ナポレオンの癖

どんな人でも癖は持っています。では、あのナポレ オンはどんな癖を持っていたのでしょうか?

>

  1. 好きな女性に新しい名前 (一種のニックネーム?)をつけること。
    ナポレオンは、元婚約者のデジレ・クラリー (後のスウェーデン王妃)にはウージェニーと、 妻のマリー=ジョゼフ=ローズ (彼女は親しい人からはローズと呼ばれていた)はジョゼフィーヌ 、またはクレオル (フランスの植民地で生まれた白人という意味)と名前をつけ、そう呼んでいた。

  2. 片手を上衣のポケットの突っ込むこと。
    これは、ナポレオンが描かれた絵( 例えば、ダヴィッドの「執務室のナポレオン」や、アングルの 「第一執政官ボナパルト」 )をご覧いただければわかるでしょう。では、なぜ片手を服の中に突っ込んでいるのかというと、 胃が悪かったため、とか皮膚病でかゆく、そのために体をかいていたため、 などいろいろな説がある。

  3. ポケットナイフで肘掛椅子のアームの部分に刻み目をつける。

  4. これは癖といえな いかもしれないが、手紙をよくかくこと。かなりの筆まめであったが、悪筆で あったようだ。