PREV | NEXT | 目次

弟矢 ―四神剣伝説―

第五十二話 里の攻防・決戦(一)

 一刻も早く、弓月の許に行かねばならない。そんな彼らの前に『鬼』が立ちはだかった。

「なんで、こうなるんだよっ!」
 里の中心部まで駆けつけた時、そこはまさしく、地獄絵図と化していた。
 乙矢の叫び声に、横たわる一人の兵士が必死で腕を伸ばす。新蔵は飛びついてその手を握った。それは「我が藩主の下に戻りたい。弟を救ってくれたから信じる」そう言った、兄のほうであった。だが――腹は裂かれ、臓腑ぞうふは体内から流れ出ている。最早、彼の願いを叶える事は不可能だろう。

「おいっ! しっかりしろよ。鬼か!? 誰が神剣を抜いたんだっ!」
「む、とう……が。……生、きて……かえり……おとう、とを」
「弟? 何処だ? おいっ!」
 力なく崩れ落ちる、その手を握り締め、新蔵の肩は小刻みに震えていた。
「俺の……せいか? 待ちきれず、神剣を置いてこの場を離れた、俺の」
「違う! 俺が殺さなかったからだ。あの時、武藤を……殺りさえすれば」 
 血管が浮き出るほど拳を握り締め、後悔の念を吐き続ける二人の頭上に、それを断ち切るような正三の声が響いた。
「反省会は後にしろ――奴をどうにかしてからだ」
「!」
 青ざめる正三の瞳は、二人の頭上を通り越し、一点を凝視する。そこに居たのは『青龍の鬼』と化した武藤であった。


〜*〜*〜*〜*〜


「たったこれだけしか、残っとらんのか!?」
 武藤が蚩尤軍兵士と合流した時、生き残った兵士は約二十人、当初の五分の一まで減っていた。

「さあ、その神剣をこちらに寄越せ!」
「お待ち下さい。我らは、幕府転覆を謀る首謀者の一味を殲滅せんめつするため、蚩尤軍に組しております。すべては、我が藩主の命にござりますれば。武藤様のご命令には、いささか不審な点がございます。これより江戸に立ち戻り……」
 全てを聞く前に、武藤は左手で刀を抜き、逆らう兵士の首を刎ねた。そして、白木の箱を奪い取る。
 
 最早、他に手立てはないのだ。あのような腑抜けの小僧にコケにされ、おめおめと引けるものではない。しかも、わずかな間に兵士らの心までつかむとは。そう、ほんのひと月足らずで、まるで別人のように変貌を遂げた。眠れる竜が目覚めたかのような、爾志乙矢という男はいったい……
 “四天王家は勇者の末裔、剣に宿る鬼が己の主を選び、勇者となる”
 それを思い出した瞬間、武藤の背中に冷たいものが伝う。
(まさか……乙矢が……まさか)
 不吉な想像を振り払うように、武藤は慌てて白木の箱から蓋をもぎ取った。そして、中に納まった『青龍一の剣』の柄を鷲づかみにする。柄を染め上げた血は、武藤の手の平から体内に吸い上げられた。まるで、血に飢えた鬼が飲み干すかのようだ。彼は恍惚とした表情で、躊躇うことなく神剣を鞘から引き抜く。刀身は錆びた色を放つが、刃毀(はこぼ)れ一つなく……

 ――我を手に。 
 
 耳ではなく、体内に響き渡る。

 ――最強の力をお前に与えよう。さあ、敵を殺せ。我が選びし勇者よ。敵は斬らねばならん、殺せ!

 それは、思いのほか心地良く、武藤が人として聞いた最後の声であった。


〜*〜*〜*〜*〜

 
「おとやぁ〜しょうざぁ〜」
「馬鹿やろう! おきみ、出て来んじゃねぇ!」
 なんと、おきみが寺の横で手を振り、声を上げている。本堂の隅にある小部屋……一矢がいた部屋に隠れるよう、きつく言い渡したはずだった。
「待て、様子が変だ」
「しょうざ! しょうざ!」
 相変わらず、名前しか呼ばぬが……おきみの必死な素振りは、正三の心に通じるものがあったらしい。
「ひょっとして、里の連中が戻ってきたのか?」
 ブンブンとおきみは首を縦に振る。
「な、なんでアレで判るんだ?」
 乙矢の質問を軽く無視して、正三は呟いた。
「一旦静まったので戻って来たのだろうが……まずいな。もし、武藤の目に入れば恰好の獲物だ」

「俺が、止めます! 織田さん、後、お願いしますっ!」
「待て、新蔵っ!」
 正三が叫んだ時、既に新蔵は走り出していた。チッと舌打ちし、後を追おうとしたが……。その手を乙矢が引き止める。
「俺が行く」
「駄目だ」
「何でだよ。第一、あんたにはもう、戦う得物えものもねぇだろがっ! それに」
 全身傷だらけだ。背中の傷も深手ではないが、かすり傷とは言い難かった。そんな正三に、これ以上戦わせる訳にはいかない。

「人のことが言えるか。俺が負わせた肩の傷は、まだ癒えちゃいないだろう」
「か、かすり傷だ!」
 言われて思い出し、傷が疼き始める。
「それに……人を殺せぬお前に、鬼は倒せん。いや、ここに姫様がいたら別かも知れんが」
 痛い所を突かれ、グッと黙り込んだ。乙矢の肩を掴み、正三は前に出る。
「お前はおきみを守れ。――里人にも」
 不意に、正三の言葉が止まった。乙矢の拳が鳩尾みぞおちに食い込んだせいだ。
「こうでもしなきゃ止めらんねぇだろ? おきみ、正三を頼んだぞ!」
「おとやっ!」
 膝を突く正三を残し、乙矢は新蔵の後を追うのだった。

「あの……馬鹿。怪我人だぞ、少しは手加減して行け」
「……しょうざ?」
 ゆっくり立ち上がりながら、痛そうに顔を歪めている。そんな正三の様子がおきみは酷く心配そうだ。
「ああ、大丈夫だ」
(――出来ればこの眼で、勇者の誕生を見たいものだな)
 乙矢の背中を眺めつつ、心から願う、正三であった。


〜*〜*〜*〜*〜


「うぉぉおおおお!」
 雄たけびを上げ、武藤小五郎が突進してくる。その手には『青龍一の剣』が握られていた。
 新蔵は咄嗟に峰を返し受け流す。正面からまともにぶつかったのでは刃が持つまい。新蔵が鬼と斬り合うのは、これが三度目であった。
 最初は正三で、訳の判らないうちに長瀬に突き飛ばされた。そして、先ほどの鬼だ。あれは既に人ではなく、むくろと化した鬼の傀儡くぐつに過ぎなかった。刀ではなく、折れ掛かった首を角材で叩き落とし、息の根を止めた。
 だが……武藤の、雄牛の如く太い首を目の当たりにし、刀を持つ手が震える。

「――ハアッ!」
 深く息を吸い、一気に吐く。気合一閃、武者震いを振り切った。
 新蔵は後方に飛びずさると、あらためて間合いを取る。左上段に構え、拳の下に武藤を捉えた。体格は互角だ。力比べで負けるわけにはいかない。それに……自らの失態である。取り戻さねば、弓月の前には出られない。
 一瞬、武藤が目を逸らせた。新蔵はその隙を突いて、武藤の首目掛けて刀を振り下ろす。
 
 だがそこは、分厚い筋肉の鎧で守られていた。普通に殺すためなら突けばいい。目玉でも喉笛のどぶえでも、然しもの奴にも鍛えられない場所がある。しかし、殺しても鬼は止まらないのだ。新蔵の渾身の一撃は、武藤の首に四分の一ほど食い込み、止まった。挙げ句、刃が血肉に巻き取られ、どうにも外れない。
 
「なっ……くそっ!」
 新蔵が、言葉に出来たのはそこまでだった。武藤は首から血の雨を降らせながら、その顔は不気味な笑みを浮かべている。直後、『青龍一の剣』が新蔵に襲い掛かった。丸腰となっては、後は逃げるしか手はない。
 
 剛剣は掠めるだけで新蔵の浅黒い肌を切り裂いた。
 乙矢を追いかけ、すぐに取って返し、しかも戦闘を挟んでの強行軍だ。丸二日、まともに眠ってもいない。そして、不覚にも足が縺(もつ)れ……地に膝が突く。
 斬られる、と思った瞬間、武藤の動きも止まった。どうやら首に刺さった刀が邪魔になったらしい。自ら抜き、それを投げ捨てた。
 だが、その好機を見逃す新蔵ではない。足元の死体が掴む刀を奪い――刹那、攻撃に転じた。


PREV | NEXT | 目次
Copyright (c) 2010 SHIKI MIDOU All rights reserved.

-Powered by HTML DWARF-