PREV | NEXT | 目次

弟矢 ―四神剣伝説―

第七話 夜明け前

 白鷺の飛び立つ姿に似ているという。美しい鳥の名がついた城に、一騎の兵が駆け込んだ。

「狩野様にご報告申し上げます。遊馬の残党が、乙矢と接触した模様。第三・四・五・六分隊にて山に追い込み、首謀者を取り押さえたる作戦につき、至急応援を、とのことにございます!」
 それは、西国の蚩尤軍をまとめる武藤小五郎むとうこごろうよりの使者であった。

「そうか。では、乙矢はすでに確保してあるのだな」
 狩野天上かのうてんじょうは確認のつもりで兵に質問する。その、生気のまるでない白い顔から表情は全く読めない。女が紅を差したような赤い口元は、異様な光を放っている。狩野様は人を喰って生きている本物の鬼だ、そんな噂が真実に思えるほどであった。

「あ、あの、それが……」
「どうした」
「武藤様が精鋭部隊を送られたのですが、とり逃がしてしまいまして……」
 狩野の眉がヒクッと動いた。兵は慌てて付け加える。
「これまでも何度か見失いましたが、すぐに見つかりました。ご心配には及びません。四天王家の一角とはいえ、あんな愚図、明日にもこの場に連れ、連れ、つれ、れ」

 狩野の右腕が微かに動き、次の瞬間、兵の首は彼の刀の上にあった。首と胴が離れたことにすら気付かず、兵はしゃべり続けようとするが……やがて、ゴトンと床に落ちる。
「始末せよ」
 近習の者に短く命じると、軽く血糊を振り切り、刀を腰にしまった。
 
 何が精鋭部隊だ。その愚図に簡単に手玉に取られているではないか。あの方の言うとおりだとすれば、逃がしてやったのではなく、生餌のフリをしていた、ということだろう。
 
 
 狩野は天守閣を目指しながら妖しげな笑みを浮かべる。
 四神剣など妖刀村正と同じようなものだ。いわくつきの剣を集めたに過ぎぬ。四天王家などというご大層なものを創り上げたのは、反乱を封じるための時代の覇者が講じた策に違いない――彼はそう考えていた。

 だが、伝説の域を出ていないにせよ、勇者の血脈は絶やさねばならない。そして『青龍二の剣』だ。『青龍』は二本で一対。一本なら、四天王家の血を引く人間であれば、勇者でなくとも鬼にならず、使える者がいるという。
 ただ、あくまで可能性だ。かなり危険な賭けとなる。しかも、限りなく勝ち目のない賭け……何しろ、一人も勝った者がいないのだから。
 
 我が蚩尤軍が最後の一本を手に入れた時、四天王家は反乱軍の汚名を雪ぎ、復活する。そうなってようやく、将軍家は猛獣を檻から解き放った事に気付くだろう。後の祭りというものだ。蚩尤軍が幕府の正規軍となり、あの方が真の将軍となる。――勇者の血を引く最後の一人として。


〜*〜*〜*〜*〜


「奴だ……あの野郎が俺達を売ったんだ!」
 新蔵が口汚く乙矢を罵った。
 確かに、弓月は「山側の町外れに建つ宿に泊まっている。何か話したいことがあったら訪ねて下さい」――立ち去る直前、乙矢にそう告げたのだった。

「乙矢殿が保身のためになさったことなら、仕方のないことだ。居所を明かした私の責任だ。皆、すまない」
「姫さまのせいじゃありませんよ! おいらも、新蔵さんと同じ意見です。そんな奴は男じゃない!」
 頭を下げる弓月を、弥太吉は必死に庇う。
 その時、斥候せっこうに出ていた正三が戻って来た。

「弥太、大きな声を出すな。誰のせいとか言ってる場合じゃなさそうだ。――姫様、山の北口と東口を押さえられました」
「なんだと!」
 長瀬が声を上げる。さほど大きな山ではない、夜明けと共に山狩りをされたら一発で見つかるだろう。闇に紛れて包囲網を突破する以外に道はないのだ。

「他に道はないのか?」
 比較的、冷静な声で弓月が尋ねた。
「判りません」
「正三! 真面目にやれ!」
「私は充分に真面目ですよ、長瀬殿。初めての土地で抜け道など知ろうはずがない」
 全員の額から汗が流れた。

 その直後、後ろの茂みが激しく揺れた!
 全員が咄嗟に刀の柄に手を掛ける。
 そこから飛び出してきた人影に、最後方にいた新蔵が条件反射で斬り付けた。

「ちょ……待て、待てって!」
「斬るなっ! 新蔵」
 その声は誰あろう乙矢だ。真っ先に気付いた弓月が、新蔵を引き止めるが――すでに薙ぎ払った剣先を止めることは不可能だった。
 乙矢は急制動を掛けて止まる。その喉元を目掛けて、新蔵の刀が襲い掛かった。
 ――瞬間、新蔵の目に乙矢が消える! 咄嗟に屈み込むと地面を転がって刀を避けたのだった。
 ホッとする弓月とは逆に、乙矢の顔を見た途端、怒りが再燃したのが新蔵だ。

「貴様ぁ! どの面下げて弓月様の前に出て来れる! 今度こそ叩き斬ってやる!」
 再び刀を振り上げる新蔵を、正三が羽交い絞めにする。
「待たんか。落ち着け。――おい、お前、なぜここにいるんだ?」
「決まってる! 連中に俺達の居場所を教えて命乞いしたのだ。それでここまで逃げてきたのだろう。違うのかっ!?」
 正三の問いに、乙矢より先に新蔵が答える。

「新蔵! 貴様は黙っとれ!」
 長瀬に一喝され、さすがの新蔵もしゅんとなった。長瀬はそのまま乙矢に向き直り、
「乙矢殿、正三の問いに答えて頂こう。返答しだいでは拙者がおぬしを始末する」
 それは、静かだが充分な威嚇であった。柄に手も掛けていないのに、全身から沸き立つ殺気に、乙矢の足が竦む。

 だが、なぜ来たのかと問われても、それは乙矢にもよく判らなかった。
 この一年間、弓月らとって心の休まる時はなかったであろう。だが、それは乙矢も同じだ。しかも、彼はたった一人、助け合う仲間も身内もなく、ただ一矢の生存を信じて逃げ延びた。なんとしても、一矢に会い、伝えなければならない言葉があったからだ。その後は……。

 
 お六が蚩尤軍に、乙矢を訪ねた浪人たちの存在を密告し、奴らは乙矢まで狙った。これまでも、見張られていることには気付いていた。四天王家の残党を釣り上げるための餌にされていることにも、だ。
 弓月らが望みを託して乙矢の元に来たように、乙矢も、最初に自分を訪ねるのが、兄・一矢であることを願っていた。一矢が死んだはずはない。どれほど離れていても、それだけは判るつもりだ。
 だが、爾志家の誇り、『白虎』の主に違いないと言われた一矢ならともかく、自分が弓月の元に駆けつけて、一体、何をしようというのか……。
 

「乙矢殿。我らのせいで襲われたのではあるまいか? その袖口の血は先ほどはなかった。怪我をされたのですか?」
 弓月の声は、信じられないほど優しいものだった。自らが窮地に立たされているはずだ。他人を気遣う余裕などあるはずはない。

「……出口は全部塞がれたぜ。夜明けと共に山狩りだとさ。東国に逃がさないため、北と東は特に大軍で固めてあると言ってた。その人数で正面突破は無謀だ」 
 本当は山に追い込まれる前に、と弓月に教えられた宿まで急いだが、そこは既に襲われた後であった。乙矢は無心でそれぞれの追っ手の目を掻い潜る。そして、地元の猟師に教わった獣道を駆け上がり、ようやく追いついたのであった。


 心の声が乙矢に問い掛ける――お前に何が出来る?

(何も……出来ない)

 一矢が助けに来るのを待つ事しか、乙矢には出来ない。
 だが、どうしたい? と問われたら……弓月の危機を見過ごすことは出来ない。迷いながらも、そう答える乙矢であった。


PREV | NEXT | 目次
Copyright (c) 2010 SHIKI MIDOU All rights reserved.

-Powered by HTML DWARF-