アレルギーは、特定のアレルギー物質に対して過剰な免疫反応が起こる状態で、遺伝や体質などの先天的要因、食事やストレスなどの後天的要因、気候や生活環境などの環境要因の3つが関連して発病すると考えられています。

犬のアレルギー性皮膚炎は、空気中のホコリやカビなどの小さな浮遊粒子を吸い込んだ時や、食事に含まれる特定の食材を食べた時などに、それらの物質を体が異物と判断してしまい、体外へ排除しようとする免疫反応が、皮膚で過剰に起こる状態を言います。
同じようなメカニズムで、そのような過剰な免疫反応が気管支で起こるものをアレルギー性気管支炎と言い、目の結膜で起こるものをアレルギー性結膜炎と言います。


犬のアレルギー性皮膚炎に

人にも犬にも優しい安全な除菌ミスト

アレルギー性皮膚炎の原因

 

犬のアレルギー性皮膚炎の原因は、空気中に浮遊するホコリや花粉などの吸引、特定の食材に含まれるタンパク質の摂取、植物や金属の皮膚接触、ノミやダニに噛まれた時に分泌液が皮下へ入り込むなど、様々なケースが挙げられます。


また、いくつもの原因が複合的に関与していたり、皮膚の常在細菌がアレルギー性皮膚炎の悪化因子になっている場合もあります。

 

犬がアレルギーを引き起こす可能性のあるアレルゲン(アレルギー物質)は、数百種類も存在していると言われています。


そのうち、何に対してアレルギーを示すかどうか、感作しやすいかは、犬それぞれの固体差が大きくあるため、共通解はありません。

 

呼吸や食事などから体内に取り込んだアレルゲンが一時的または微量な場合など、体内の免疫反応によって速やかに分解できた場合には、アレルギー症状が起こる事はありません。

 

しかし、アレルゲンを長期的に体内に取り込み続けていたり、一度に大量のアレルゲンを体内に取り入れるなどして、それらを速やかに分解する事ができなくなると、次第に免疫反応が激しく働くようになっていきます。

 

そして、そのアレルゲンを体が記憶すると、過敏に激しい免疫反応が起こるようになるため、アレルギー症状が慢性化しやすくなっていきます。

犬のアレルギーには、吸引性アレルギー、食物アレルギー、接触性アレルギー、金属アレルギー、薬物アレルギー、ノミアレルギー、昆虫アレルギーなど、様々なタイプがあります。
また、いくつもの原因が複合的に関係して、病変が生じている場合もあります。
犬がアレルギー性皮膚炎を起こすと、慢性的に皮膚に強い痒みや炎症が生じるようになります。
そのため、犬は何度も痒い部分を噛んだり、掻き毟る事を繰り返し続けるため、皮膚がどんどん傷付いてしまい、細菌による二次感染などから、さらに症状を悪化させてしまう場合があります。