ、昭和34年の台風で主幹が折れて、現在のような状態になったとのこと。

 現在は、極盛期の勇姿からすると、殆ど瀕死の状態と言ってもよいだろう。地元では、周囲の土壌を改良したり、根の手当をしたり、枝を支えたりして、回復に手を尽くしているようだ。その成果があって、根が伸びて、樹勢か回復してきているとのこと。順調に回復して極盛期に近い姿にまで戻ったら、それこそ奇跡だ。ただし、回復したとしたとしても、その姿を現在生きている人間は誰も見ることができない。植物の時間とはそのようなスケールの大きなものだ。

 神代桜はエドヒガンザクラだ。エドヒガンザクラは長寿だ。だから、当然巨木になる。しかも、複雑に枝をうねらせるため、樹形に尊厳がある。杉やクスノキも長寿で古木になるが、桜に比べてもう一つ老いの気品がない。このことは、似たような花木の梅や桃に比較すしても分かる。満開の花の見事さは梅や桃も同じようなものだが、桜ほど気品のある樹形をした長寿の古木は見たことがない。桜が平安時代以降、梅に取って代わって花の代表になったのはこの辺りに最大の理由があるような気がする。だから、花の見事さだけでなく、その樹形による気品を愛でるのも花見の要点だ。満開の一本桜を見る時は、一つの巨大な生き物として、そんな気持で鑑賞している。

 いくら長寿と言っても、やがて樹勢は衰え、その形態に衰えが来る。しかし、衰え始めてから桜の真骨頂の魅力が現れる。老いが進むと、黒ずんだ太い幹の樹肌に深いしわが刻み込まれる。このしわがすばらしい。薄墨桜の幹はこの典型のものだ。老いが進むと、弱った主幹が風などで折れてバランスを失った姿になる桜が多いようだ。しかし、逆にそれが歴史を経た老いの尊さを感じさせる。こんな老いる尊さを体現する樹木は桜を措いて他にない。

 杉などの針葉樹や、広葉樹でもブナなどの大木は、樹勢が衰えて折れる時は根元で折れるようだ。このような木は根元には枝がないから、残った株に枝が残らず、死ぬしかない。そのようにして朽ちて天寿を全うした大木を何本か見てきた。しかし、桜は主幹が折れても根本に枝が残ることがある。枝が残れば葉がつくから、生きながらえる可能性がある。そのようにして生きてきた姿にこそ、遙かな時を生きた尊厳が表れている。神代ザクラはそこを見るべきだろう。今ある形態から長い歴史と、その歴史を生き抜いてきた生命力の尊厳を感じ取るべきなのだろう。

 神代ザクラのすぐ横に、樹齢100年ほどの、今まさに盛りといったエドヒガンザクラがある。真偽のほどは分からないが、神代ザクラの子どもだという。ついそちらの華麗な姿に目がいきがちになるが、神代桜とは見るべきものが違うということだ。老いの気品の上に、なお花を咲かせる生き方が、人間にもできるだろうか。

・交通方法
 中央高速道路  諏訪方面からだと、小淵沢ICか、長坂ICか、どちらで降りるか迷うが、長坂ICが近い 長坂ICから現地まで20分ぐらい 道は比較的分かりやすい。
・有料駐車場はすぐ近くにある。