PREV | NEXT | 目次

弟矢 ―四神剣伝説―

第四十四話 逢う魔が時

 夜を待たず、里は百人程度の蚩尤軍兵士に囲まれた。
 率いているのは武藤小五郎。そして、彼の手元には、鞘に納まり封印された神剣『青龍一の剣』があった。

「狩野様は一体何を考えておるのか!」
 あの方の指示で、狩野が精鋭部隊を指揮し、乙矢と新蔵を襲う手筈になっていたのだ。ところが、部隊長に指揮を委ね、どこぞに姿を消したと言う。
 つい先日も黙っていなくなり、舞い戻ったばかりであった。
 武藤にはまだ、あの二人に部隊が叩きのめされたことまでは届いていない。時折見せる乙矢の剣才には、非凡なものを感じるが……それを勇者と繋げることはなかった。
  
「しかし、武藤様。この神剣は、いったい誰が、我らに……?」
 判らぬことは狩野の行動だけではない。この『青龍一の剣』が届けられたのも不可思議なことであろう。『青龍』一対を奪い返すため、山狩りをして奴らの逃げ落ちた先を探す算段であった。そもそも、もっと素早く動けば逃がすこともなかったのだが……。待機が指示とあれば仕方がない。
 そんな中、突如、神剣と共に奴らの居場所が伝えられ、襲撃の命令が下ったのである。

「誰が盗み返したのかは知らぬわ! だが、あの方の命令とあらば、従うまでのこと」
「しかし、我らが美作の山中で休み所として利用する里跡さとあとに逃げ込むとは……。笑止なことですな。辺りの地形だけでなく、内部も熟知しておりますれば、仕留めるのは時間の問題かと」
 側近の兵は得意気に語るが、武藤の不満は別のところにあった。
「各個撃破が常套の策とはいえ、この武藤小五郎の獲物が遊馬の剣士一匹と幼子とは」
 ――せめて、遊馬の姫がいれば、楽しめたものを。
 それは言葉にせず……神剣の入った白木の箱を指先で小突いた。
「鬼の用意をしておけ。里跡に解き放つ。弓兵も忘れずに待機させておくのだぞ。あの……遊馬の男は拙者が仕留める。それくらい、楽しみがなくてはな」
 
 武藤は頬から顎の傷を擦りながら、殺戮の予感に口元を歪めたのだった。


〜*〜*〜*〜*〜


「ここら辺りにあるはずだよ……な」
「ああ。――言っとくが、迷子にはなってねぇぞ! なんで里がねぇんだよっ」

 乙矢と新蔵の二人だ。山中を突っ切り、半日より早く里に戻ったはずだった。ところが、里があるはずの場所に辿り着けない。
 さすがの新蔵も不眠不休が堪えており、乙矢は傷の痛みからか、二人とも集中力を欠いている。
 だが、その時、乙矢が本道に多数の足跡を見つけた。五人や十人ではない。さすがに蹄の跡はなかったが、軽く三桁の兵力が里を襲撃したと見える。

「新蔵。なんかやべぇぞ」
「判ってる。――ちょっと、待て!」
 不意に何事か閃いたのか、一つの木の根元を掘り起こし始めた。乙矢には訳が判らない。だが、立ち上がった新蔵が、
「来い、乙矢。これが迷子の原因だ」
「これって、結界、か?」

 土中に埋まっていたのは、爾志のものとは違う結界札であった。
「多分、これは凪先生が張ったんだ」
「……俺らを里に着かせないためにか?」
「馬鹿者! 里人を守る為に決まっておろうが! 土中に埋める結界は、遊馬だけだからな」
「なるほど、敵が蚩尤軍であれ、他家の裏切り者であれ、侵入を阻める、と。どうせなら、お前が馬鹿ってとこも、少しは計算に入れて欲しかったもんだ」
「う、うるさい! 気付いたんだから、ごちゃごちゃ言うなっ!」
 この結界が利いていたなら、大軍は里には着いてないはずだ。
 なら、
「先生がこっちに結界を張ったということは、やはり美作の関所に向かわれたか。乙矢、これをこのままにして、我らは関所に向かおう。早く、弓月様に……どうした?」

 札に触れぬまま、土を掛け元に戻そうとした新蔵の手を乙矢が止めた。
「お前、気付かんのか?」
 短く言った乙矢の顔は、珍しく酷く真面目なものであった。
「何がだ?」
「――血の匂いだ」
 森は静かであった。だが、微かに漂う鉄の匂いが乙矢の鼻孔をくすぐる。八年前に体内に鳴り響いた警告音が、再び胸を突き上げた。

「里に入りたい。どうすればいい?」
「結界を……解けばいいんだ。方法はどの家も同じだろう? だが、敵も里に入れるようになる。お前の判断が間違っていれば、危険に晒すことに――おいっ」
 新蔵の警告など無視して、乙矢はさっさと掘り返し、結界札を取り出した。そして、更に短く告げる。
「借りるぞ」
 返事も待たず、乙矢は新蔵の腰から長刀を抜いた。
 結界札をフッと空中に投げると、迷うことなく一刀両断にする。次の瞬間には、刀は新蔵の腰に戻っていた。
「お前なぁ、少しは考えてから」
「少しでも考えたら、逃げたくなる。嫌な予感がするんだ。頼む、信じてくれ」
 新蔵は軽く髪をかき上げると、
「判ってる、男に二言はない。お前に助けを求めたのは俺だ。お前を信じるし……第一、結界を破った後で言うな!」
「……すまん」
 
 霧が晴れたように脇道が目に入る。二人は迷うことなく、その道を進んだ。


〜*〜*〜*〜*〜


「いたぞっ! 遊馬の男だ!」
「子供も一緒にいるぞっ!」
 乙矢らが結界に気付く少し前、里に辿り着けず周囲を徘徊していた蚩尤軍兵士に、正三とおきみは見つかった。

 
 正三は里人を警戒するあまり、里から離れ過ぎてしまったようだ。戻りたくても戻れない位置まで出てしまっていた。
 夜の闇に紛れれば、おきみを連れて逃げ切れるかも知れない。そう考えていたが、夏の日没は遅い。酉の刻を過ぎてもまだ辺りは十分に明るかった。
 
「どうやら、我らを守る為、凪先生が張ってくれた結界が仇になったようだ。乙矢の無実を証明するには、お前だけは死なせるわけにはいかんのだがな。さて、どうするか……」
 独り言のように呟く正三に、
「おとや……おとや」
 おきみは乙矢の名を呼び、正三の袖を引いた。何事か訴えかける目をして、必死に首を振る。
「――おとやっ。おとやっ!」
「お前……乙矢が判るのか?」
 おきみはコクコクと肯いた。
「じゃあ、乙矢と一矢の見分けが付くのだな」
「おとや、おとや、おとやっ」
 とにかく、乙矢の名前しか口に出来ないらしい。これで決まりだ。
「では、おきみ。武器庫を襲い、里人を殺した下手人は、一矢で間違いないのだな」
 おきみは、口を真一文字に結び、子供とは思えぬほど真剣な表情でコクリと肯く。

 あの時、おきみは下手人を指差したのだ。だが、あまりに都合よく、乙矢がいなくなり……。そのせいで見事にすり替えられ、疑問を抱く前に、思い込んでしまっていた。まさか、真犯人が里人の前に堂々といるはずがない、と。
 今思えば、都合よく消えたのではなく、一矢がその機を狙っていたのだろう。
 弓月の件は弟に対する嫉妬から、と大目に見てもいい。だが、これは違う。凪は気付いているかもしれないが、長瀬はどうだろう? それに、一矢は新蔵にも何か仕掛けたのではあるまいか?

 
 そこまで考えた時、敵兵の声が上がった。
 正三は即座に草むらに隠れ、敵をやり過ごした。そして、見つけた木のうろにおきみを押し込み、素早く数本の枝を折って被せ、すぐには見えぬようにする。
「俺か、乙矢の声がするまで絶対に出て来るのではないぞ。よいなっ」
 一方的にそう伝えると、後ろで纏めた髪を縛り直した。以前は結っていたまげも、一年も経てばざんばら髪で伸び放題だ。
「いい男が台無しだな」
 小声で呟き、正三は自らの緊張を解した。
 そして――長刀のつばを押し上げ、駆け出したのだった。


PREV | NEXT | 目次
Copyright (c) 2010 SHIKI MIDOU All rights reserved.

-Powered by HTML DWARF-