更  新  記  録
陰謀カレンダー 参照一覧020


HOME 掲示板 管理 English
参照 1 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

陰謀カレンダー9月30日
石原 慎太郎

■暦 ■年■月■日 ★■
西暦 1932年9月30日 ★桜田門事件の犯人李奉昌イ・ボンチャン)/rp>に死刑判。
★(誕生)石原慎太郎、小説家・政治家、東京都知事。
■暦 ■年■月■日 ★■

■暦 ■年■月■日 ★■
西暦 1942年9月30日 ★東京新聞創刊。
(東京都知事石原慎太郎の10才の誕生日)
■暦 ■年■月■日 ★■
■暦 ■年■月■日 ★■

■暦 ■年■月■日 ★■
西暦 1962年9月30日 ★ミシシッピ大学に初の黒人学生入学。
(石原慎太郎東京都知事の還暦30才の誕生日)
■暦 ■年■月■日 ★■

■暦 ■年■月■日 ★■
西暦 1992年9月30日 ★日本最初のホームページが公開される。
(石原慎太郎東京都知事の還暦60才の誕生日)
旧暦 1992年9月30日 ★リトアニア共和国憲法が国民投票で承認。
(石原慎太郎東京都知事の還暦60才の誕生日)
■暦 ■年■月■日 ★■
■暦 ■年■月■日 ★■

■暦 ■年■月■日 ★■
西暦 2002年9月30日 ★第1次小泉改造内閣発足。
(石原慎太郎東京都知事の還暦70才の誕生日)
■暦 ■年■月■日 ★■

■暦 ■年■月■日 ★■
■暦 ■年■月■日 ★■
■暦 ■年■月■日 ★■

 ■■■


陰謀カレンダー1月1日
ハイチの歴史

ハイチの歴史は、日本がハイチを完全な秘密の植民地にしてきたこと、天皇一族が心の底から黒人をバカにしていることを露骨に物語る。

旧暦 1803年11月19日 ハイチがフランスから独立。初の黒人国家に。
西暦 1804年1月1日

西暦 1863年11月19日 リンカーンの民主主義の演説が行われる。
初の黒人国家ハイチの独立60周年記念日
旧暦 1864年1月1日 ★(誕生)川上音二郎おとじろう)/rp>、「オッペケペー節」のお笑い芸人。
初の黒人国家ハイチの独立60周年記念日

西暦 1911年11月11日 ★(死亡)川上音二郎おとじろう)/rp>、「オッペケペー節」のお笑い芸人。
米国中西部で大寒波

西暦 1951年7月3日 ★(誕生)ベビー・ドク、ハイチの大統領・独裁者。
日本初のソフトクリーム店が明治神宮外苑にオープン。

西暦 1971年3月26日 東パキスタンがバングラデシュとして独立宣言。
旧暦 ベビー・ドクがハイチの大統領に就任。
シアカ・スティーブンスがシエラレオネ初代大統領に。
西暦 1971年4月21日
旧暦 1971年5月11日 ★東亜国内航空YS-11ばんだい号墜落事故
★(誕生)ジュリアン・アサンジ、ウィキリークス創設者。
ハイチの大統領ベビー・ドクの20才の誕生日
西暦 1971年7月3日
旧暦 1974年5月11日 キング牧師の母アルバータさんが暗殺される。
★上野動物園のおサル電車廃止

旧暦 1990年5月11日 ★「ソフトクリームの日」が制定される(日本)。
日本初のソフトクリーム店オープン39周年記念日
ハイチの大統領ベビー・ドクの39才の誕生日
西暦 1990年7月3日

西暦 2011年11月11日 読売ジャイアンツ清武英利きよたけ ひでとし)/rp>による渡邉恒雄わたなべ つねお)/rp>告発問題。
お笑い芸人川上音二郎おとじろう)/rp>の没後100周年記念日
米国中西部の大寒波100周年記念日



陰謀カレンダー7月22日
インドの大統領プラナブ・ムカジー ナチスの国旗

日の丸

ヒンドゥー教の逆卍ぎゃくまんじ)/rp>
アメリカの大統領選挙を検証していたら、インドの大統領選挙が飛び込んできた。さらに検証を進めると、見事なまでに「しりとり」になっている。つまり、2011年12月のロシア下院議員選挙から2012年11月のアメリカの大統領選挙まで主要な選挙がしりとりになっていた。

だが、日付の語呂合わせはとんでもない結果を示した。結論から言えば、インド政府(インド国民会議)は、日本が作り上げた裏切り政府だった。

インドのムカジー大統領は、誕生日が「ナチス」と一致する。しかも、その一致は「ユダヤ暦」で一致する。また、政権与党のインド国民会議は、その設立が日本の陰謀を強く示している。そこから読み取れることは、インドでの戦闘開始仏教のほめ殺しだった。

インドは、国家建設の最初から日本の傀儡国家であり、事実上日本の秘密の植民地であった可能性が極めて強い。
関ヶ原古戦場

奈良の大仏

そして、ナチス・ドイツは日本とインドの合作であった可能性が強い。

    ■ 年表

西暦 746年11月23日 奈良の大仏の燃灯供養(大仏鋳造の原型が完成)。
旧暦 1180年12月28日 南都焼討なんとやきうち)/rp>(奈良の大仏など破壊)。

旧暦 1600年9月15日 関ヶ原の戦いが行われ徳川家康率いる東軍が勝利。

西暦 1885年9月15日 ★P・T・バーナムの興行列車事故で象のジャンボが死亡。
西暦 1885年11月23日 ★大阪事件。自由民権運動の激化運動。
旧ヒンドゥ太陽暦
4986年9月15日
★第1回インド国民会議開催。
関ヶ原の戦い285周年記念日
奈良の大仏の燃灯供養1139周年記念日
南都焼討705周年記念日
旧暦 1885年11月23日
西暦 1885年12月28日

西暦 1935年9月15日 ナチス・ドイツにおいてニュルンベルク法制定。
ハーケンクロイツ旗が正式にドイツの国旗になる。
ユダヤ暦 5696年9月15日 ★(誕生)プラナブ・ムカジー、インドの大統領
関ヶ原の戦い335周年記念日
第1回インド国民会議50周年記念日
西暦 1935年12月11日

西暦 2011年12月4日 ロシア下院選挙。与党統一ロシアが議席を減らす。
旧暦 ★北朝鮮の最高指導者金正日キム・ジョンイル)/rp>の葬儀が執り行われる。
西暦 2011年12月28日
旧暦 エジプト議会選挙で自由公正党が第一党となる。
アイヌ民族党が結党。
西暦 2012年1月21日
旧暦 東京ゲートブリッジが開通。
西暦 2012年2月12日
旧暦 ロシアの大統領選挙で、プーチン首相が当選。
西暦 2012年3月4日
旧暦 梁振英りょうしんえい)/rp>香港特別行政区行政長官選挙で当選。
西暦 2012年3月25日
旧暦 金日成生誕100周年
タイタニック号が沈没してから100周年
西暦 2012年4月15日
旧暦 野田第2次改造内閣が発足。
西暦 2012年6月4日
旧暦 インドで大統領選挙、プラナブ・ムカジー当選
西暦 2012年7月22日
旧暦 ★大阪市長の橋下徹はしもと とおる)/rp>新党「日本維新の会」結成発表。
西暦 2012年9月8日
旧暦 米大統領選挙の最後の討論会がフロリダ州で開催。
西暦 2012年10月22日
旧ヒンドゥ太陽暦
5113年7月22日
米大統領選挙、上院、下院各選挙投票日。
西暦 2012年11月6日



陰謀カレンダー11月14日
中東情勢最大の危機が到来! イスラエル軍が戦線拡大する本当の狙いとは
JBPRESS 2012.11.21


しばらく大きな軍事衝突が回避されてきたイスラエル・パレスチナ紛争だが、11月14日、イスラエル軍とパレスチナ組織「ハマス」との戦闘が一気に激化した。イスラエル空軍は連日ガザ地区を大規模空爆し、19日朝までにハマスの軍事拠点や政治施設など計1350カ所もの目標を攻撃(イスラエル国防軍発表)。さらにハマス軍事部門幹部を狙った暗殺攻撃も実行した。結果、19日夜までに、巻き添えの市民を含め、108人もが殺害されている(ロイター通信)。

 ハマスもやはり連日、数十から百数十発ものロケット弾をイスラエルに撃ち込んでいて、その総数は19日夜までに約650発に達した(イスラエル国防軍発表)。イスラエル軍は対砲迎撃システム「アイアンドーム」でそのうち約340発の迎撃に成功したが(同)、イスラエル側でも3人の市民が犠牲になっている。

 ハマスのロケット弾は主要都市のテルアビブやエルサレム郊外にも到達しており、イスラエル側の危機感はこれまでになく強い。イスラエル軍はすでに境界付近に地上部隊を集結させ、大規模な侵攻の準備を着々と進めている。エジプトや欧州諸国が調停に動いているが、両者ともに攻撃の手は緩めておらず、今後の予断は許さない情勢だ。

 戦力比から圧倒的にパレスチナ側の被害が大きくなっているが、実は、そもそも今回の衝突の引き金を引いたのは、パレスチナ側である。11月10日より、ガザからイスラエル側へのロケット弾攻撃を始めたからだ。

 しかし、パレスチナ側からのこうした攻撃は、過去にも起きていたことである。イスラエル軍はその都度、限定的な報復攻撃をするのが常で、つい最近も10月下旬にこうした応酬が発生している。

 今回、イスラエル軍は同12日からガザへの空爆を断続的に行っていたが、14日に「防衛の柱作戦」(Operation Pillar of Defense)を発動し、一気に作戦規模を拡大した。特に同日にハマスの主要軍事部門「イッザルディン・アル・カッサム旅団」の最高幹部の1人であるアハマド・ジャバリ司令官を、移動中の車両を狙い撃ちして爆殺したが、これが両者の攻撃の応酬を一気に加速させた形になった。

 つまり、(1)パレスチナ側が先にロケット弾攻撃を仕掛けた、ことと(2)イスラエル軍が過剰な報復に出た、ことの2点が、今回の紛争激化の主要因となったと言える。

パレスチナはなぜイスラエルを挑発したのか?

パレスチナもイスラエルも、なぜ今このような行動に出たかについては、複雑な要素がある。イスラエル側については、2013年1月に選挙があるため、ネタニヤフ政権が強硬姿勢をアピールしようとしたとの説がある。これはおそらく要因の1つである。

 パレスチナ側はもっと複雑だ。まず、最初に攻撃を仕掛けた勢力が、ガザを支配するハマスの主流派だったかどうかすらが不明だ。

 ハマスにはもともと、様々な派閥がある。概して、ガザの政治指導部は比較的穏健派が多く、それに比べると軍事部門や海外拠点の政治指導者には強硬派が多い。そんな中、軍事部門の一部が勝手に軍事行動に出ることも十分にあり得る。それでもハマス内部では、対イスラエル攻撃は“大義”のための聖戦であり、常に肯定される。


陰謀カレンダー6月29日
航空自衛隊 事故で失われたF-15J/DJ
スポッターズ的 ひこうき写真館


1981年の導入以来、事故で失われた航空自衛隊のF-15は11機(J型9機、DJ型3機)である。(殉職8名)

2011年7月5日 10時46分頃 乗員1名行方不明
第204飛行隊 F-15J 72-8879
2011年7月5日午前10時46分頃、航空自衛隊 那覇基地所属のF-15戦闘機1機が同基地の北西約180kmの東シナ海上で訓練中に消息を絶ち、海上自衛隊が周辺海域で同機の垂直尾翼を回収した。 懸命の捜索が行われたが、パイロットの行方は判明しなかった。

2008年9月11日 16時20分頃 乗員1名救助
第304飛行隊 F-15J 42-8833
戦闘機戦闘訓練中にエンジンの排気温度を知らせる警報が作動した。パイロットはスロットルを停止位置にし再始動を試みたが、必要な推力を得ることが出来ず墜落・海没した。 パイロットは緊急脱出後、出動した芦屋救難隊によって救出され無事であった。

1995年11月22日 乗員1名救助
第303飛行隊 F-15J 52-8846
小松基地北北東約165kmの海上でACM訓練中、AIM-9で模擬発射訓練を行おうとしたところ、僚機(62-8870)のミサイルが誤発射され尾部に命中した。パイロットはベイルアウトし漁船に救助されて無事だった。事故後、機体は引き揚げられ調査後にスクラップとなった。

1995年10月6日 乗員1名無事
第303飛行隊 F-15J 72-8891
夜間防空戦闘訓練のため離陸中にトラブルが発生、小松基地のR/W06の滑走路端のクラッシュバリアにヒットして約5mオーバーランして停止した。火災が発生したが数分後に鎮火。パイロットは自力で脱出して無事だった。

1993年10月6日 乗員2名救助
第202飛行隊 F-15DJ 82-8064
北海道苫小牧市の南約20kmの太平洋上に燃料系統の不良の為に墜落した。飛行中に燃料系統の異常が発見され、エマージェンシーからベイルアウトまでの約20分間の間に問題を調査した。(この時のパイロット2名の所属は飛行教導隊)墜落までの間に点検が必要な箇所を絞り込んでいた為、F-15J/DJの飛行停止期間は1日で完了した。

1992年10月27日15時25分 乗員1名殉職
第204飛行隊 F-15J 72-8884
対戦闘機戦闘訓練から百里基地へ帰投中、茨城県北茨木市沖55kmの海上に墜落した。乗員は「アンコントロール」と連絡した後、海上でベイルアウトした。漁船に救助された後に救難ヘリで搬送されたが殉職した。

1991年12月13日10時01分 乗員1名負傷
第201飛行隊 F-15DJ 12-8079
千歳基地を離陸後小松基地に向かい着陸態勢に入った時に機体後方で爆発が起こり、パイロットは高度600mでベイルアウトした。機体は小松基地北西沖の日本海に墜落した。

1990年7月2日19時24分 乗員1名殉職
第204飛行隊 F-15J 52-8857
百里基地東方70kmの鹿島灘上空の訓練空域で2対2のレーダー要撃戦闘訓練中、事故機が1万フィートから5,000フィートに降下中にレーダーから消え墜落した。

1988年6月29日16時18分 乗員2名殉職
第303飛行隊 F-15J 22-8804 22-8808
要撃戦闘訓練で回避運動中の目標2機編隊2番機と、別機を攻撃中の要撃編隊3番機が空中衝突し爆発炎上後に小松沖に墜落した。

1987年3月13日 乗員1名殉職
第204飛行隊 F-15J 42-8840
3機編隊の1番機として要撃訓練を行っていたがバーティゴに入り、百里基地の東北東130kmの海上に墜落した。

1983年10月20日18時32分 乗員2名殉職
第202飛行隊 F-15DJ 12-8053
宮崎沖で低高度の夜間訓練中に墜落した。



陰謀カレンダー4月2日
一帝二后
歴史データ館


よみ:いっていにごう

時代:平安時代以降

内容:一人の帝に后(中宮・皇后)が同時に2人いること。中宮と皇后が併設されたのは寛和2年(986)一条天皇が即位したとき、太皇太后昌子(冷泉天皇皇后)、皇太后詮子(円融天皇女御)、中宮遵子(円融天皇皇后)が揃っていた。ここに定子を入内させるにあたって、中宮遵子を皇后とし、定子を中宮としたのである。ここで中宮と皇后が別人とされた。しかしこの時点では中宮と皇后は別人であるが、一条天皇の后である定子と円融天皇の后である遵子が併設されただけで、一帝二后ではない。その後、彰子を入内させる時に藤原道長は、皇后遵子を皇太后に、中宮定子を皇后に、彰子を中宮に立て、今度は一条天皇に同格の后を配した。この時代一夫多妻は問題でなかったが、律令には一帝二后は前例がなかった。これ以後一帝二后の場合は、新立の皇后を「中宮」、先立の皇后を「皇后」と称することが慣例となった。


陰謀カレンダー4月2日
瑠璃堂
かげまるくん行状集記


瑠璃堂(るりどう)は比叡山延暦寺西塔北谷に位置する堂坊です。黒谷道が寸断される以前は黒谷青龍寺から釈迦堂に向う道に面しており、京都から西塔の中心伽藍へ向う途中にありましたが、黒谷道が寸断されたため、現在は奥比叡ドライブウェイから500mほど歩いたところにあります。瑠璃堂は織田信長の比叡山焼討ちに際して、焼け残った唯一の堂とする口碑で有名です。

近世以前の瑠璃堂

 瑠璃堂の建立時期は明確な史料がないため不明であるが、承澄(1205~82)が建治元年(1275)に編纂した図像集である『阿娑縛抄』に西塔の一堂としてみえ(『阿娑縛抄』第201、諸寺略記下、延暦寺、三塔諸堂、西塔)、また鎌倉時代の延暦寺の寺誌『叡岳要記』において、「北谷 瑠璃堂(本仏薬師)」とあることから(『叡岳要記』巻下、西塔)、少なくとも鎌倉時代には存在していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正教坊① ~西塔の再興者詮舜 その1~

 瑠璃堂は隣の正教坊の持仏堂という位置づけであった。

 正教坊は、もとの名称を石泉院といった。ここには閼伽井(あかい。仏に備えるための水をくむ井戸)があったといい、石泉水と名付けられていた。旱魃になっても涸れなかったため、霊井とされた。そのため石泉院は秘密潅頂道場となり、また千日回峰行の行門室であった。

 この正教坊における信長の比叡山焼討ち以前の様相はほとんど知ることができないが、詮運(生没年不明)が天文22年(1554)頃に正教坊に住していたらしく、後の詮舜(1540~1600)が14歳の時に詮運のもとで得度している(「舜公碑銘」)。

 信長の比叡山焼討ち後に、正教坊の再興第一世となったのが詮舜である。この詮舜は正教坊のみならず、焼討ち後に比叡山の復興に尽力し、とくに西塔の復興を果たした人物であり、瑠璃堂の側面には詮舜の生涯と功績を記した碑文「舜公碑銘」が亀趺石の上に建てられている。これは詮舜示寂後137年後の元文2年(1737)に建てられたもので、公家の花山院常雅(1700~71)・八条隆英(1702~56)によって撰述された。碑文自体は『天台霞標』3編巻之3(『大日本仏教全書』第125冊)にも収録されている。

 詮舜は俗姓は藤原で、近江国滋賀郡(現、滋賀県大津市)に生まれた。先祖は武蔵国児玉の人で、正慶・建武年間(1332~38)に戦乱を避けて近江国に移ってきた。豈の賢珍は先に出家していたから、詮舜が出家の意志を示すと、父に反対された。そこで詮舜は父に衰えた天台教学を復興すると志を述べたから、父は感動して出家を許した。14歳の時、西塔の正教坊詮運のもとで出家・受戒し、顕教・密教を兼学し、少しも怠ることはなかったが、当時周囲の僧はすでに放埒の者が多く、時の比叡山は道を志す者とよこしまな者が混在する有様であった(「舜公碑銘」)。詮舜は元亀2年(1571)に回峰行の苦行を行なっている(『西塔堂舎並各坊世譜』正教院)。

 元亀2年(1571)の信長の比叡山焼討ちに際しては、比叡山より逃れて観音寺に寓居した。ここで比叡山復興を誓い、志を同じくする者たちが集まった。たまたま兄の賢珍が豊臣秀吉のもとに仕えていたが、弟詮舜を呼び寄せてみると、秀吉は詮舜の勇敢で潔く正直なのをみて気に入り、詮舜は秀吉に側近として仕えることとなった。同じく天台僧で秀吉に仕えていた医師がいた。それが施薬院全宗(1526~99)で、二人とも比叡山再興の志があったから、全宗は東塔を、詮舜は西塔を再興することを誓い合った。そのことを聞いた正覚院豪盛(1525~1610)もやって来て、ともに比叡山再興について協議した(「舜公碑銘」)。

正教坊② ~西塔の再興者詮舜 その2~

 秀吉が織田信雄と対立し、兵を美濃国(岐阜県)に進めると、詮舜はしばしば陣中に出入りして比叡山復興を願い出た(「舜公碑銘」)。秀吉は旧主信長の意志であったから、比叡山再興にはなかなか首を縦に振らなかった。ある日陣中で、物はみな自然になるの理について談じていたが、そのとき詮舜は秀吉にむかって、「あなたの童名は日吉丸といいますが、今将軍としての大業をなしとげました。運をひらき栄えることはあたかも朝日が昇るかのようです。日吉社と比叡山が復興しようとする時期もまた、自然の道理ではないでしょうか」といった。ついに秀吉は比叡山復興を許可した(『天台座主記』巻5、166世准三后覚恕、天文12年5月条)。秀吉は豪盛・全宗とともに諸国に募縁するよう指示した。募縁の文章は公家の中山慶親(1567~1618)が撰述し、諸国をめぐった(「舜公碑銘」)。宝幢院の大衆が西塔の本堂たる釈迦堂を、まずは仮堂として建造していたが、本尊がなかったため、新たに造立しようとしていた。詮舜は本尊が近江国高島郡水尾村(現、滋賀県高島市)にあるという夢をみたため、実際に行ってみると、はたして夢の通り本尊があったから、天正13年(1585)12月28日に転法輪堂(釈迦堂)の本尊を水尾村より迎えた(『天台座主記』巻6、167世二品尊朝法親王、天正13年12月28日条)。

 文禄2年(1593)には天台座主尊朝法親王(1552~97)の命により兄賢珍とともに秀吉に願い出、私財をなげうって日吉二宮本殿を再建した(「舜公碑銘」)。文禄3年(1594)2月23日には正親町天皇の三回忌が清涼殿で行なわれ、比叡山からは4口(人)の僧が八講を行なった。その中に詮舜と豪盛がいた(『天台座主記』巻6、167世二品尊朝法親王、文禄2年2月23日条)。西塔の復興が少しづつ行なわれていくと、方々に散った延暦寺の僧を呼び寄せた。その頃、兄の賢珍が示寂した。賢珍は近江国栗太郡(現、滋賀県草津市)の観音寺(芦浦観音寺)住持であったが、その跡を遺言で弟詮舜に継がせた。詮舜は観音寺第8世となり、観音寺が掌握していた琵琶湖湖上水運や租税の経営を行ない、その様子は「徳恵ありて人和して民賑わう」ものであったという(「舜公碑銘」)。

 文禄元年(1592)に秀吉は朝鮮出兵を行ない、肥前国(佐賀県)に駐屯しているが、詮舜もそれに同行した。さらに文禄3年(1594)の伏見城築城に際して、経営を行なっている(「舜公碑銘」)。詮舜の才能を秀吉は認めており、幾度か還俗させようしたが、詮舜は首を縦に振らなかったという(「舜公碑銘」)。

 文禄4年(1595)、秀吉は突如、園城寺の闕所(財産没収と破却)を命じた。詮舜は転法輪堂(釈迦堂)の復興をめざしていたから、園城寺弥勒堂(本堂)を詮舜に賜い、それを転法輪堂とするよう願い出た。そのため転法輪堂は再建された。これが現在の釈迦堂である。さらにその余材で坂本生源寺の仏殿を建立した(『天台座主記』巻6、167世二品尊朝法親王、文禄4年条)。慶長元年(1596)には園城寺の闕所により延暦寺に賜っていた大津の園城寺の寺地を返却し、かわりに上坂本村と葛川村の地を得た。

 このように西塔の復興を果たした詮舜は、慶長5年(1600)2月19日、仏号を唱えながら安らかに示寂した(「舜公碑銘」)。示寂した場所は観音寺であった(『西塔堂舎並各坊世譜』正教院)。詮舜の最期の心残りは散佚した経典の再収集であり、これは門弟に託された。詮舜は西塔北尾谷に葬られた(「舜公碑銘」)。


陰謀カレンダー7月20日
登山家の栗城史多、島田紳助氏は「すごくストイックな方」
シネマトゥデイ 2011年8月25日


25日、登山家の栗城史多くりきのぶかず)/rp>の所属する株式会社たおと吉本興業グループの業務提携&エベレスト遠征の発表会見がヨシモト∞ホールにて行われ、23日をもって芸能界を引退した島田紳助氏と共演経験がある栗城が「すごくストイックな方。本番が始まるまでの緊張感はアスリートみたい」と島田氏の印象を語った。

 大学時代より登山を始めた栗城は、これまで6大陸の最高峰や、ヒマラヤ8,000メートル級の3山で登頂経験を持つ若手登山家だ。8月28日より自身3度目となるエベレスト遠征に出発し、登頂の模様をUstreamで生中継するほか、課外授業を計画しているそうで「ただ登頂記録を作るだけではなく、8,000メートルの頂上から皆と冒険の共有をしたい。見ている人にたくさんの人に元気を伝えたいです。金八先生の格好でしようかなと思っているので、ブレザーを持っていこうかな」とちゃめっ気たっぷりに意気込みを語った。

 そんな栗城は、テレビ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で島田氏と共演経験があるが、「すごくストイックな方。本番が始まるまでの緊張感はアスリートみたいでした」とその印象について語った。さらに「山登りする人はアホが多いからな、とも言われましたね」と、同氏の毒舌でイジられたことも笑顔で振り返っていた。そしてこの日、司会者として登壇したあべこうじと佐久間一行も、島田氏の引退には複雑な思いがあるようで「残念です。もっと学びたい部分がたくさんあった(あべ)」「厳しい中に優しさがある。いろいろ学ぶことがあったので引退は残念(佐久間)」と言葉少なにコメントした。

 またこの日は、間寛平から会場の栗城にビデオメッセージが寄せられた。「エベレストに向かうそうですが、がんばってきてください!(中略)頂上に上がって、必ず帰ってきてくださいよ。もし途中でリタイアすることがあったら、栗城……メッ!」という寛平らしいエールを受けた栗城は、「アースマラソンをしたりと本当にすごい方。寛平さんのことを大尊敬しています」と目を輝かせ、エベレスト登頂に向けて気持ちを新たに引き締めていた。


陰謀カレンダー■月■日
 ■■■

control
web trackers