ようこそ!別冊猫背文庫は管理人「歩く猫」によるオリジナル小説置き場です。
作風はファンタジー傾向、たまにSF、恋愛、ミステリ風味です。 カクヨム活動ページは■こちら
novel mailform ■gift ■blog ■twitter
20160430
■カクヨムに登録しました。活動ページはこちら
20160415
■短編『世の光』。覆面作家企画7参加作品を改稿しました
おしらせ■現在ブログでやってるギャグ系二次創作が活発です。商業版権じゃなく個人サイトさまの二次ですが、よければ諸注意から原作を知っていただいた上で、遠回りの果てにお試しくだされば嬉しいです。
過去の更新履歴


 遠くから来た旅人ほど、嘘が大きいという。
 それが遠方であれば、話の真偽を確かめられる者は大方その場にいない。ちょっとした異国ばなしをせがまれているうちに、語り手はつい話を膨らませてしまうのだろう。
 今この窓の下で繰り広げられている光景が、ちょうどそれだ。
 砦の中庭である。
 交替を済ませた歩哨が、五〜六人車座になって焚き火を囲み、夕めしの粥をかきこんでいる。
 がやがやした話し声は入り混じらず、塔の壁をまっすぐかけ登ってくるので、最上階にある私の独房からも、内容がよく聞き取れた。


「誰だ」
 声が闇を裂いた。
 私は背中を向けたまま、動かずにいた。
「銃を持ってるぞ」
 声の主は調理場の床を確かめながら近づいて来る。
 私は相手を怖がらせないよう、ゆっくり振り返りはじめた。踏み台の上なので天板が狭く、慎重に足を踏み変える。
 息を吐く気配がした。
「あんたは幽霊か?」
「違うわ」
 間の抜けた返事をすると、人影がぶらりと片手を下げた。
「ああ。違うと分かったから聞けるんだ、こんなこと」


 放たれた矢が、いくら「自由だ」と叫んでも、方向は射手によって決められている。

 買い物から戻った娘のシキが息を弾ませ、
「どうもついてきた人がいる」
 ような気がする、と言う。しきりに話しかけられた感じもする。その“感じ”って何かと聞かれても、と、要領を得ない話に父親のアリンがジリジリしていると、青銅の門扉をガシャンと揺らして男が立った。
「ああ、いた …… 」
「何だあんた」


■トップページへのリンクアンリンクはご自由に。よかったら下のお持ち帰りバナーをダウンロードしてお使いください。連絡は必須ではありませんがご一報くださると嬉しいです。
お持ち帰りバナー  お持ち帰りバナー(小)
■サイト名:別冊猫背文庫 ■管理人:歩く猫
■内容:オリジナルファンタジー小説(全年齢→※詳しいご案内
■URL:http://book.geocities.jp/betuarukuneko/
批評・感想等、ご自分のサイトで歩く猫の作品に言及されることも大歓迎です。報告不要ですが、お気が向けばご連絡ください。勉強させていただきにお邪魔します。
無断レビュー歓迎  辛口批評歓迎  誤字脱字指摘歓迎
ご感想・ご連絡はメールフォームブログコメントへどうぞ。
「別冊猫背文庫」サイト内の作品の著作権は管理人・歩く猫にあります。お持ち帰りバナー以外の作品の無断使用・転載はご遠慮ください。
CSSを使っています。動作確認環境:Win8/1366*768
JavaScriptを有効にするとフォーム窓等がコンパクトです。