学習法の違いで勉強の成果は格段に変わる!

勉強してあらゆることを学ぶのは、人生において非常に意味のある行為。
けれども、小学校や中学校では国語や算数、理科社会といった科目は生徒に熱心に教え、肝心のどう学べばよいか、その方法については詳しく指導しない。
これでは非常に効率も悪い。

当サイトは、

  • どうやって学習していったらいいの?
  • 頑張っているのにイマイチ効果が現れず成績も上がらない!
  • やる気がでず、逃げ出したい!
  • 英語力をもっとつけたい!

というような悩みを抱えている方々に対し、私の経験から手助け、バックアップします。

基本は本人の努力次第!何事も!

テストでよい点を取れなかったり、成績が悪かったとき、
「自分は頭が悪いから仕方がない!」と開き直ってしまう方がいます。

けれどそれは基本的に間違っている。
人間の脳はほぼみんな同じ、皆平等であるから。

ただ、そこから差が生まれるのは本人のやる気、どれだけ頑張ったかの努力の差。

もっと深く突き詰めれば、どれだけ勉強に対して意味を見出せたか。
そしてなんといっても興味をもつ、好きになる事。

そのためには良い学習サイクルを回せば良い。
頑張れば頑張った分、その結果がテストや試験で良い成績を修めるといった
喜びの報酬や、成果をまずは一度手にする。
成長している自分を知ることです。

それを実感するための最初の一歩は効率的な勉強法を心がけ、学ぶことが自分にとって負担にならないと思える気持ちです。

新着情報

さぁ!皆さん気合入れていきましょっ!

やればできる!