PREV | NEXT | 目次

弟矢 ―四神剣伝説―

第四話 『青龍』の姫君

 四天王家に生まれたことは、弓月にとって誇りであった。
 それも、可能なら男として生まれて来たかった。
 どれほど腕が立っても、鍛錬を積んでも、女の非力さは補えない。男でさえあったなら、家族を……『青龍』を守れたかも知れない。

 長い黒髪を一つに結い、成人前の若武者風の装いで乙矢の前に立つ娘。遊馬弓月あすまゆづきは十七歳、二千石相当の旗本の娘であるから、姫君である。
 『護国の四神剣』を守る四天王家の一角、遊馬家に生まれた。神職に近い家柄といえば判りやすいだろうか。
 父・遊馬渡は、二刀流を秘伝とする剣術、遊馬流の二十二代宗主だ。母は物心つく前に亡くなった。優しい父と五歳上の兄・みつるに守られて、真っ直ぐな心を持つ、可憐な少女に成長した。

 そして、女ではあったが兄同様に剣術を習い、並みの男ではとても敵わぬほどの腕前となる。
「父上! 弓月は、強い殿方でなければ、嫁には参りません」
 十になる前からそんなことを言っていた。しかし、そんな娘に、父は笑いながら答えたものだ。
「なら心配は要らぬ。そなたの許婚は神童と名高い爾志家の一矢殿だ。白虎の主やも知れぬぞ」
 
 弓月には生まれながらに定められた許婚がいた。四天王家の筆頭にあたる爾志家の長男・一矢だ。一つ年上の彼が十八になれば、祝言を挙げることになっていた。
 
 彼女が初めて一矢に逢ったのは十六歳の誕生日。一矢は正式な結納の品を持って、東国の遊馬家を訪れる。
 弓月は、一矢をひと目見るなり、運命の人だと思った。
 決して大柄ではないが引き締まった体躯。野生の狼の如きしなやかな立ち居振る舞い。そして、高潔さが漂う容姿は伝説の勇者を思わせた。
 さらに、遊馬一門の最年少師範代・桐原新蔵きりはらしんぞうをあっという間に叩き伏せた剣術の腕も、弓月だけでなく、一門の皆を唸らせたのであった。
 
 その時、違和感のような『何か』が、ほんのわずかだが弓月の中に芽生えたのだ。しかしそれは、周囲の賞賛と羨望に舞い上がって霧散してしまう。一矢が旅立った後、その『何か』を思い出そうにも……その時にはもう、運命の輪は悲劇に向かって廻り始めていたのだった。

 
 蚩尤軍しゆうぐん――突如、四天王家に襲い掛かった幕府軍を名乗る一団の呼称だ。老中が裏で糸を引くとも言われるが、証拠はない。表立って連中を率いるのは、頭部を覆い隠す鉄兜をかぶり、顔を隠した男であった。
 
 奴らは、『護国の四神剣』を集めて回っている。
 弓月と共に逃げ延びた叔父・遊馬凪あすまなぎが言っていた。奴らは伝説を逆手に取り、鬼を作り出して、戦(いくさ)に使う気なのだ、と。そして、その妨げとなる勇者の誕生を阻止するために、四天王家の血統を絶やそうとしているらしい。


 四天王家にはそれぞれに隠れ里があった。領内に点在するその場所を隠れ蓑に、弓月らは移動している。だが、そこの安全が保証されるのも、遊馬家の場合は領地である東国とうごくのみ。他三家の領地では、どこに隠れ里があるのか知らされてはいないし、辿り着いても助けて貰えるとは限らない。
 その危険を承知で、爾志家の領地である西国さいごくに弓月らはやって来た。
 
 この一年、もたらされた情報は全て悪いものばかりであった。
 北国ほくこくの喜多一門の宗主・喜多九拾朗きたくじゅうろうは蚩尤軍によって惨殺された。妻と長男も殺され、わずか八歳の次男は行方不明だという。神剣『玄武げんぶ』の所在も判らない。
 南国なんごくの皆実一門は、宗主・皆実宗次朗みなみそうじろうの死体こそないものの行方知れず。神剣『朱雀すざく』も不明との連絡を受けた。
 
 そして、一矢は東国からの帰路で待ち伏せに遭い、現場には、供の者全員の死体と真っ二つに折られた一矢の刀が残されていた。
 一矢不在の爾志家も襲われた。宗主・和鳴と妻・あかね、長女・かすみが殺され、神剣『白虎びゃっこ』は蚩尤軍の手に落ちてしまう。そんな中、乙矢の死体はみつからないままとなっていた。

 気落ちする中、初めて届いた吉報が「爾志家の次男・乙矢が生きている」というものだった。
「一矢様にそっくりのお顔で、人からは『おとや』と呼ばれておいででした。丸腰で、町民のような身なりでしたが……」
  
 弓月らは思ったのだ。それは、敵の目を眩ませるための策に違いない、と。皆も声を上げ、即座に彼を探しに行くことが決まった。ともすれば、一矢が敵を欺くために弟の名を騙っている可能性にすら、期待を膨らませたが……。
 
 父と兄夫婦を殺され、『二の剣』と一対の神剣『青龍せいりゅう一の剣』を奪われた。挙げ句、反逆者の汚名を着せられ、巧妙に幕府軍を装った敵に追われ続けている。
 今の弓月に仕える門弟はわずか三人、長瀬と新蔵、同じく師範代の織田正三郎おだしょうざぶろうだけだ。
 
 十七歳の娘に託された神剣の重圧は並大抵のものではない。それでも――命尽きるまで、弓月は戦うつもりでいる。
 
 血気に逸る新蔵を「蚩尤軍と同じだ」と引き止めたが……。本心を言えば、神剣も敵討ちもどうでもよいという、乙矢の気持ちは、弓月には到底、理解出来ぬものであった。



 萎えそうな心を奮い立たせ、弓月は言った。
「判った。乱暴な真似をしてすまなかった。だが、一人で逃げるには限界がある。私と来るなら、そなたを守って差し上げるが……」
「姫、何を申されます! 戦力ならともかく、このような足手まといを」
 長瀬が慌てて口を挟む。

「失礼なことを申すな。乙矢殿は本来であれば私の義理の弟。戦う術もなく逃げているというなら、お守りし、安全な里までお連れしたほうがよろしいだろう」
「ですが姫様……現実問題として、我々に人を守る余裕がありますかな?」
 
 これまで後ろに控えてきた一段と背が高く美男子の男が口を挟む。彼が織田正三郎、普段は正三しょうざと呼ばれている。遊馬の遠縁にあたり、四天王家の血を受け継ぐ一人であった。言われれば、貴公子然とした面差しが、弓月に似てるかもしれない。

「しかし……」
「俺のことを思うなら、さっさと宿場から出て行ってくれ! あんたらのことが連中に知られる前に。ったく、おとなしく東国に引っ込んでりゃいいのに、なんだってこんなとこまで来るんだよ」
「貴様っ! 弓月様のお心が判らんのかっ!」
 どうも、乙矢の言葉全部が、新蔵の神経を逆撫でするらしい。

「……姫様」 
 正三が弓月の傍でそっと耳打ちし、対岸を示す。そこには客を取る船女郎が、数人集まってこちらを指差しているようだ。これ以上、人目を引くのはまずい。

 無言で正三に肯くと、乙矢に向き直った。
「そうか……では、最後に一つだけ。連中に話してない、一矢殿の行き先に心当たりはないだろうか?」
「ない。でも、死んじゃいねえよ」
「何故判るのです?」
「双子の勘だ。一矢は昔から、苛められてる俺を見たら飛んできて助けてくれた。今度もきっと助けてくれる。あいつは俺とは違って本物の勇者で剣士なんだ。必ず助けてくれる、そう信じてる」
 目を瞑り、祈るように乙矢は「信じている」と繰り返した。
 その姿を見た瞬間、弓月の心に透明な矢が刺さった。この時はまだ、その正体には気付くことは出来なかったが……。

「私も、信じています。一矢殿に再会し、共に蚩尤軍を討ち、神剣を取り戻す日が来ることを」
 差し迫った現実に、小さな動揺など振り払うように、弓月は顔を上げた。
「明日の朝一番で宿場を立とう。東国に戻るぞ」
 皆、唱えたい異論はあったが――それぞれに、心の中で乙矢を罵倒するに止めたのだった。


PREV | NEXT | 目次
Copyright (c) 2010 SHIKI MIDOU All rights reserved.

-Powered by HTML DWARF-