Bits of Java (トップ)

目次  前へ

力不足で避けた内容

JavaBeans のプロパティの書き出しは java.beans.DefaultPersistenceDelegate クラスに実装されています。 プリミティブ型とそのラッパークラスのインスタンス、String オブジェクト、配列、コレクションやマップ、Swing コンポーネントなどデフォルトでプロパティ以外の状態を XML に書き出されるオブジェクトはたくさんあります。 ですがこれら以外のサポートされていないオブジェクトの状態を XML に書き出す必要が生じた場合には java.beans.PersistenceDelegate のサブクラスを自分で作成しなければなりません。

java.beans.PersistenceDelegate のサブクラスを作成するには abstract の instantiate メソッドを実装する必要があるのですがこれがよく分かりませんでした。 java.beans.MetaData クラスのソースでその実装部分のコードを見ることができます。 また Sun の以下のページに関連する記述がありますので参考にしてください。
http://java.sun.com/products/jfc/tsc/articles/persistence4/