神西 清(明治36年〜昭和32年)

jinzai

 小説家・評論家、翻訳家。東京・牛込に生まれ、幼時各地を転々とし、台北にてマラリアで父を失ったために母とともに上京したが、母の再婚のため、伯母に育てられた。
 府立四中(現在の都立戸山高校)では竹山道雄を識り、一高理科にはいって堀辰雄を識った。建築家志望だったが、文学に転向。更にフランス語を独学するため一高を中退、東京外語学校のロシア文学に転学。同人誌「虹」および「山繭」に拠って文芸活動を始めた。
 昭和3年、外語を卒業、北大図書館に勤務して札幌に住み、処女作『恢復期』(昭5)を書いた。昭和4年から7年までソ連通商部に勤め、その後文筆生活にはいり、チェーホフ、ツルゲーネフ、プーシキン、ジッド、バルザックを翻訳し、小説『垂水』(昭8)を書いた。翌年から鎌倉に定住した。
 その現代小説は、「内光派」と自ら名づけたような、一種の象徴性を目指していた。戦後は「批評」の同人となりむしろ評論家として重んじられた。『詩と小説のあひだ』(昭32刊)、『散文の運命』(昭32刊)がある。また翻訳はいずれも名訳とうたわれ、特にシャドンヌの小説、チェーホフ、ゴーリキの戯曲は傑出している。
 またこのころ発表された三島由紀夫論(「文学界」昭和27年3月号)に三島本人が感謝と感動の念を持ち、その後28冊もの著作を神西家に寄贈している。
 堀辰雄の親友であり、神西自身の小説における完成は、時事的批評や翻訳などの仕事のためあと回しになり、わずかに昭和30年『少年』を完成したにとどまった。このころより健康を害し、舌癌を病んで、書くべき作品を書き得ずして死んだ。彼の遺した詩、小説、エッセイは、弊社の全集6巻、評論集上下巻に納められている。
 ピアニストの神西敦子は長女。